Hotel

【中国】寧夏回族自治区の銀川市でラブホテルを発見!

2016年時点では中国各地の省都クラスの都市ならば
高速鉄道が開通しているのだが、
寧夏回族自治区の省都・銀川市にはまだ通っていない。
それどころか現地住人によると、5年後くらいに開通するだろうとのこと。
銀川市とは少々、発展から取り残された感のある都市なのだ。

しかし、そんな銀川市であろうことか、「ラブホテル」を発見した。
IMG_4782

















正確には「 愛主題SPA会所 LOVE HOTEL 」なのだ!
IMG_4783

















「愛」がテーマなんだよっ!!
IMG_4784

































えーっと・・・
宿泊・食事・指圧・按摩って書いてある。
IMG_4785

















けど、外国人が宿泊できるのか不明。
(最近の中国の安宿は外国人が宿泊できないケースが多くて困る)
そもそもこの日はすでに速8酒店というホテルで宿泊していたので
中に入ってすらいない。

興味がある方はがんばって見つけ出してくだされ。


   
押していただけると、記事を書く励みになります。

【中国】海南省・三亜から広西チワン族自治区・南寧へ移動して『迎賓飯店』に宿泊。

IMG_9020

















2015年12月30日。
年末でも半袖で生活できた海南省の三亜から
広西チワン族自治区の南寧へ移動。

三亜鳳凰国際空港から南寧へ向かう飛行機の離陸が
予定時刻より1時間30分ほど遅れる。
IMG_8854

















さらば、東洋のハワイ・海南島。
IMG_8860

















海南省はほとんどが緑に覆われた島のようである。
IMG_8869

































南寧の空港に着陸前。
桂林っぽい石灰岩の巨大な岩山が現れた。
IMG_8877

















南寧の空港はさすがに肌寒く、長袖を着用。

空港から南寧市内へバスで向かう。
南寧市民はなんというか、中国の他の都市の住民よりも
交通ルールを守ろうというモラルが欠けているという印象だった。

地下鉄が工事中だったので、早く完成してほしいところである。

南寧駅で翌日夜に昆明へ向かう寝台列車のチケットをゲット。

南寧駅前の『迎賓飯店』(中国では飯店というのはだいたいホテルである)にて宿泊。
外国人が個室で宿泊できて1泊130元くらいというのは、最近の中国では結構安いと思った。

室内は割ときれいなのだが、プールの消毒液のような臭いが少々きつかった。
IMG_8888

















テレビでは子供向けのアニメ・『熊出没』が放映されていた。
IMG_8889

















部屋にはPCもあって、メールチェックとかで使ったよ。
IMG_8891

















こ、この廊下の構造は・・・
なんか強引に建て増ししたと感じた。
IMG_8892

































夜、テレビをつけたら抗倭英雄・戚 継光(せき けいこう)の予告編が放映されていた。
中国明王朝のこの武将は、倭寇と戦ったそうなのだが、
ドラマの中でぶっとばされている倭寇のザコの皆様の衣装は全員お揃いである。
IMG_2190

















えーっと、倭寇ってぇのは正規軍じゃなくって海賊なんだから、
こんな衣装はありえないはずだし
(中国人も倭寇を騙っていた時期もあるし)
いろいろ突っ込みどころが満載っぽそうなので、
逆にこのドラマを全部観たいと思ったくらいである。

そもそも戚 継光って、中国史ではメジャーな人物なのかねぇ?
ちなみに中国人は元寇のことなんかはまったく知らない模様。

予告編だけでどーでもいいことを書いてはいるが、
時代の流れから日本の民放から時代劇が放映されない状況で、
次の世代に必要な技術が継承されるのかと心配されるくらいなので、
中国のテレビで資金と人を集めて時代劇を作っているのは
正直、羨ましいと思いますヨ。


翌朝07:00くらいにホテルの部屋の窓から撮影したが、ちょっと暗い。
早朝だが果物屋さんが営業していた。
駅のすぐ近くだし、それなりに売れるのであろう。
IMG_9013



















   
押していただけると、記事を書く励みになります。 

サイト名:軟体レポート アフィリエイト入稿タグ ------------------------------------------
------------------------------------------

【中国】海南省のユース『三亜天涯此時旅租』に泊まってみた。

2015年末から2016年始にかけて、
中国の海南省、広西チワン族自治区、雲南省を旅行した。

海南省では三亜市を拠点に行動することにし、
北京在住の友人・Nさんのおすすめのユースホステル
『三亜天涯此時旅租』に宿泊することにしたのだが・・・
IMG_8834

















