2014年07月

【和歌山】小原恐竜ランド近くの「恐竜館」は休館中だった。

IMG_5716

















和歌山県の小原恐竜ランドへ行く前に、近くの「恐竜館」に訪問する計画だったのだが・・・
休館中とは思わんかったゼ。

とてつもなく味わいのある看板だったが、
残念ながら名前が花園守口ふるさと村に変わっとった。
IMG_5715




























恐竜館の駐車場近くまで到着した。
IMG_5718

















これが恐竜館の外観だ!
IMG_5720

















頭上でティラノサウルスが何やら叫んでいるようだ。
IMG_5753

















朽ち果てようとしている恐竜っぽいキャラのゴミ箱。
IMG_5723



























ゲートが開いていて、ウェルカム状態だったので奥へ行ってみた。
IMG_5724

















地元情報では、2013年頃に休館したそうだが、
定期的に草刈くらいはされている気配だった。
IMG_5727

















かっこええ恐竜アスレチックがあったヨ。
IMG_5729

















このコはブロントサウルスだったっけ?
IMG_5731

















ブロントちゃんの胴体。
IMG_5733

















ティラノサウルス
IMG_5736

















IMG_5739



























ステゴサウルス
IMG_5737

















IMG_5741

















IMG_5744

















当然ながら館内は入れないので、ガラス越しに中を撮影してみた。
中途半端に古い恐竜の図鑑なんかが棚に並んでいたよ。
IMG_5748

















入館料大人300円って書いてあったけど、当初は600円のようだった。
値下げはしたものの、客が来ないから休館したのだろう。
問題は入館料じゃなくて、間違いなく立地だろう。
恐ろしく交通不便な場所にあるんだよ!
IMG_5752

















花園守口ふるさと村から恐竜館への道は、車の往来がないのか酷道になっていた。
恐竜館直下の崖が崩落していたくらいなので、今後どうなるのか不明でござる。
IMG_5755




























恐竜館
場所:和歌山県伊都郡かつらぎ町花園梁瀬872



押すと喜びます。

  

【和歌山】七洋園近くの雑賀崎灯台駐車場も激ヤバだった!!

IMG_5577

















和歌山のボロ宿・七洋園に宿泊した日の夕方のことだ。
早朝から車の運転をして、体力ゲージが少なくなってきたので、
夕食を済ませたこともあり、あまり遠出はしたくなかった。

宿からさほど離れていない場所に灯台を見つけたので、
暇つぶしに行ってみたのだが・・・
IMG_5565


















IMG_5580



























灯台の上からの展望はすばらしい。
しかし、周辺は廃ホテルがいくつもあり、
雑賀崎周辺は時代に取り残された観光地のようだ。
IMG_5589

















少し離れた場所の七洋園の赤いネオンが見える。
近くにはまともに営業してそうな旅館もあったのだが、
周辺はダークサイドだった。
IMG_5583

















写真手前の駐車場を照らす光は自販機の灯りだ。
地元のカップルの訪れすら拒絶しそうな雰囲気なので、
自販機の需要があるのかどうか、不明である。
これだけ暗いし、海上航路の要所ということで灯台を建設したのだろうが・・・
IMG_5591

















実はここの駐車場は有料だった。

翌日、七洋園をチェックアウトしてから、再度調査を行った。
IMG_5696

















七洋園とその周辺。
IMG_5673

















灯台の眼下。とても景観がすばらしい。
IMG_5678

















白線がほとんど消えかかった駐車場。
IMG_5687

















とても料金を徴収する気があると思えない有料Pの看板。
IMG_5669

















公衆電話もDQN仕様。ひでぇ・・・
IMG_5665



























有料駐車場。
IMG_5695

















売店っぽいのだが、長いこと廃業してる気配だ。
IMG_5667

















たかの巣センターだって。柵の上から鷹ではなくてトンビが私を見ていた。
看板の文字もかすれているので、営業してるかどうかは不明。
IMG_5668

















まるで小学1年生の描いた絵のようだが、富士山ではない。
山頂には灯台とかたかの巣センターっぽい建造物が描かれている。
灯台の下は青石断崖と呼ばれているようだ。
IMG_5670

















有料P
鷹の巣駐車場規定
駐車料金 2時間まで
・二輪車:100円
・普通車:300円
・バス:1000円
IMG_5697

















地元住民によると、訪問者は少ないのだが、この駐車場は私有地だって。
しかし、駐車料金を徴収するスタッフ不在の為、支払うことができなかったヨ。

雑賀崎灯台
住所:和歌山県和歌山市雑賀崎字鷹巣山809-2、810-2



押すと喜びます。

  

【和歌山】超レア物件のボロ旅館・七洋園へ急ぐべし!!

