fe2d5d5fbf8ab72395ea585c91db9cce_s


3年ほど前の修羅場。 
年齢とスペックは当時のもの。 

俺、20歳、歯科大生。 
彼女(A子)、19歳、短大生。 

合コンで知り合い、A子からの告白を受けて付き合い始めた俺たち。 
A子は今時の女の子って感じだったけど、決して派手な感じではなく、かわいい雰囲気の子。 

付き合い始めて半年が経ったころ、町でのデート中にA子の母親にバッタリ遭遇した。 
直接顔を合わせたのは初めてだが、A子は母親に俺のことを話したり、写真を見せたりはしていたらしい。 
挨拶をして、立ち話をしていると、A子母が「せっかくだしお茶でも」と言うので、近くのカフェでコーヒーとケーキをご馳走になった。 
A子母はごく普通のやさしいお母さん、という感じだった。 
30分ほどで解散。


スポンサーリンク
その後、何かお礼の品を買ってA子にことづけようと、デパ地下に向かおうとしたのだが、A子は「お茶くらいでお礼なんてしたら、かえって気を使うよ」と言う。 
せめてと思い、A子の携帯からお礼のメールを送らせてもらうことにした。 

A子に携帯を借りて、せっせと文章を作っていたのだが、予測変換にあやしい単語が表示されることにふと気付いた。 
「援○」 
「ホテル代」 
「サポ」 
「ラあり」 
「○○メール」(ネット広告でよく目にするサイトの名前) 

まさか、と思った。

スポンサーリンク
⇒続きを読む