ロシア

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    927d607c

    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/06/07(金) 06:42:40.52 ID:hG40OMce0.net
    連合国勝利、ソ連のおかげ=ノルマンディー作戦で異論-ロシア

     【モスクワAFP時事】ロシア外務省のザハロワ情報局長は5日、記者会見し、第2次大戦中のノルマンディー上陸作戦は「大戦の結果に根本的に影響していない」と唱える複数の学説があることを紹介した上で、
    ソ連の貢献こそが連合国を勝利に導いたと主張した。英南部ポーツマスで上陸から75年の記念式典が開かれたのを踏まえて語った。

     情報局長は「ナチス打倒に対する連合国の貢献は理解しているが、誇張はいけないし、ソ連の計り知れなく大きい貢献を過小評価してもいけない。ソ連の勝利がなければナチスへの勝利はなかった」と訴えた。
     英国での式典にはトランプ米大統領ら各国首脳が参列。ロシアのプーチン大統領は5年前、フランス北西部ノルマンディー地方で70年記念式典に出席したが、5日はモスクワで中国の習近平国家主席との会談を優先させた。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019060600240&g=int

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    02

    1: ばーど ★ 2019/04/23(火) 09:14:27.57 ID:UyAIN72D9
     河野太郎外相は23日の閣議で2019年版外交青書を報告した。18年版にはあった「北方四島は日本に帰属する」との表現が消えた。「北朝鮮に対する圧力を最大限まで高めていく」との文言も削除された。4島を実効支配するロシアと、拉致問題解決に応じない北朝鮮への態度を一定程度軟化させることで、それぞれとの交渉を前進させる狙いがある。

     北方領土の記述で19年版は日本の法的立場に関する説明を回避。「問題を解決して平和条約を締結」するとの言い回しにとどめた。18年版にあった「未来志向の発想により、平和条約の締結を実現する」も踏襲しなかった。

    2019/4/23 09:08
    共同通信
    https://this.kiji.is/493208639240275041
    https://nordot-res.cloudinary.com/t_size_l/ch/images/493212290893562977/origin_1.jpg

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    img_0

    1: ガーディス ★ 2019/03/13(水) 06:38:52.95 ID:nUeUtCf69
    北方領土引き渡し要請なし
    冷静に交渉中とロ報道官
    2019/3/12 22:46
    ©一般社団法人共同通信社

     【モスクワ共同】ロシアのペスコフ大統領報道官は12日、日本との平和条約締結交渉に関し「南クリール諸島(北方領土)の引き渡しについては(日本側から)何の要請もない。辛抱強い、冷静な協議が続いている」と語った。日ロ両政府が進める平和条約締結交渉では島の引き渡しを協議していないと主張する一方、引き渡しそのものを全面否定はしなかった。

     12日付のロシア紙RBKが「ロシア大統領府は『日本に島を引き渡さない』立場を決めた」と報じたことを受け、地元メディアに語った。ペスコフ氏は「日本と交渉しているのは平和条約締結で、島を引き渡すかどうかではない」とも述べた。

    https://this.kiji.is/478197874887754849?c=39550187727945729

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    H30poster_sho

    1: プラチナカムイ ★ 2019/02/04(月) 02:09:01.46 ID:/qt9fawr9
    今月7日の「北方領土の日」に開かれる北方領土返還要求全国大会を主催する官民の団体が採択する「大会アピール」を巡り、「北方四島が不法に占拠されている」との表現を使わない方向で調整していることが分かった。昨年を含め従来、盛り込まれていた文言。複数の関係者が3日、明らかにした。安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領による平和条約締結交渉に影響を与えないよう配慮した可能性がある。

    「不法占拠」は4島が日ソ中立条約に反して不当に占領されたとの政府見解に基づく。関係者は「大会アピールで使わなかったことは最近では記憶にない」としている。

    2019/2/4 02:03
    https://this.kiji.is/464838184287896673

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    63bca22b

    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/01/22(火) 16:03:25.34 ID:H5GG6BcEM.net
     ロシアは最初から1島たりとも返すつもりはない 北方領土交渉の経緯からみる 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00010000-wordleaf-pol&p=1 

    返還を期待させる日本メディアの報道は「不思議」 

    ロシアは最初から1島たりとも返すつもりはない 北方領土交渉の経緯からみる 

    「なぜ日本政府はいつも島のことばかり言うのですか? ロシアの領土を私たちが渡すわけがないじゃないですか。 
    形だけでも交渉してくれと日本の外務省が頼んでくるので、何も約束しない範囲で付き合っていますけど、これいつまで続けるつもりなのですかね
    」 

    これは1990年代のエリツィン政権時代に、プライベートで交流があったロシア外務省の日本担当者が私に言った言葉です。 

    私はかつてモスクワに2年ほど住んだことがあり、北方領土問題についてロシア側を取材していたことがあります。 
    日本では1991年4月のゴルバチョフ初来日の前あたりから、日本の経済協力と引き換えにロシア(ソ連)が北方領土を返還する可能性があると度々報じられてきました。 
    日露交渉はエリツィン時代も続き、「交渉進展か」との観測記事も頻繁に報じられてきました。 
    それはプーチン政権になっても同様で、今日まで続いています。 

    ところがこの28年間、1ミリたりとも領土は返ってきていません。つまり、繰り返されてきた領土返還を期待させる報道は、すべて「誤報」だったわけです。
    続きを読む

    このページのトップヘ