IMG_5657

















八画文化会館創刊号で紹介されていた観光旅館・七洋園へ宿泊してみた。
電話をしても繋がらなかったので心配だったが、
当日の夕方17時頃に電話してようやく予約できた。

なんとか19時頃到着。
土曜日だというのに、宿泊客は私一人だけだった。
IMG_5540

















足の悪い宿の主からサービスで緑のたぬきを渡された。
IMG_5629

















2階のクラブ8という客室に宿泊。
テレビ、クーラーは問題なく作動。
写真だけ見ると予想よりもまともな感じだ。
IMG_5517

















窓際にはテーブルの替りに古すぎるゲーム機が置いてあった。
IMG_5622



























2階の廊下のカーペットは、これでもまだマシなレベルだった。
IMG_5518

















客が足を踏み入れていいのか不明な区画のカーペットは、もはや廃墟のようだった。
この区画は夜、真っ暗になって、恐ろしい。
IMG_5647

















表面が信じられないくらいデコボコな卓球台。
かなりエキサイティングなプレイができることだろう。
ラケットとボールはあるのだろうか?
IMG_5520

















卓球台の後ろの非常階段の表示。今どき珍しいと思った。
IMG_5613

















椅子が豪華に見えるが、故障中のレトロゲーム。
IMG_5524

















壁に掛けられた油絵には、2か所の穴が開いていたヨ。
IMG_5644

















3階にはビリヤード台があった。
IMG_5530

















3階の大宴会場。ニーズがないのだろうか、
畳や舞台、全体的にひどい状態である。
IMG_5535

















大浴場は閉ざされていた。
小浴場は準備ができていないとのことで、入浴できなかった。
錆の浮き上がったトタン板があったのが印象に残っている。
IMG_5632

















客室にはそれぞれ風呂があるようだ。
旅館に宿泊しているはずなのに、
自宅とたいして変わらぬ広さの浴槽に入るとは・・・
シャワーで体を洗うと、最初の5分くらい水圧が不安定だった。
IMG_5608

















唯一、自慢できるのは窓からの眺め。
八画文化会館2号で紹介されていた「ホテル太公望」
樹海に飲み込まれそうな雰囲気だった。
IMG_5538

















七洋園の主によると、ホテル太公望は2014年7月の時点で、廃業。
IMG_5546

















夜景はこんな感じだ。
場所が場所だけに、寂しさが倍増する。
せつねぇww。
IMG_5602

















1階の雑賀崎のお土産コーナー。
販売してるのかどーかは宿の主に尋ねてないので不明。
IMG_5652

















宿の主によると、開業3~40年とのこと。
そりゃぁ近くの案内の看板もこーなるってもんだ。
IMG_5700

















樹海の下から七洋園の外観を撮影してみた。
隣のホテル太公望とセットで廃墟のような雰囲気を醸し出している。
IMG_5707

















一般の観光客にはハードルの高い、
非常に貴重かつ強烈な宿泊体験だった。
しかし、これで素泊まり5,500円は高いなぁ。

けれど、ここまですごい宿はなかなか存在しないので、
気になる方は急いで宿泊した方がいいデス。

その後、七洋園から宿泊のお礼状が届いた。


温泉風ホテル旅館 七津別館 
七洋園
住所:和歌山県和歌山市雑賀崎416
電話番号:073-444-1181




シェア・リツイートとか
拡散していただけると、大喜びです♪

  

サイト名:軟体レポート アフィリエイト入稿タグ ------------------------------------------
------------------------------------------

【愛知】蘇る伝説!竹島ファンタジー館へ行ってきた!!

IMG_6373

















閉館してから数年、B級スポットマニア垂涎の観光スポット・「蒲郡ファンタジー館」が
2014年7月、「竹島ファンタジー館」としてリニューアルオープンしたので、行ってきたヨ。

館内は問題なく入れたけど、プレオープンだったので、一部工事中だった。
IMG_6376

















先着300名の入場客には記念品がプレゼントされてたけど、
わずか数分の差でなくなっちゃったので、ちょっと残念だったヨww。

入口にある注意書き。
①中は禁煙。
②展示品へは禁接触。
③禁フラッシュ撮影。
フラッシュを使わなければ、撮影OKってのは、いいね!
IMG_6385

















大量の貝やサンゴでびっしり覆われた館内は相変わらず素晴らしい。
IMG_6395

















オリジナルキャラのミッシェルとガマゴーと
ミラクルエッグを探す冒険に巻き込まれるヨww。
IMG_6391

















床や天井の貝殻デコレーションにも、注目しよう。
IMG_6403



























IMG_6414



























こちらのお姉さんは、元・カリブの女海賊のボン・リードさんだって。
IMG_6398



























ということは・・・リニューアル前の蒲郡ファンタジー館時代に
現役の女海賊ってことでいーのかな?
ほぼ全裸なんですけど??
IMG_5070






















以前は全裸の女性像がちらほらいたような・・・
IMG_5071



















オリジナルアニメには、バリバリの三河弁をしゃべるドラゴンも登場するよ!
IMG_6408

















圧巻の貝殻トンネルも健在だった。
IMG_6411

















手前のでかい貝に手を入れると・・・
IMG_6412

















カラフルにライトアップされちゃうよ!
IMG_6420

















IMG_6424

















竜宮城のシーンにやってまいりました。
IMG_6444

















以前は浦島太郎や乙姫様が乗っていたターンテーブルが回っていたけど、
現在は作動しないようだ。
IMG_5081

















後ろの壁にオリジナルアニメが放映されてるので、ちゃんとチェックしとこう。
IMG_6443

















IMG_6455



























ちゃんとメンテナンスをされていたのだろうか、
巨大な貝殻ウォールもそのままだった。
IMG_6459

















オリジナルアニメの登場キャラの意外な人間関係が判明するので、見逃さないように。
テーマソングやイメージソングまで作って、復活への意気込みがすごい!
IMG_6474

















