2020年07月06日 17:06

 はい、新型コロナウイルスの影響を受け、しばらくはお休みしていました本校のブログですが、緊急事態宣言の解除等に伴いまして、再開したいと思います。

 さて、まずは本校におけるコロナ対策についてですが、教室入り口に手指の消毒液の設置及び使用指示・定期的に教室の机や椅子、ドアノブ等の消毒・長机1つに1人の着席でソーシャルディスタンスを保つ・教室内でのマスク着用・先生はフェイスシールド着用・教台にアクリルボードの設置・窓の随時開放で換気を行うなど、徹底しております。

 また、現場は3密状態にはなりにくく、ニューヨークタイムスにもコロナに感染しにくい職業として大工さんが出ていましたので、感染リスクは低いと言えます。

 それでも、油断しないように生徒には登校前の検温、帰宅後の手洗いうがいの徹底を指示しております。

 では、現在の様子ですが、他の学校と変わらず学科授業、実技実習、分散実技等を普通通り実施しております。また、他校休校中でも普通通りにカリキュラムを実施していましたので、授業の遅れも出ておりません。普段からも生徒数は少なく密にならないことと、登校時間も他校とは異なりますので、時差登校に必然となりますので問題ありません。
 もちろん、本校関係者に感染者が出た旨の報告はあがってませんので、安心してください。

 ただし、行事等は現在の所、すべて中止となっていますので、秋ごろに行う「教科遠足」や来年の「修学旅行」はどうなるか未定の状態となっています。

 新型コロナウイルス(COVID-19)により変わってしまった学校生活ですが、新しい生活様式に対応しながら技能を身につけていってほしいと願っています。

 次回からは、1年生の基礎実技の様子を掲載していきますので、お楽しみに。でわでわ。。。

2020年03月21日 15:28

 はい、次回更新は新年度の予定でしたが、19日に行われた修了式の様子を書きます。

 本年度は、新型コロナウイルスの感染リスクを少なくするため、国歌・校歌の斉唱を取りやめ、また来賓挨拶等も限定して30分程度の短縮をした開催となりました。※本校の場合、人数が少ないので例年でも1時間はかかりませんが・・・

 式が始まり、修了証書と技能照査合格証書の授与が終わり、いよいよ特別賞の発表です。

 最初に、札幌市長賞は在校中に型枠科としては初となる2級技能士に合格した、柳原くんが受賞しました。次に北海道職業能力開発協会長表彰は宮澤くんが、札幌地方職業能力開発協会長表彰は石川くんが受賞して、昨年に引き続き修了生の全員が特別賞を受賞しました。

 そして、お待ちかねの送辞と答辞です。送辞は1年生を代表して布施くんが修了する3名の先輩との思い出を語りました。中でも柳原くんに対し「ナルシストなところは今後は控えたほうが良いと思います」と述べたところで爆笑が起こりました。
 また、答辞をその柳原くんが述べて「今後は、現場で会ったときは台風並みの先輩風を吹かせます。」と述べて、またしても大きな笑いが起きました。

 こうして、例年通り笑いに包まれた修了式でしたが、コロナの影響で短縮されたとはいえ、無事に式を終えられたことに安堵しております。

 そして、修了した3名の諸君、本当に修了おめでとう。今後は社会人として立ち向かって行かなければならない壁はたくさんあると思いますが、是非、それらを乗り越えていって立派な技能士になってほしいと願っております。

 さて、次回は入校式の様子を書いていたいと思います。今年度は1年コース生1名、2年コース生3名と少し寂しい感じですが、その分、少数精鋭になれるように頑張っていきたいです。

送辞を述べる布施くん

答辞を述べる柳原くん

記念撮影

2020年03月14日 11:15

 はい、久々の更新となります。

 現在は、新型コロナウイルスの影響で北海道、札幌市にとどまらず全国的に緊急事態となっていますね・・・

 本校でも、教室等に除菌スプレーを設置するなど感染防止を徹底するようにしております。また、来週実施の修了式も参加人数を極力減らし、国歌・校歌の斉唱をやめ、挨拶等も限定し時間短縮で行う予定です。

