IMG_3532

















パブリブ社から『重慶マニア』が献本されました!

著者は重慶研究家の近堂彰一さんで、

中国人からも「重慶人にも負けないほどの重慶愛を持つ」と絶賛されている方だ。

実は近堂さんには重慶の豊都鬼城を紹介していて、

ご本人が訪問したレポートがこちら。

https://chongqing-hotpot.world/hell/


ああああああ・・・・。何ということでしょう!

豊都鬼城で一番のホットスポットの鬼国神宮が撤去されていた!!

http://blog.livedoor.jp/nantaireport/archives/35976736.html


う~む、私のブログがけっこう貴重な記録となってしまうのか・・・。

時は流れて、パブリブ社の濱崎氏からの依頼で、近堂さんに『重慶マニア』執筆の打診。

IMG_5818

















写真は完成間近の重慶のラッフルズシティで、翌月に開業したとのこと。

2019年の8月の盆休みに重慶市、四川省、陝西省へ撮影の際、

近堂さんに重慶情報を提供していただいた結果がこれだぁ!

IMG_3665


































重慶医科大学の中国一大きい毛沢東像!

市中心部からかなり離れた場所にあるのは仕方がないのだが、

大学構内に到着してからが問題で、像の足元へのルートが非常にわかりにくかった。

観光地ではないのだが、案内の地図くらい設置してほしい。

IMG_3049

















華生園金色蛋糕夢幻王国!

こちらは重慶の華生園というケーキのメーカー(旅行やレストランも運営)が作った

テーマパークで、マニアなら垂涎の物件であることは言うまでもない。

IMG_3587


































重慶は極端に平地が少なく、各所に天空橋が存在する。

近堂さんからは『賭博黙示録カイジ』の鉄骨渡りのシーンを

彷彿とさせると紹介されたが、この高低差はヤヴァイ!

そしてこの天空橋のあるビルの18階にあったのがラブホテルだった。

もともとは縁分天空主題酒店という屋号だったが、

私が訪問した時点ではFate・設計師酒店になっていた。

(現地のスマホのナビアプリだと以前の屋号が出てきた)。

Fate・設計師酒店ではリバーサイドビューを眺められる部屋が3つあり、

私が一番いいと思った部屋がこれだ!

IMG_5988

















洞窟をイメージした内装で、盤糸洞という名前だ!西遊記かよ(笑)!!

ラブホテルだが、男1人でも宿泊可能だ。孫悟空や三蔵法師、妖怪は目撃されず。

ベッドは回転しない。
IMG_5974

















これが盤糸洞の部屋のバスタブから眺めたリバーサイドビューだ。

ビル群のネオンが眩しい。

複数のビルを1つのモニターにしているのはすごい表現方法で、

内容はだいたい10分くらいでループしていた。


最近は中国各地の大都市で見られる模様。

パブリブ社の広告
http://publibjp.com/20191120


アマゾンのリンク
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4908468400/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=softlyx-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4908468400&linkId=e89ccc292700af0c6e8112b9ca360ed8


   
押していただけると、記事を書く励みになります。