ハンJ速報

日本の風土と文化を愛し、皇室を尊ぶ愛国系まとめブログです。本当の意味で日本を愛することの大切さを発信していきます

    LGBT

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    4

    〔関連記事リンク〕


     東京都足立区議会で9月、自民党の男性区議がLGBTなど性的少数者に関して、同性愛が広がれば足立区は滅びるとの趣旨の発言をしていたことが分かった。区議は本紙の取材に発言を認め「少子化の中、子どもを産み育てる大切さを教育の場で伝えてほしいとの趣旨だった。差別する意図はない」と釈明した。当事者らからは認識不足や差別的だとの批判が出ている。 (奥野斐)

     発言したのは自民党の白石正輝区議(78)=当選11回。9月25日の区議会定例会の一般質問で、少子高齢社会への対応を問い、「あり得ないことだが、日本人が全部L(レズビアン)、G(ゲイ)になったら次の世代は一人も生まれない」「LだってGだって法律に守られているという話になったのでは、足立区は滅んでしまう」と発言した。区側は答弁でLGBTに触れなかった。

     白石区議は、取材に「レズビアンやゲイは本人の生き方の問題であり、干渉する気はないが、法律で保護しようという動きには反対。(その生き方を)認めようと思わない」と話した。

     当事者団体「LGBT法連合会」の神谷悠一事務局長は「教育によって同性愛者が増えたり減ったりすることはなく、少子化に結び付けること自体が誤っている。正確な事実に基づき発言してほしい」と指摘した。

    https://www.tokyo-np.co.jp/article/59502

    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2020/10/06(火) 16:03:31.19 ID:uo1B2M530●.net 
    問題発言動画
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1312575717658382337/pu/vid/480x480/9VP55uAcdpiwqG2n.mp4

    @itokenichiro
    この当選11回の自民党区議、ザ・古い時代のダメな人って感じだな。権威的で差別的。
    EjncdRIU8Ac6Dvy

    Ejncd0hU4AAjARy

    LGBTへの蔑視発言の白石正輝足立区議会議員に発言撤回と議員辞職を求めます。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    86885960_624

    1 :
    番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/06/16(日) 12:20:07.08 ID:n/hsxFPd0.net 
    麗澤大学教授・八木秀次氏「子を産み育てる婚姻制度の趣旨の再認識が必要だ」 

    bde86ad36ebd957bd29a243381d23a0c-768x512

    ジェンダーフリーや夫婦別姓、最近の LGBT運動の問題でも果敢な発言で保守論壇をリードする八木秀次・麗澤大学教授に話を聞いた。 

    八木 
    単に、当事者同士の関係だけよければいい、という考え方だ。そうした理解であれば、同性婚も異性婚も何でもあり、ということになってしまう。 
     だが婚姻制度そもそもの趣旨はそういうことではない。基本的には子供を産み育てるための制度として作られている。 
     それで同性愛者の関係と、「結婚」とは趣旨が異なり、別のカテゴリーとして考えるのであれば分からなくもないが、婚姻の領域に入れてはいけない、と主張している。 

    記事全文は「世界思想 6月号」(平和大使協議会発行)をご覧ください。 
    https://www.ifvoc.org/news/sekaishiso201906/
    (参考)
    八木秀次さん
    麗澤大学経済学部教授
    一般財団法人「日本教育再生機構」理事長
    産経新聞正論メンバー
    「新しい歴史教科書をつくる会」第3代会長
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ひひ

    1: ガーディス ★ 2019/01/04(金) 20:08:21.77 ID:CAP_USER9
    1/4 18:49
    同性愛者を含む性的少数者いわゆるLGBTについて、自民党の
    平沢勝栄衆議院議員が「LGBTばかりになったら国はつぶれる」
    と発言し、今後、波紋を広げることになりそうだ。
    自民党の平沢議員は3日、山梨県で開かれた集会であいさつし、「少子化問題」に触れた上で次のように述べた。
    自民党・平沢勝栄議員「LGBTで同性婚で男と男、女と女の結婚。
    これは批判したら変なことになるからいいんですよ。もちろんいいんですよ。でもこの人(LGBT)たちばっかりになったら国はつぶれちゃうんですよ」

    http://www.news24.jp/sp/articles/2019/01/04/04413423.html

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (31)

    1: ストラト ★ 2018/10/14(日) 09:45:36.18 ID:CAP_USER9
    LGBTをめぐる寄稿などで批判を受け、休刊になった月刊誌「新潮45」について、新潮社の佐藤隆信社長が12日、東京都内で開かれた新潮ドキュメント賞と小林秀雄賞の贈呈式で「会場には『新潮45』でお世話になった方々が大勢いらっしゃっていると思いますが、みなさんに原稿料をお支払いするチャンスがまた減ってしまったということで、大変申し訳なく思っています」と語った。
    佐藤社長が「新潮45」の問題について公の場で語るのは初めて。

    佐藤社長は両賞を主催する新潮文芸振興会の理事長。
    「お騒がせした結果、休刊になってしまいました。大変申し訳なく思っています」と述べ、「これからも新潮社はしっかりとした言論活動をしていく所存です」と続けた。
    来場した出版関係者らは静かに耳を傾けていた。

    新潮ドキュメント賞は、これまで「新潮45」誌上で発表されてきた。
    今回の受賞作、古川勝久さんの「北朝鮮 核の資金源」(新潮社刊)も、特別企画「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」を掲載した10月号で受賞が発表された。
    伊藤幸人・新潮文芸振興会事務局長によると、新潮ドキュメント賞は今後も継続する方針で、発表媒体はこれから検討するという。

    選考委員を代表してジャーナリストの櫻井よしこさんが壇上に立ち、「新潮45」について「10月号は素晴らしい出来だった。幅広い人が書き、良い問題提起もあった」と話し、「ここから本格的な議論が始まると期待していたので休刊は残念。その結果、おそらくタブーがひとつできると思う。言論に対しては言論で返してほしかった」と述べた。

    選考委員でジャーナリストの池上彰さんは、会場内で朝日新聞の取材に応じ、櫻井さんのスピーチを受けて「多様な言論という割には偏ってしまったのかなと思う」「(休刊は)せめてもう1号、反対も含めてまさに多様な言論の場所を提供してからであるべきだった」と語った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000096-asahi-soci

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (18)

    1: マンセー名無しさん 2018/09/27(木) 21:44:10.64 ID:WloWjzjg
    これはこれで考えものやで

    続きを読む

    このページのトップヘ