2024年03月29日 17:20

 はい、2024年になっても中々更新ができずに申し訳ないです。

 さて、タイトル通りまずは技能検定ですが型枠の2年生・1年コース生と木造の1年生の計4名が3級技能検定に挑戦しました。
 結果は3名合格と、1名だけおしい結果となりましたが、次年度の2級技能検定は受けれますので、次は全員が2級を取れるように頑張ってほしいと思います。

 そして、3月15日に京王プラザホテルにて第59回修了式が執り行われ、3名が無事に巣立っていきました。それぞれが別の道を歩むことになりましたが、各々が努力をして立派な社会人になってほしいと願っております。

 その三日後、修学旅行(修了旅行)として沖縄県にいってきました。美ら海水族館は勿論、鍾乳洞や首里城の守礼門(中は工事中なのでスルー)などを見学してきました。
 あいにく、2日目のジップライン体験では小雨に降られましたが、良い思い出になったと思います。また、今年はちょうど寒波が入ってきていたので平均気温も20℃前後と肌寒く、風も強かったので長袖が手放せないような気候でした・・・

 まあ、それも含めて記憶に残る修学旅行になったのではと思います。

 修了しても縁が切れるわけではありません。近くに来たら気軽に顔を出してくれればいいなと思います。修了した3名に「おめでとう」といって今回はこれまでといたします。

型枠技能検定

木造技能検定

修了式の様子

沖縄での様子

2024年01月09日 15:47

 新年あけましておめでとうございます。本年も札幌高等技術専門校をよろしくお願い致します。

 2024年は波乱の幕開けになりました。元日に能登半島地震がおこり、翌2日には羽田空港での飛行機事故と悪いニュースが続きました・・・ この地震と航空事故で、不運にもお亡くなりになった方たちのご冥福をお祈りします。

 さて、本校では明日からは型枠科の検定トライアルが始まります。2年生と1年コース生は14日に3級技能検定の実技試験が実施されますので、しっかりと練習して合格できるように頑張ってほしいと思います。
 また、来週は木造の検定と続きます。1月は検定月間ですので練習と本試験とバタバタしますので、何かと忙しい年始となりそうです。(毎年の事ですが・・・)

 2年生と1年コース生は、あと3ヶ月の学生生活ですが、無事に修了できるように、そして今後の将来を見据えて、選択をしていってほしいと思っております。

 現在、令和6年度生を募集中です。戦争や震災などの復興をするのは大工さんの仕事です。技能を習得し社会貢献をするためにも、是非、本校への入校を考えてほしいと思います。

 次回は検定の様子を載せたいと思います。

2023年12月27日 16:13

 はい、今年はブログの更新が滞り、大変申し訳なく思っております。
本校とは別の仕事などが立て込んでいまして、中々更新の機会が設けられませんでした。
 それでも、各種行事などは行われましたので、まとめて掲載いたします。

 まず、入校式までは更新していましたので、その後ですが。5月に新型コロナウイルスが5類に移行して、マスクなどが自由化され生徒たちの日常も以前のように戻ってきました。
 教室のパーテーションなども外し、校歌も歌えるようになりました。それでも、消毒液の設置を維持するなど最低限の感染防止策は現在も行っております。

 さて、2年生は4月から分散実技を再開し、1年コース生も5月の連休明けから分散実技に出ております。また、1年生も9月から分散実技をスタートさせるなど、生徒全員が実際の建築現場にでて、日々、技能の習得に励んできました。

 また、10月には強化遠足訓練を実施し北広島から月寒ジンギスカンまで、約16劼瞭擦里蠅魎以發掘▲粥璽觚紊枠味しいジンギスカンをみんなで食べました。

 そして、11月には訓練生主張発表大会が開催され、2年生と1年コース生の3名が参加しましたが、残念ながら3名とも努力賞となりました・・・

 そして、年が明けて1月には4名とも3級技能士技能検定を受検する予定です。特に2年生は2回目の受検なので絶対に合格してほしいです。

 というわけで、コロナ禍も徐々に落ち着き、以前の日常を取り戻した2023年でしたが、ロシアとウクライナの戦争やガザ地区への空爆など、世界では胸を痛めるニュースが連日、テレビで流れています。
 しかし、戦争が終わったら今度は復興をしなければなりません。建物を建てるのは大工さんの仕事です。特に海外の建築物はコンクリートが多いので、型枠大工さんの力が必要です。

