2317048_s (1)

義実家に帰省した時の話です。
義実家は和風のなかなか素敵なお宅。お庭も広いし義父が定年後にせっせと
手入れしているので綺麗。苗字はクラスで一人や二人いる苗字です。

インターホンに出た義母が、すごく困って「はぁ?え?」と言っていたので
「どうしたんですか?」と聞いたら「よくわからないけど一緒に出てくれる?」
と言う。
二人で玄関に出たら、菓子折りを風呂敷に包んだ感じのものを持った
中年の女性が立っていた。
「お宅の娘さんとお付き合いさせて頂いてます○○の母です。
お話をさせていただきたくて伺いました。」

⇒続きを読む

C1