 次年度については、まだ様子見の段階ですが入校式等は行われます。(こちらもできる限りの短縮で行う予定です)

 また、本来ならこの時期は修学旅行の様子などを本ブログで掲載していましたが、現在の世論を鑑みて、本年度は掲載を控えさせていただきます。

 いったい、いつになったら終息するか不透明な現状ですが、いっこくも早く普通の状態になることを願っております。

 幸いにも、本校関係者で感染は報告されておりませんが、感染された方の早期の回復を願いますことと、残念ながらコロナウイルスが発端で亡くなってしまわれた方のご冥福を深くお祈り申し上げます。

 次回更新は、新年度からの予定です。

2020年01月11日 13:13

 皆様、あけましておめでとうございます。
 今年も、札幌高等技術専門校をよろしくお願いいたします。

 さて、年明け早々ですが生徒たちも忙しく動いております。今週の日曜日には型枠の技能検定があり、1年生は3級技能士の試験を、2年生の柳原くんは2級技能士の実技試験を受ける予定です。

 練習をしていますが、やはり国家試験ですのでなかなか難しく、苦戦しています・・・しかし、当日は今までで一番の物を作り、見事全員が合格をして欲しいと願っております。

 試験の様子や修学旅行の様子なども、これからドンドン後進していきますので、是非、ご覧ください。

 ということで、今年一年も生徒共々、がんばっていきますので応援よろしくお願いいたします。

2019年12月27日 13:08

 はい、今年最後の更新です。

 早いもので、今年も残すところあと僅かとなりました。振り返ってみると、いろいろなことがありましたね。

 HPの行事予定を見ていただくと分かりますが、道新住まいと暮らしのフェアに参加したり、強化遠足や主張発表大会もありました。

 でも、一番は生徒たちが大きな怪我などなく、今年を終えられたことですね。

 年明けからは、技能検定や修学旅行などの行事がありますので、バタバタしますが来年も札幌高等技術専門校をよろしくお願いいたします。

 また、令和2年度の生徒募集も始まっております。技能の世界で飯を食う!!と覚悟を決めた方や、建築に興味がある方は、是非、本校の門を叩いてほしいと思っています。

 それでは、皆様がよい年を迎えられる事を祈念しまして、今年最後の更新とさせて頂きます。

 皆様、良いお年を。。。

2019年12月19日 12:01

 はい、久々に更新します。

 3回目の今回は、2年生の2名について書きます。

 まずは、木村建設工業に配属されています2年生の宮澤くんです。場所は資材センターで、型枠の加工を本校の修了生である山崎くんと一緒に行っていました。
 普通のベニヤではなく、パネコートというコンクリート打ちっぱなし部分に使用する型枠で、傷などをつけてはいけないので、ちょっと緊張気味にも見えましたが、先輩の支持をよく聞いて、真剣に作業していました。
  先輩・後輩の関係も良好なので、今後も技能の修得に励んで欲しいですね。

 2人目は、訛偲跳設工業に配属されています、石川くんです。
 こちらも、資材センターで枠加工の段取り(※前準備)をしていました。
 一緒にいた、職人さんからは「今までうちにきた生徒の中で一番いいよ」とお褒めの言葉をいただきましたので、一生懸命がんばっているんだなぁ・・・と、感慨深くなりましたね。

 特に褒めれることは、分散実技を一日も休んでいない事です。本校の副校長の言葉ですが、「現場では当てになる事が一番重要」です。生徒とはいえ、現場サイドは当てにしています。来ると来ないとでは大違いです。
 なので、当てになる人材になる事が、どんな技能を持っていても最重要な事といえます。
 もちろん、人間ですから体調不良や怠けで休みたくなることもあります。それでも、休まずに出ることが大事だと本校の生徒には指導しています。風邪をひいて早く治す事よりも、風邪をひかないようにすることが当てになる人材の第一歩です。