 本校でも、積極的に型枠科への入校を進めております。是非、復興を手助けしたいという方がおられましたら、本校への入校を考えてみてください。技能は若いうちに習得することが、将来の自分の人生を支える「飯を喰う力」となる事でしょう。

 最後になりますが、2024年が皆さまにとって良い年になりますよう祈念しまして、2023年の締めくくりと致します。良いお年を。


分散実技の様子➀


分散実技の様子


強化遠足


主張発表大会


2023年04月27日 17:32

 はい、前回の予告通り入校式の様子です。

 本年度、本校に入校したのは型枠1年コース生の中濱くんと、新設された木造3年コース生の祐川くんの2名です。毎年、徐々に少なくなってきておりますが少数精鋭で頑張っていきたいと思っております。

 入校式では、2年生の辻󠄀くんが歓迎の言葉を読み上げ「いっしょにがんばりましょう!」とエールを送りました。また、入校宣言を祐川くんが代表して宣言し、新入生の2人ともに気合が入った様子でした。

 そして、入校式から3週間が経ち学校にも徐々に慣れてきて、基礎実技を行いました。釘を打ったりノコで切るなどの基本的な事から始めましたが、慣れない作業に戸惑いながらも少しずつできるようになってきて楽しそうにしていましたね。

 これからも色々と覚えなければならない事が山ほどあるので、しっかりと技能を習得していってほしいと思います。

 次回は、2年生の現場での様子を書こうと思います。でわでわ。。。

入校式の様子


基礎実技の様子

2023年04月03日 17:33


 はい、またしても間が空いてしまい申し訳ないです。

 令和5年3月17日に実施されました、修了式の様子とその1週間後に行われた修学旅行について書いていきます。

 まず修了式ですが、今回修了するのは3名となっております。木造、型枠の2年間の訓練をしっかりと終え、社会に羽ばたいていきます。
 本校の修了式は、涙ではなく笑いに包まれるのが通例ですが、コロナ禍という事もあり2年生と1年生が一緒に行動する機会も少なく、また所属事業所が全員違うという事で、なかなかエピソードが無く、シンプルな送辞と答辞になってしまい、あまり笑いが起こらなかったのが残念でした・・・
 それでも、晴れの舞台という事もあり修了生の3名は、良い顔をしていましたね。

 そして、4日後の21日から24日まで昨年と同じく、沖縄県に修学旅行として訪れました。コロナも落ち着きを見せているので昨年よりも人が多いです。マスクも半々といった感じでしょうか。

 フォレストアドベンチャーで、ジップラインとアスレチックを体験したり、美ら海水族館でジンベイザメを見たりなど、生徒たちも楽しそうにしていました。
 また、3回目のワクチン接種証明でもらえる六千円分のクーポンもお土産などに活用できたので、良い記念になったのではないでしょうか。

 ということで、社会人となった3人にまた会える日を楽しみに、今後も頑張っていってほしいと願っております。
 次回は、入校式の様子を紹介します。

 修了式の様子


ジップライン


3人で記念写真

2023年01月07日 10:33

 新年あけましておめでとうございます。
 今年も札幌高等技術専門校をよろしくお願い致します。

 まずは、昨年7月より更新が滞っていまして申し訳ありません。昨年は何かと多忙を極めており更新する機会がありませんでした。本年は、なるべく更新できるように努めていきますので宜しくお願い致します。

 さて、今年も1月は技能検定から始まります。1年生は3級技能士を2年生は本来なら2級技能士を目指していくのですが、現在の2年生3名は残念ながら3級の学科試験を落としてしまい(実技試験は合格)今年も3級の学科を受けます。なので、修了試験である技能照査の実技試験を実施していきます。

