2006年08月24日

自己アフィリはよく考えて

自己アフィリの注意点

これはメルマガ連動記事です。

以下のメルマガのバックナンバーをご覧ください。。。
4000日の週末

迅速に収入を得る方法として

以下のレポートを紹介させていただきました。



『シンプルにリスク無く、たった24時間で19,800円を手に入れる錬金術』


大変有用なレポートで、すぐに4万円近い収入の目処が立つのですが、

初心者が書いてあるそのまま実行するのは危険かもしれない。

そういう忠告もさせていただきました。


さて、それはどうしてでしょう?




それを説明するために、この無料レポートの内容に少し踏み込みますね。

あなたはもちろん、もうダウンロードされましたよね?




え? まだしてない?


だめですよ、ほんとうに4万円稼げるレポートです。

ダウンロードして読んでください。


ここから ↓ できます。


『シンプルにリスク無く、たった24時間で19,800円を手に入れる錬金術』








読みましたか?



・・・それでは説明させていただきますね。


先ほど、

1) この方法がきわめて効果的である。

2) ランク入りしている人気レポートであり、
   大勢が一斉に取り掛かっている可能性が高い。


この二つの特徴があるために、危険であると言いました。

それはなぜかと言うと、このレポートの前半に書いてあるのが、



「自己アフィリエイトによる収入の薦め」であるからです。



自己アフィリ、これはおわかりですよね?

アフィリエイトしたリンクから自分が購入などの行為を行い、

アフィリエイト料金をもらう行為を言います。



広告主の一部はこれを認めています。



たとえばクレジットカードのアフィリエイトリンクなどは、

ほとんどがこれを認めていますから、

自分で自分のリンクから申し込めば、千円から数千円の

アフィリエイト量が支払われます。



・・・私も新しいカードを作る際は必ずそうしています。




さて、このレポートでは某アフィリエイト会社(ASP)で、

資料請求することで自己アフィリできる広告を列挙してあります。


ここに申請して資料を送ってもらい、

アフィリエイト料を得る方法を示してあります。


ひとつひとつは少額ですが、たくさん示してくれているので

ちりも積もれば3万円近い収入になると言うわけです。



広告主が認めている行為ですから、まったく合法です。




でも、よく考えてみてくださいね。

広告主はどうして自己アフィリを認めているのでしょうか?



それは、自己アフィリした人からも、

支払ったアフィリエイト料以上の収益を得られると考えているからですよね?



あの無料レポートを読んで行動する初心者の多くは

はたしてどの程度その意味を考えてみるでしょうか?






あなたはどうですか?






今度は逆に、広告主の気持ちを考えて見ましょう。


例を上げて説明しますね。

この中で比較的高収入のアフィリに、

○○学校入稿案内資料請求と言うのがあります。
無料レポートをよく読んでいただければわかります。

○○学校と言う商売の受講者、あるいは希望者が
ふだんどのぐらいいるかはしりませんが、
こんな時期に大勢がいっぺんに押しかけることはないと思われるのです。


でも、この無料レポートを読んで自分で資料請求する人の数は

・・・かなり多いのではないでしょうか?


指示に素直に従って行動すると、
この○○学校から勧誘の電話がかかってきたときに

「もう興味がなくなりましたから連絡しないでください。」

と、つっけんどんに答える人もけっこう多いと思います。


急に増えた自己アフィリの資料請求、

そしてはんで押したように連絡を断る初心者アフィリエイターたち。



・・・・・・相手は○○学校ですよ。



これは変だ、そう思って調べるのではありませんか?

そして無料レポートにたどり着く。


○○学校は当然ながらASP社に そんなレポートが出ていること、
それを読んで実行した輩からの自己アフィリと思われる請求で
被害をこうむっていることを苦情として連絡するでしょう。


それに対して、ASP社がどの程度詳細に追跡検討するかわかりませんが、


あなたのサイトの○○学校紹介のリンクの貼ってある記事に、
○○学校に対する説明がまるでなかったら・・・。


それにあなただけがクリックして申し込んでいたとすれば・・・。


そんな風にとってつけたように貼り付けてある紹介リンクしか

あなたのサイトに見当たらない場合、ASP社から


「自己アフィリ料獲得だけが目的である不法行為者」


とみなされてもおかしくないと思います。





その場合、あなたのアフィリエイターの権利はいきなり剥奪されるかもしれませ
ん。




「このASP社からの報酬は今回だけで後はどうでもいいよ。」


というのであればかまいませんが、

これからも長くさまざまなアフィリエイトをしていくつもりであるならば、

注意して行動に移すべきです。



アフィリエイター権利を剥奪されるリスクは最小限にしておかなくてはなりませ
ん。



では、この場合はどうするのが正解でしょうか?


考えてみてください。





考えました? あ、まだ考え中ですか? すみません。。。











もういいかな?



何も難しいことはないですよね、そうです、あなたが考えたとおりです。


「来た人が○○学校の資料請求したくなるようなサイトまたは記事」


を、新たに作り、そこに貼ったリンクから資料請求するのです。

そういうサイトのリンクからの請求であれば、ASP社も、


あなたは本当に興味がある、

あるいはそういう人を集めるサイトを立ち上げているから資料請求したのだ。



そう、理解してくれるはずです。



たった○○○○円稼ぐだけのために

わざわざそんなサイト作れるか〜〜〜!

そう思われましたか?



ふふふ。

「来た人が○○学校資料を請求したくなるようなサイト」

これがほんとに完成したら、


ここから得られる収入は

あなたの自己アフィリの○○○○円ではとどまらない可能性がある

と思うのですが、いかがでしょうか?



もちろん、最初は簡単でいいと思いますが、

自分でそういうサイトを作ることをお勧めします。


それを作ってから、そこから自己アフィリするのです。


そのために有用な無料レポートがあるのですが、

・・・それは次回紹介しますね。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 自己アフィリの注意点  [ [完全無料]ネット副業で稼ぐノウハウ ]   2006年10月16日 21:24
自己アフィリで資料請求したり、クレジットカード作ったり。自分の出費なくアフィリエイト料がもらえますが、それだけが目的でその行為を繰り返すことって、けっこう危険だと思いませんか?

この記事へのコメント

1. Posted by セールス分析のささ   2006年08月24日 22:09
マウスさんこんにちは

ささです

今日の記事はとても

いいですねえ

こういう相手の気持ちは大切ですね

応援

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
月別アーカイブ
レンタルサーバー

ブログでハッスル、メールでハッスル、ハッスルサーバー

容量500M、メールアカウント無制限、メーリングリスト 無制限、独自ドメインマッピング無制限、MySQLデータベース、CGI/PHP/SSI、ブログがブラウザだけで、瞬間インストールできるハッスルsbブログあります。