2015年06月

こんにちは。
4年の竹下です。
久々にブログ更新します。

さて、タイトル通り中部インカレまで残り1週間になりました。
今日は試合前最後の本格練習ということでレペを飛びました!
その様子を少しだけ…

image

集中してます。

image

image

ダイブの写真って撮るの難しいですね…
誰か、カメラの撮り方教えてください( ̄▽ ̄)

そして、練習後は…
image

練習で初めて1分を切った千春
これは中インも期待できますな!
試合本番まで気を抜かずに行こう!
image

凌太郎は前半が思った以上に突っ込めなかったと嘆いてました。
でも、お前の持ち味は後半の伸びだから、前半から自信持って突っ込んでこう!
image

写真上の山本は一人黙々とdistanceの練習をしています。最近ペースは刻めるようになってきたから、ラストスパート頼むぞ!
私自身はというと、バサロからの浮き上がり、ラスト25でのスパートが課題といったところでしょうか。
これから調整します!

中部インカレまであと1週間なのか、まだ1週間なのか、考え方は人それぞれです。
来週はいよいよテーパー期間に入り、試合本番までにどれだけいい状態に近づけられるか!最低でも150%くらいの状態にはなるといいですね!

さっきまで県高校を見てきました。
ホントはスカウト目的で行きましたが、決勝直前に到着したので断念(笑)
高校生の泳ぎを見て刺激を受けて帰ってきました。
そのときふと思ったのが
「あの頃はなんでインターハイ切るのに必死こいてたのか」
今の自分なら余裕で切ってます。
ですが、あの頃に戻って初心に帰って中部インカレに挑もうと思ってます!
今回の目標は
個人としては













100で表彰台、200は5位以内













そして、チームとして













メドレー5位以内、4継8継得点する













その結果…




























団体権を取る
チームで勝利を掴む























そのためにはみんなの力が必要だ
みんなのレースの結果がチームに勢いをつけ
チームに勢いがつけば個人、リレーの得点につながる
一人ひとりに託された役割はそれぞれだ
決勝に残って得点し貢献する者
残れなくてもベストを出しチームとして貢献する者
応援することでチームに活気を与える者

役割なんていくらでもある
ましてや一人一役じゃなく一人二役演じることだって可能だ
一人ひとりに必ずチーム目標を達成するための何かがある
それを実行に移せたとき
俺らは最高のチームになるだろう














僕たち4年生にとっては最後の中部インカレ
ここまでホントに早かった
けれどもまだ達成していない目標がある
それを達成するため今チームが一つになるときだ
自分を信じて、仲間を信じて
戦いに挑みましょう

















おまけ




































image

最近成長してるよな〜そうだよな〜?
おっそうだな…

お疲れ様です。
14生の谷澤です。
最近は他大学のブログ等をよむことがあるのですが、とても状況が伝わる臨場感ある内容ですね。どこのブログも。
実に8ヶ月ぶりくらいにブログを担当させていただくわけですが、そういったものを目指したいと思います。


さて、今日の練習は大会に向けた追い込みだったのですが、メインは今までにない新鮮な内容でしたね。
某先輩の発案により組まれたメニューでしたが、これが何とオリンピックメダリスト、萩野公介選手も行っているものなんです。
その内容は

100×1 3分 Allout
100×8 1分30秒 乳酸除去

これを3セット行いました。
Alloutでレースと同じくらいのタイムで泳ぎ、その後の8本でたまった乳酸を除いて次のAlloutに備える、といったような練習でした。

今日はコーチがいらっしゃったのですが、お話によるとまだまだAlloutが甘いとのことでした。
最初の50mでベストを出すくらいでいないとダメだと仰られました。
確かに僕自身突っ込もうと思っていても、タイムを見るとセーブしていることがまるわかりでした。
技術面も大切ですが、気持ち・精神面も大切だと再認識しましたね。


来月には中インや県選などと大会が続きます。
体調管理・ケアを徹底しながら、部全体が最高のコンディションで臨めるようにしたいですね。


今日は写真がなかったので、文学部の威信をかけた文章による真っ向勝負でブログ作成にあたりました。
読みにくかったらすいません。
今日はここまでとしましょう。ではまた。

今日も1日お疲れ様です!
無事お布団にDiveしました14生の林由紀乃です!

今日のメインメニューは盛りだくさんでした
Dive 50×2 , 25×4
→スピ持 50×20
→耐乳酸 50×3×4set

きつかったですね
私は疲れると体が沈んで水を飲んでしまうので、お腹いっぱいになりました。
まだ上南の疲れもあり思うように動けなかったです。
バイトを5時間も入れてしまった自分を殴りたいです。

練習後には14生でプレ幹部会が行われ、幹部になる準備が進んでいます。
ついに自分も幹部か、と責任の重さを実感してきました。私たちの行動ひとつひとつで部活全体の雰囲気が変わってくると思います。14生との連携を大切にして乗り越えていきたいです!

岡本の小顔写真で失礼します^ ^
image
image

こんにちは。
お世話になっております、水泳部主将の木下開斗です。

この度、6/5,6,7に上智大学で開催されました第56回上南戦において水泳部は11年ぶりに上智大学に勝利をする事が出来ました。遥々遠く名古屋から応援に駆け付けて下さったOBOGの皆様方、並びに平野コーチや顧問の中矢先生、本当にありがとうございました。



歴代の先輩達の悲願をようやく達成する事が出来ました。



何より感謝したいのは、心を一つにして、全力で応援し全力で戦ってくれた部員のみんなです。

正式種目に出場し上智のライバル達を制して南山の点数を少しずつ積み重ねていってくれたメンバー、正式種目には出れなかったがオープン種目で南山の勢いを見せてくれたメンバー、力の限り応援し南山の士気を最高に高めてくれたメンバー、影で部員を支え続けてくれたマネージャー、そして、東京までは来る事が出来なかったが、遠く名古屋から名古屋から応援してくれていた部員達。

誰一人欠かす事なく、全員の存在があったからこそ成し得た勝利だったと思います。

そして、南山水泳部を快く歓迎し最後の最後まで全力で闘ってくれた上智大学水泳部のみんな。今回はベストメンバーではなかったにも関わらず、高いレベルで拮抗した闘いを見せつけられ、上智水泳部の底力には圧倒されました。

長年の連敗に終止符を打ち、両校の闘いは振り出しに戻りました。ここからが気合の見せ所です。

この先もずっと、南山上智が互いに良きライバルとして切磋琢磨し合い、それぞれが目標に掲げる中インや関カレで最高のパフォーマンスができる事を願っています。
そして、水泳を通して卒業してからも続く友情を築いていきたいです。



さて、仕切り直して
この勝利の余韻に浸るのは一旦置いておきましょう。
この後、1ヶ月後には中部インカレが控えています。この勝利に浮かれず、上南戦で高まった士気で団体権を獲得してやりましょう!

image
image
image
image



↑このページのトップヘ