 今週は、型枠科の検定トライアル(練習及び模擬試験)が実施されましたのでその様子をご紹介いたします。なお、例年は1月に4日間で実施されるのですが暦の関係上、今年は年末に2日、年明けに2日と分けて開催されました。

 まず、1年生の2人は3級の課題を制作するのですが、練習、模擬試験ともに2時間という時間内で完成させることができませんでした。理由としてあげられるのは、課題の寸法を覚えておらず、墨出しに時間が掛かりすぎているからです。課題自体は、それなりの精度で完成させることが出来ましたので、あとは時間との戦いです。明日が本試験ですので寸法等をしっかりと暗記して、なんとか時間内に完成できるように頑張ってほしいと願っています。

 次に、2年生は技能照査ですが、6日(金)に実技試験を行いました。こちらは時間内に完成させることができ、点数は言えませんがまずまずの出来栄えですので問題ないと思います。
 あとは、3級の学科試験と技能照査の学科試験もありますので、両方の試験に受かるようにしっかりと勉強して挑んでほしいと思います。

 来週は、木造のトライアル及び検定がありますので、その様子をアップしていきたいと思います。

 また、本校の出願も始まっております。新しく木造の3年コースもスタートしました。大工という技能を身につけたいと思っている方は是非、本校に入校して「自分で生きていく力」を手に入れてほしいと願っております。ではでは。。。

3級の練習風景


技能照査の実技試験


トライアル全体の様子

 

2022年07月09日 16:40

 はい、2カ月ぶりとなります。更新が遅れて申し訳ないです。

 さて、1年生の2人は地下実習場で基礎実技を行っております。型枠を建てたりして少しずつですが施工の流れなどが理解できて来たのではないでしょうか。桟木で椅子も作りましたので、建築する事=商品を作るということが分かってくれたのだと思います。

 そして、2日間の特別訓練も行いました。倶知安町にある住宅基礎の現場に入場して、簡単な作業を行いました。時間は短いのですが、初めての現場に緊張しながら作業していました。また、基礎枠の解体も行いましたので、コンクリートが固まったあとの躯体を見ることが出来たのも、大きな経験につながったと思います。

 今後は、9月から本格的に分散実技がスタートしますので、現場での様子も更新していきます。


壁枠建てをする1年生

柱枠の建込み

現場での作業

羊蹄山をバックに記念撮影

1日目昼食は、副校長のおごりで焼肉です!

2022年05月02日 14:56

 はい、GW真っ只中ですが更新いたします。前回の予告通り、入校式の様子をアップします。

 修了式と同様に、原点回帰として入校式も京王プラザホテルにて挙行されました。

 本年度は諸事情あり、木造科の募集が出来ませんでしたので、型枠科の2年コース生2名、1年コース生1名の計3名の入校となります。
 しかも、1年コース生は本校史上初となる女性の型枠科への入校となりますので、例年よりも緊張しますね。
 ただ、現在の建築業界では女性でも働ける体制を整備していっていますので、将来は良い大工さんになれるように頑張っていってほしいと思います。また、余談ですが昨年度の型枠の1級技能検定では女性の大工さんが受検されていました。非常に丁寧な仕事をされており、感心しましたね。

 さて、式の方ですが新入生紹介のあと、歓迎の言葉を在校生代表として2年生の佐藤くんが「一緒に頑張りましょう!」と熱い言葉を投げかけました。
 無事に式典を終了し、引き続き保護者を交えた「歩の会」(PTA会)が別会場にて開催されました。感染対策を徹底し、ソーシャルディスタンスを取りながら昼食会を実施し、本校の教育方針や今後の建築業界の展望などが説明されました。

 こうして、入校式を終えた3名でしたが4月中は毎日学校に来て、基礎学や基礎実技を学んでおります。1年コース生はGW明けから分散実技がスタートしますので、多少心配でもありますがしっかりと技能を学んでいってほしいです。また、2年コース生は実習場での基礎実技が本格的にスタートしますので、こちらも頑張っていってほしいと思います。