数日宿泊したNさんによると、
こちらにはとても賢くてかわいいゴールデンレトリバーがいるとのこと。

日本から電話で予約してみたところ、
スタッフから「ワンちゃんは現在、おりません」とのことで、
ものすごくショックだった・・・

スタッフによると、こちらのユースを利用する
中国人家族の子供がでかいワンコを怖がるので、
ゴールデンレトリバーは別の場所でセカンドライフを送っているとのこと。

中に入るとこんな感じ。
IMG_8831

















おしゃれなバーのカウンターで宿泊手続きをするのだ。
IMG_8012

















4人部屋で宿泊。
1泊35元。
3泊したが、初日以外は私一人で利用。
年末の時期は、シーズンオフのようだ。
IMG_8412

















ユースのすぐ前は海岸である。
IMG_8784

















海岸からユースを撮影。
日本人旅行客が宿泊することは珍しく、私は5人目だって。
Nさんもどうやって見つけたのだろうか?
IMG_8779

































ユースの屋上からは、南海大観音(写真の真ん中あたりの白いやつ)も見える。
IMG_8015

















ユースのスタッフは河北省と湖北省出身の青年。
三亜市内からのアクセスは不便だが、とても親切なスタッフだった。
(たぶん英語はしゃべれるはず)
IMG_8758

















三亜から出発する直前、ユースの近くでゴールデンレトリバーを発見っ!
IMG_8820

















も、もしかしてこのコは・・・
しゃがんだら、近寄ってきたので頭をなでなでして、アゴをしゃくったりした。
おりこうさんなのね♥
IMG_8822

















む?このコは気ままにユースに入って、うろうろしてから去ってしまった。
IMG_8826

















Nさんもお気に入りだったワンコなのだろうか?
スタッフに尋ねてみたら、よその家のワンコだった、ハウアッ!!

南の島ということもあり、人もワンコもテキトーだねぇ。
私は中国人のこういったおおらかさが好きである。
というか、こんなワンコだったら、私の家にも気ままに来てほしいものだ。

三亜天涯此時旅租は個人的には楽しめた。


   
押していただけると、記事を書く励みになります。

サイト名:軟体レポート アフィリエイト入稿タグ ------------------------------------------
------------------------------------------

【中国】トルファンの白駝青年旅舎(ユースホステル)に狂喜!した理由。

IMG_3252

















トルファンでは『白駝青年旅舎』というユースホステルにて宿泊することにした。
IMG_3251

















場所はトルファンの街中の「ベゼクリク路」沿いにある、火焔山賓館という宿の隣。
IMG_3257

















中はわりと簡素な構造になっていた。
IMG_4202

















成り行き上、ドミトリーにて2泊。
宿泊客は、中国人学生が圧倒的に多かった。
彼らの会話を耳にすると、
漢民族がタクラマカン砂漠の南の街(ホータンとか)に
行くのは、けっこう危険とのこと。
IMG_4201

















中国のユースホステルでは、ワンコやニャンコを飼育しなければいけないのだろうか?
大変、すばらしいことですなぁww。

ワンコの名前:覚えてない。
ワンコの性別:知らない。
ワンコの年齢:数か月くらいか?
備考:共用の洗面所の真下がお気に入りスポット。
IMG_4199

















ワンコ1匹だけでも、ニヤニヤが止まらないのに・・・

ワンコの名前:忘れた。
ワンコの性別:知らない。
ワンコの年齢:数か月くらいっしょ?
備考:育ちざかりの為か、食いしん坊。
IMG_4208

















はうあっ!
まさかワンコが3匹もいたとは!!

ワンコの名前:この日、このユースに来たそうなので、名前はまだなかった。
ワンコの性別:知らん。
ワンコの年齢:産まれたて?生後数週間?超キュートばい!!
備考:まだトイレトレーニングもされていないようで、床に粗相も・・・
IMG_4213

















  ワ
テンコ盛り!
  コ


トリプルワンコ、たまんねぇっすww!狂喜!!

女性のスタッフは、広東省出身の女子大生だった。
夏休み期間のバイトとして勤務していて、私が日本人と知ると、
「今、友人が日本に旅行してるんですよ~」って、
スマホで友人の日本旅行の写真を見せてくれた。
しかし、「ワンちゃんは好きじゃないんですよ~」とのことで、ちょっと残念だった。

ユースの管理人の男性も大学生で、夏休み期間のバイトとのこと。
お話しをしたところ、とても賢い人物のようだった。
IMG_3247

















疲れてはいたが、ヒマだったので、宿泊客のグループに軟体芸を見せたところ、
 奇行  気功の使い手と誤解されかけた。

通りすがりの軟体です!