 ということで、石川君はその点でも本校の考え方に当てはまる優秀な生徒と言えますね。今後も良い大工になるように期待しています。

 さて、今年もあと少しとなってきましたが、風邪をひいたり怪我などをせずに、分散実技をやりきって欲しいと願っております。

 次回の更新が、今年最後の更新となります。でわでわ。。。

先輩と枠の加工をする宮澤君(左)

ベニヤを運ぶ石川くん

2019年10月31日 16:09

 はい、2回目を書いていきます。

 まず最初に、蟆7に配属されています2年生の柳原くんです。現場でセパつけや返し型枠の建込み作業をしていました。柳原君は1年生のときに型枠3級技能検定に合格しており、今年度は2級に挑戦します。
 担当している指導員からも「いや、すごく良いよ。期待している。」とお褒めの言葉をいただきました。是非、この調子で技能を修得して行って、2級技能士として修了していってほしいと思います。

 あ、現場には前回のブログに登場しました1年生の泉くんもいました。こちらも、一生懸命セパ付けをしていましたね。良い先輩を見習って、成長していってほしいですね。

 続いて、恵庭の現場では、加藤組に配属されました1年生の木村くんと佐藤くんがいまいた。この現場では、本校の修了生が多数入っており、2人とも先輩が壁や天井に張った石膏ボードのビス打ちをしていました。
 次の週には、検査が入るのでビスの打ち忘れがないように入念にチェックしながら作業していましたね。また、その後は外工事の業者さんが入り、2人は重機が入れない狭いスペースの土入れをネコ(一輪車)とスコップを使って行っていました。
 多能工を目指す本校では、様々な作業を経験しなければいけないので、これも勉強の一つです。ただ、中々大変な作業ですので、2人とも汗をかきながら作業してました。

 今回最後は、蟷核槓型枠工業に配属されています1年生の面民くんです。現場は、中央区のマンション新築工事の現場で、廊下の締め付け作業を行っていました。
 途中、指導員から「そこは1mのパイプだぞ」といわれると面民くんは「ありません・・・」と答えました。すると指導員は「絶対あるから現場内を探しなさい」と指示をしました。
 現場内を探してみると・・・はい、ありましたね(笑)よく探さないで「ない」と言うことは、現場では良くないことですので今後は良く見なさいと指導してきました。また、1mのパイプを1本ずつスケールで測っていたので「1本分かれば後は、並べれば分かるだろ?全部測るのは時間の無駄になるぞ」と教えました。
 面民くんは筋力に関しては、1年生としては歴代癸韻世隼廚い泙垢里如△修龍變呂鯲匹な向に使って欲しいですね。

 さて、だんだん寒くなってきましたが、生徒たちには普段から体調管理と怪我の防止を徹底しなさいと指導しています。この業界は体あっての仕事なので、アスリートと同じです。風邪など引かないように気をつけて、頑張っていってほしいと思います。

 次回以降も、随時、書いていきますのでお楽しみに。でわでわ。。。

指導員に教わりながら枠を建てる柳原くん

セパ付けする泉くん

土入れする木村くんと佐藤くん

締付け作業をする面民くん

2019年10月23日 16:17

 はい、しばらくぶりに更新します。

 今回は、10月12日(土)に行われました、強化遠足訓練について書きます。

 生徒の体力向上とコミュニケーションのために開催されます、本行事ですが昨年は、諸事情により中止となりましたが、今年は万全な状態で実施されます。朝7:30に学校に集合し、出発式が行われた後、指導員の車に分乗して北広島駅に向かいます。

 着後、ラジオ体操をしてよく体をほぐしてからいざ出発!!北広島駅前からサイクリングロードを歩いて月寒ジンギスカンまで約15〜6kmを進みます。天気も、うす曇りで暑くもなく寒くもなくちょうどいい気候です。

 何度かの休憩を挟みながら、おしゃべりをしながら軽快に歩いていると、前から救急車が来ました・・・さらに後ろからは、パトカーと刑事さんを載せた車が来ます?!
 何があったかは詳しくは分かりませんが、なにか事件のようでした。(指導員が、熊ではないかといってましたが、熊では救急車は来ないと思うので分かりません・・・)