 次回以降は、基礎実技の様子や現場での様子も更新していきますので、ご期待ください。でわでわ。。。

緊張した様子の新入生


歓迎の言葉を述べる佐藤くん




歩の会の様子

2022年04月04日 14:07

 はい、新年度がはじまりバタバタしておりますが、修了式と修学旅行の様子を書きます。

 まず、修了式ですが令和4年3月18日(金)に挙行されました。会場は例年ですと本校舎で行われるのですが、本年度は原点回帰ということで京王プラザホテルで行いました。

 修了生は3名と少ないですが、2年間の各課程を修了して巣立っていきます。本校の修了式はここでも例年書いてますが、涙ではなく「笑い」です。また、本校を修了しても技能検定や合宿免許、各種講習など今後も付き合いは長く続いていくので、悲しみはありません。

 さて、修了証書授与や技能照査合格証書授与が終わり、いよいよ特別賞ですが、札幌市長賞を木造の中澤くんが、道能会長表彰を型枠科の川浪くんが、札能会長表彰を同じく木田くんが受賞しました。

 続いて、在校生からの送辞ですが1年生の阿部くんが各先輩たちとの思い出エピソードを述べて、笑いを取りました。返して答辞を2年生の木田くんが述べて、会場は笑いに包まれ、あたたかい雰囲気の中で式は終了しました。

 3人共に技能の道をこれからも突き進んでいってほしいと願っております。


 と、修了式から4日後の3月22日から修学旅行が実施されました。修了式から4日で再会ですから修了したような気がしません・・・笑

 しかも、今回は昨年延期となった分も合わせての実施なので、昨年に修了した生徒もいます。ちょうど21日にまん延防止等重点措置が解除になったので、タイミング的にも良かったと思います。
 しかし、旅行先はさすがに海外(タイ)とはいきませんので、国内の沖縄県にしました。
 また、参加もワクチンの2回接種を条件とし、行くか行かないかも希望制としました。

 そうして、本年度修了生2名と昨年度修了生3名の計5名が参加となり、引率の指導員の先生方を入れて計14名での旅行となりました。※ 昨年の生徒も行き帰りは制服着用だったのですが、1年も経つと制服が小さくパツパツになってました・・・

 さて、沖縄では玉泉洞や美ら海水族館などを見学し、メインであるヤンバルジップラインを楽しみました。あいにく、23日は雨だったのですが、24日はしっかりと晴れてくれて、南国の地を生徒たちも楽しんでいました。

 あっという間の3泊4日でしたが、良い思い出になったと思いますので、実施して本当に良かったです。また、旅行後も体調不良者は全く出ませんでしたので、その点でも無事で良かったです。

 さて、いまだに収束しないコロナ禍での生活ですが、感染対策をしながら少しずつでも学校行事を再開していきたいと思います。
 令和4年度の入校生も3名と少ないですが、少数精鋭が本校の売りでもありますので、次年度も頑張っていきたいと思います。

 次回は、入校式の様子を書いていきますので、ご期待ください。でわでわ。。。


送辞を述べる阿部くん


答辞を述べる木田くん


記念撮影


おきなわワールド


ジップライン


守礼門

2022年03月12日 15:07

 はい、久々の更新です。

 技能検定なども無事に終わり、本校の2年生はあと一週間で修了式を迎えます。振り返れば、この2年間は相変わらずのコロナ禍であり、なかなか行事等が実施できないことが続きました。

 それでも、技能を身につけて社会に巣立っていく3人には「今後も頑張れ!」とエールを送りたいと思います。

 さて、修了式は18日(金)に挙行されます。今回は原点回帰という事で本校舎ではなく、ホテルにて感染対策を取りながら行われます。また、修了式の翌週はコロナのピークアウトが見えてきましたので、希望者のみで国内での修学旅行も実施いたします。本当に、なにもできなかった2年間だけに最後は良い思い出を作ってあげたいです。

 修了式及び修学旅行の様子は次回更新しますので、お楽しみに。でわでわ。

月別アーカイブ
楽天市場