ハンJ速報

日本の風土と文化を愛し、皇室を尊ぶ愛国系まとめブログです。本当の意味で日本を愛することの大切さを発信していきます

    保守

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    102004-main-294fcab073e34ec096911138b9e11ab1

    1 :
    番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 6f09-1HbT):2020/02/24(月) 16:46:38  ID:c6TNFbAg0.net
    百田尚樹
    @hyakutanaoki
    保守論客の中には、官邸から仕事をもらったり、選挙のたびに応援演説に行き少なく
    ない謝礼をもらったりしている人がいる。
    まあ、それは許そう。
    しかし、そういう恩義で今回の官邸の対応を擁護しているとしたら、最低だと思う。
    kTZgIvx

    百田尚樹
    @hyakutanaoki
    まあ、あれだけ謝礼をもらえたら、官邸の悪口は言えんわな。選挙のたびに金が
    入るんやから。
    コジキやね。
    YTexkZ3

    (※参考)本当にお金を受け取っていたら…
    CoSFgjtUEAAjpdW

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    img_5b778838c4bcfc4199c174b0418bf737366490

    〔関連記事リンク〕



    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/12/21(土) 18:00:56.26 ID:Ny4VQpBI0●.net 
    vxYb8KN

    (※まとめ補足)
    ecoiZoR
    10 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/12/21(土) 18:02:34.12 ID:8ew1n9PSd.net
    fa4wPOs

    はい
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    e0323652_10380714

    1: マンセー名無しさん 2018/10/21(日) 22:11:44.73 ID:3NJR8Xj9
    お金?

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    68548

    1 :
    番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/06/23(日) 18:26:50.16 ID:+LhDWYJ00.net
    産経抄 

    雑誌『月刊日本』6月号に掲載されたインタビュー記事で、国民民主党の玉木雄一郎代表がこう懺悔(ざんげ)していた。 
    「旧民主党系の野党が国民の信頼と期待をとり戻すためには、国民に許しを求めなければなりません」。 
    民主党政権時代の総括と反省、謝罪が不可欠だというのである。 

    https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20190525/0001.html 


    月刊日本(げっかんにっぽん)は、ケイアンドケイプレス発行の論壇誌。1997年4月創刊。 
    アール・エフ・ラジオ日本で報道部長、取締役論説室長を務めた南丘喜八郎が主幹となり「わが国の真の自立と再生」をキャッチフレーズに創刊した保守系雑誌。 
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E5%88%8A%E6%97%A5%E6%9C%AC 
    0790d99e4ab84cf8b1c3c832da8af518-420x600

    525b385d8fa30240d17b31f427c0624a-420x600

    c70f016b9590187e434d7c749de3d211-418x600

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    86885960_624

    1 :
    番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/06/16(日) 12:20:07.08 ID:n/hsxFPd0.net 
    麗澤大学教授・八木秀次氏「子を産み育てる婚姻制度の趣旨の再認識が必要だ」 

    bde86ad36ebd957bd29a243381d23a0c-768x512

    ジェンダーフリーや夫婦別姓、最近の LGBT運動の問題でも果敢な発言で保守論壇をリードする八木秀次・麗澤大学教授に話を聞いた。 

    八木 
    単に、当事者同士の関係だけよければいい、という考え方だ。そうした理解であれば、同性婚も異性婚も何でもあり、ということになってしまう。 
     だが婚姻制度そもそもの趣旨はそういうことではない。基本的には子供を産み育てるための制度として作られている。 
     それで同性愛者の関係と、「結婚」とは趣旨が異なり、別のカテゴリーとして考えるのであれば分からなくもないが、婚姻の領域に入れてはいけない、と主張している。 

    記事全文は「世界思想 6月号」(平和大使協議会発行)をご覧ください。 
    https://www.ifvoc.org/news/sekaishiso201906/
    (参考)
    八木秀次さん
    麗澤大学経済学部教授
    一般財団法人「日本教育再生機構」理事長
    産経新聞正論メンバー
    「新しい歴史教科書をつくる会」第3代会長
    続きを読む

    このページのトップヘ