ヒトメタニューモウィルス(2

児童に一部流行っている、聞き慣れないウィルス名で、ギョッとしてました。
健康福祉部・教育部からの説明を総括すると、
夏場に流行ったRSウィルスの症状に似ており、以前ならば「流行性感冒(かぜ)」で済ませていたようです。悪化すると呼吸器に重篤な症状が現れ注意が必要ですが、現在のところ特定疾患として扱いにはなっていない との事です。
お子様が「風邪っぽい・調子が悪い」ようですと、大事をとって(睡眠・栄養)安静にして頂く事のがベストのようです。

私自身、コロナ禍以来、知らないウィルスの名前を聞くとワタワタしてしまいます。今までも多くのウィルスが存在して、人体に影響を及ぼし、殆どが無事治癒していました。
 
不安になる、気にし過ぎる事が一番の病の元でしょうか。