2泊目の夜は、砂漠の街だというのに、豪雨襲来!!
降水量が極端に少ないので砂漠になっているのに、
こいつぁ~怪現象と表現していいのだろうか?
ユースの管理人氏も非常に驚いていた。
IMG_4212

































2015年08月15日のトルファンの朝は曇りだった。
トリプルワンコとは仲良くなりたかったのだが、この日、ウルムチに戻る。
IMG_4215



















   
押すと喜びます。  

サイト名:軟体レポート アフィリエイト入稿タグ ------------------------------------------
------------------------------------------

【中国】カシュガル老城青年旅舎(ユースホステル)は猫屋敷になってほしい♥

IMG_0825

















新疆旅行2日目にカシュガル老城青年旅舎(ユースホステル)へ行き、
4日目に宿泊する予約をした。

こちらのユースは吾斯塘博依路沿いにあるのだが、
なぜかこの丸い看板をなかなか発見できなかった。
旅先で変なモノはけっこう見つけてしまうのに、
こういった必要なモノを見落としてしまう私の眼にも困ったものである。
IMG_0826

















建物の中はイスラム風の雰囲気だったよ。
IMG_0830

















!!!ずっきゅぅぅぅぅんっ!!!
こちらの宿のニャンコ・タイズ君(太子って書くのかな?)は6か月の男の子だった。
いやぁぁぁぁぁっ、超かわぇぇぇぇ!!
IMG_0829

















新疆旅行4日目にタシュクルガンからカシュガルに戻って、
宿泊手続きをしてから部屋に荷物を降ろす。
IMG_2796

































部屋の窓から撮影。
IMG_2575

































屋上から撮影。
IMG_2576

































IMG_2578

















スタッフが壁にイスラム風のキャラのイラストを描いていた。
けっこう、上手いね。
IMG_2583

































小鳥を狙うタイズきゅん。
IMG_2582

















タイズきゅん、こっち向いて!
IMG_2581

































門の張り紙。
こちらのユースには好奇心旺盛な2匹のやんちゃな猫ちゃんがいるので、
門の開け閉めの際は猫ちゃんに注意して下さい。
もし、門の外で彼らを見かけたら、連れ帰って下さいって書いてあった。
IMG_2585

































カシュガルの街並みをぶらぶらして戻る。
ユースの共用スペースには2匹の猫ちゃんが寝ていた。
IMG_2795

















ちょっとだけなでて、アゴをしゃくった。
IMG_2789

















ダーバイちゃん(大白って書くのかな?)年齢は聞いていないが、妊娠中の女の子だった。
妊娠させたのはユースのスタッフも知らない外の猫だって。
IMG_2788

















産めよ増やせよ地に満ちよ・・・ではちょっと困るので、
せめてこちらのユースを猫屋敷にしてほすぃなぁ。

カシュガル老城青年旅舎の部屋に貼ってあった規定。
部屋の中では禁煙(わかる)、禁酒、食事もしないこと(マジっすか)、
他の人の宗教は尊重して、敏感な政治的問題を話題にしないこと
とか非常に新疆ウイグル自治区らしい規定なんかも書いてあった。
IMG_2798


















場所:
喀什(Kashi)老城ユースホステル HP を参照。
※私のブログは中国からは閲覧できない可能性大。


   
押すと喜びます。 

 
岩合光昭の世界ネコ歩き
ギャラリー
  • 【愛知】わんわん動物園のワンコの紹介文がサイコーだった件。
  • 【愛知】わんわん動物園のワンコの紹介文がサイコーだった件。
  • 【愛知】わんわん動物園のワンコの紹介文がサイコーだった件。
  • 【愛知】わんわん動物園のワンコの紹介文がサイコーだった件。
  • 【愛知】わんわん動物園のワンコの紹介文がサイコーだった件。
  • 【愛知】わんわん動物園のワンコの紹介文がサイコーだった件。
  • 【愛知】わんわん動物園のワンコの紹介文がサイコーだった件。
  • 【愛知】わんわん動物園のワンコの紹介文がサイコーだった件。
  • 【愛知】わんわん動物園のワンコの紹介文がサイコーだった件。
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

セッキー

QRコード
QRコード

にほんブログ村 押すと喜びます。
  • ライブドアブログ