 そんこともあり、新札幌から大谷地付近まで歩いてきましたが、生徒たちも心なしか疲れからか口数が減ってきました。「先生まだですか?」という質問も多くなってきて、私が「後、もう少しだ。頑張れ!」と言うと「マジすか、腹へってきました・・・」と、そろそろ体力的にも厳しくなってきたようです。

 そして、いよいよゴールの月寒ジンギスカンに到着し、記念撮影をした後、お待ちかねのジンギスカンを食べました。そうとうお腹が減っていたのか、すごい勢いで肉が消えていきます(笑)
 お腹もいっぱいになり、ご馳走さまをして学校まで歩いて戻り、解散式をして終了となりました。

 やはり、自然の中を歩くのは健康的ですし気持ちも良いものですね。次年度も開催して行こうと思っております。

 さて、次回以降はまた生徒の現場での様子を随時、上げていきますのでお楽しみに。 でわでわ。。。

出発式の様子

ラジオ体操

遠足風景

ゴールの記念撮影

ジンギスカンを食べています。

2019年09月19日 16:55

 前回の予告どおり、9月から分散実技が開始されましたので、現場やセンターの様子を書いて行きます。

 まず1回目は、蟆7に配属されました1年生の泉くん、千葉くんの2人です。

 私が行ったのは資材センターで、2人は1年生恒例の型枠解体作業(大バラシ作業)をしていました。蟆7さんの教育方針で、最初の2週間はセンターで資材の名称を覚えたりとか、簡単な軽作業をしたりとかで体を慣らしてから工事現場に入るようになっています。

 2人とも一生懸命作業していましたが、私が「さすがに飽きただろ?」って聞くと「・・・はい」って言ってましたね(笑) やはり、現場に早く出たいみたいなので、「来週からは現場だから頑張れ!」と言っときました。
 うーん、私の経験上はセンターの方が体は楽なんですけどね・・・まあ、やる気があるのは何よりです。

 そして、次に訛偲跳設工業に配属されました1年生の布施くんです。

 こちらも資材センターで、これまた1年生恒例作業のベニヤの油塗りをしていました。聞くと、昨日までは現場に行ってたらしく、顔も日焼けして心なしか、たくましくなった感じがします。
 よくしゃべる生徒なので、色々と話してくれましたが・・・油塗りをあらかた終えた後に、「ベニヤの角割れしたのははじいてくれ、あと、セパ穴も栓で埋めてくれ」って言われたらしく、聞いてないです状態だったそうです。

 どうやら、今年修了した先輩の二反田くんの指示が行き届いてなかったようで・・・「ちゃんと指示しなければ駄目だぞ」と言っておきました(笑)
 布施くんも楽しそうに作業していたので、今後も怪我に気をつけて技能を習得してほしいですね。

 というわけで、次回以降も1年生・2年生ともに載せていきますのでお楽しみに。でわでわ。。。

解体する泉くん

同じく千葉くん


楽しく作業する布施くん

【おまけ】修了生の二反田くん

2019年08月30日 15:35

 はい、しばらくぶりの更新です。
 タイトルにもありますが、本校のホームページをリニューアルしました。スマホでも快適に見られるようになりましたので、今後ともよろしくお願いいたします。

 さて、生徒たちですが1年生はいよいよ来週から分散実技がスタートします。訓練部会によって各配属先が決定し、事業主さんとの面接も終えて、あとは現場に入場するのを緊張しながらも心待ちにしております。

 現場では、いろいろなことがありますがしっかりと技能を修得できるように頑張って行ってほしいと思います。また、朝は早くなりますので、生活習慣の見直しも徹底しなければなりません。平日に一生懸命学び、土曜日は目いっぱい遊び、日曜日は週の疲れを取る。このような生活サイクルを送ることを望みます。

 現場での様子は、私が現場に写真を撮りに行ってここで紹介して行くのでお楽しみに。でわでわ。。。

月別アーカイブ
楽天市場