珍しい鉱物や化石も展示されてるよ。
IMG_6484

















展示した鉱物の名前が不明というのも、珍しい。
来場者に「知っていたらおしえてネ」と質問するのも、謙虚だね。
IMG_6481

















出口付近には、干物や地元特産品、ファンタジー館のオリジナルグッズなんかも売ってるヨ。

食事したかったけど、2階にあった海底レストランは閉まってた。
スタッフによると、消防法の関係で営業してないんだって。
IMG_6508



























ファンタジー館手前の建物(2014年8月開業予定)で
新鮮な魚や串焼きを販売するんだって。
現在は経営者が変わり、水産会社が運営してるとのこと。
IMG_6520

















IMG_6376

















動画にするとこんな感じ。


竹島ファンタジー館
住所:愛知県蒲郡市竹島町28-14
電話番号:0533-66-3888
竹島ファンタジー館HP


押すと喜びます。

  

【愛知】伝説の蒲郡ファンタジー館のリニューアル前の様子。

IMG_1478

















B級スポット王国・愛知県でも蒲郡(がまごおり)市は特に
強烈なインパクトを放つレトロな観光スポットが集中する場所である。

その中でも大秘殿と蒲郡ファンタジー館は双璧と言えるだろう。

蒲郡ファンタジー館は5年くらい営業していなかったが、
2014年の7月にリニューアルオープンしたので、
それまでの様子をさらっとお伝えいたしまする!!

2008年1月訪問の様子。
蒲郡ファンタジー館の2階は海底レストランになっていたので、
腹ごしらえをしてから入館することにした。
IMG_5088

















2階の海底レストランの様子。
貝をびっしり貼り合わせた壁画がずらっと並んでいた。
IMG_5068

















入館。貝やサンゴで造られた壁画やオブジェ、
床の透明アクリル板の下にもびっしりと貝を敷き詰めるという、
驚愕の海底世界が視界に飛び込んでくる。
IMG_5070

















IMG_5073

















SUGEEEEEE!!!
IMG_5075



























ファンタジードラゴンは貴重な白蝶貝、黒蝶貝を8万枚も使って作ったんだって。
この先には貝殻でできた竜宮城が控えている。
IMG_5077

















竜宮城の乙姫様の女官。
けっこーかわええ。
IMG_5078

















女官よりもだいぶサイズが小さい浦島太郎。
IMG_5079

















乙姫様。
IMG_5080



























浦島太郎、乙姫様、女官はターンテーブルで回っていたヨ。
IMG_5082

















IMG_5084

















竜宮城の次はクライマックスの巨大な貝殻の壁だった。
竜とか弁天様っぽい女性がいたヨ。
IMG_5087



























いや~、度胆を抜かされた!
しかし、こんなすごい観光施設が営業停止になるとは、
当時は思わなかった・・・
IMG_5089

















IMG_1496

















蒲郡ファンタジー館の営業が停止してから数年後の2013年の12月。
一部の解体作業が行われるという情報をゲットしたので、行ってみた。
IMG_1499

















IMG_1479

















えびせんべいとかを販売していた織物会館。
IMG_1488

















文字が消えて、ァンタジー館に・・・
IMG_1489

















2014年2月。
織物会館はがれきになった。
IMG_0369

















ファンタジー館はリニューアル工事中だった。
IMG_0367

















そして2014年7月。
蒲郡ファンタジー館は
竹島ファンタジー館
としてリニューアルオープン!
IMG_6373

















詳細は次回、報告いたします!

竹島ファンタジー館
住所:愛知県蒲郡市竹島町28-14
電話番号:0533-66-3888




押すと喜びます。

  
ギャラリー
  • レコードチャイナ様に重慶のラブホテルの記事を投稿しました。
  • 【愛知】シモネタのオンパレードの丸八寿司!強敵・ドラゴン巻を攻略!!
  • 【愛知】シモネタのオンパレードの丸八寿司!強敵・ドラゴン巻を攻略!!
  • 【愛知】シモネタのオンパレードの丸八寿司!強敵・ドラゴン巻を攻略!!
  • 【愛知】シモネタのオンパレードの丸八寿司!強敵・ドラゴン巻を攻略!!
  • 【愛知】シモネタのオンパレードの丸八寿司!強敵・ドラゴン巻を攻略!!
  • 【愛知】シモネタのオンパレードの丸八寿司!強敵・ドラゴン巻を攻略!!
  • 【愛知】シモネタのオンパレードの丸八寿司!強敵・ドラゴン巻を攻略!!
  • 【中国】高層ビル、地獄、ラブホテル、全部火鍋でゴッタ煮!パブリブ社から『重慶マニア』爆誕!!
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

セッキー

QRコード
QRコード

にほんブログ村 押すと喜びます。
  • ライブドアブログ