2006年06月23日

奇跡ならず日本1次L敗退 W杯ドイツ大会第14日

【ドルトムント22日共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会第14日は22日、ドルトムントで1次リーグF組最終戦の日本−ブラジルを行い、日本は1−4で逆転負けした。日本は1勝もできず、クロアチアと引き分けた勝ち点1だけで同組最下位となり、2大会連続の決勝トーナメント進出はならなかった。ブラジル戦に1次リーグ突破への望みを懸けていた日本は、不振のFW陣を入れ替え、今大会初先発出場の玉田圭司(名古屋)が前半34分に先制点。しかし、前半終了間際にロナウドに同点ゴールを許した。後半も相手の爆発的な攻撃を抑えることができず4失点。ロナウドは2点を挙げてミュラー(西ドイツ=現ドイツ)の持つW杯通算最多得点記録14に並んだ。ブラジルは優勝した前回大会からの連勝記録を10と伸ばした。F組のもう1試合は、オーストラリアがクロアチアと2−2で引き分けて勝ち点4の2位で初の決勝トーナメント進出。クロアチアは勝ち点2の3位だった。E組では優勝候補のイタリアが2−0でチェコを退け、勝ち点7で1位となり、決勝トーナメント1回戦でオーストラリアと対戦。米国に2−1で競り勝って勝ち点6の2位となった初出場のガーナはブラジルと当たる。【スポーツナビ 23日

◆日本代表 出場メンバー GK:23 川口能活 DF:21 加地亮、19 坪井慶介、22 中澤佑二(cap)、14 三都主アレサンドロ MF:17 稲本潤一、7 中田英寿、8 小笠原満男→6 中田浩二(後半11分)、10 中村俊輔 FW:11 巻誠一郎→9 高原直泰(後半15分)→16 大黒将志(後半21分)、20 玉田圭司 サブ:1 楢崎正剛、12 土肥洋一、2 茂庭照幸、3 駒野友一、5 宮本恒靖、4 遠藤保仁、18 小野伸二、13 柳沢敦

W杯1次リーグ第3戦、サッカー日本代表はブラジル代表と対戦し、1−4の大敗を喫した。この結果、日本代表は1分2敗でグループリーグ敗退。グループFのもう1試合、クロアチア対オーストラリアは2−2の引き分けに終わり、ブラジルが1位、オーストラリアが2位で決勝トーナメント進出を果たした。最低2点差以上の勝利が絶対条件となったこの試合。高原&柳沢の不振2トップから玉田&巻に変えるなど、ジーコ監督は母国との決戦で勝負に出た。前半34分に玉田の得点で先制。この時点では、クロアチアがオーストラリアに1−0でリードしており、もしかしたらグループリーグを突破できるかもという期待も持ったのだが、前半のロスタイムにロナウドに同点ゴールを奪われたことから雰囲気は一変。後半、立て続けに3失点を喫し、残念ながら世界との実力差を痛感させられる試合となった。それにしても、こうして1次リーグでの敗退が決まってしまうと、今大会に次世代の選手を招集しなかったことが悔やまれる。黄金世代として一時代を築いた現代表が去った後の日本代表はどうなってしまうのだろうか。

ドイツW杯 関連記事
2006年06月20日 2006FIFAワールドカップ・グループリーグ結果(2)
2006年06月19日 日本対クロアチア、0−0で引き分け=サッカー日本代表
2006年06月15日 2006FIFAワールドカップ・グループリーグ結果(1)
2006年06月13日 日本、W杯初戦で豪州に1−3で逆転負け
2006年06月10日 独−コスタリカで開幕 W杯、式典に王様ペレも
2005年12月10日 2006年W杯ドイツ大会1次リーグの組み合わせが決定


惨敗情けない…中田初めて泣いた 【スポニチ 6月24日

世界のNAKATAを象徴するシーン。ブラジル代表FWアドリアーノが中田英を慰めた(AP)孤高の天才、日本代表のMF中田英寿(29)が初めて涙を見せた。王者ブラジルに1―4と惨敗し、1次リーグでの敗退が決定。中田は左手親指、右足を痛めながらも前半はボランチ、後半は攻撃的な2列目にポジションを上げ孤軍奮闘した。最後のW杯となるくらいの覚悟で臨んだ大会だったが、ついに“戦う集団”になりきれなかった日本代表に対し、悔し涙が止まらなかった。 【日本1―4ブラジル】中田はピッチの中央で大の字に倒れた。ブラジルの選手と交換したユニホームで顔を覆い、目に涙をためた。主将の宮本が歩み寄ってサポーターへのあいさつを促しても「もう立てないので先に行ってほしい」と伝えた。約10分後にようやく立ち上がりピッチを去ったが、その後も「通路の横でも泣いていたよ。よほど悔しかったのだろう」(川淵キャプテン)。人目もはばからず泣いた。限界だった。試合後の中田は左腕を三角きんでつっていた。左手親指を捻挫し、後半からはテーピングで固めて戦った。異変は右足にも起きた。それでも後半40分、痛みのある右足でシュートを放った。強じんなフィジカルを誇る中田が立てなくなるまで、持てる力を出し切った。「最大限、力を発揮できればこんな結果にはならなかった」と中田は悔しそうに話した。チームのためを思い、鬼に徹した4年間。しった、苦言が周囲に煙たがられ、代表辞退を考えたこともある。それほど日本代表の事を考えてきた。クロアチア戦では不動のボランチ福西が途中交代させられた。実は中田が動きの鈍い福西を代えるようジーコ監督に進言したのだ。持てる力を発揮できない周囲が悔しかった。ドイツへ旅立つ前、中田は三浦知良(横浜FC)に「(ジーコ監督は)世界相手でも日本選手が個の力で何人も抜いて行けると信じている」と誤った認識を抱いていることを打ち明けた。だからこそ「1対1で負けている。個人個人のところを見直した方がいい」とチームメートの姿勢を正すことで、その“誤差”を埋めようとした。しかし、その真意は最後まで伝わらずじまいだった。中田が泣いたのは初めてと関係者は言う。「泣いていた?そんな事ないと思いますが」とうそぶいたのは中田の意地だ。最後と覚悟を決めて臨んだW杯。だが1次リーグ敗退に終わったことに加え、中田を超える存在も現れなかった。代表から引退するかどうかは無言を貫き白紙の状態だ。変わらない日本代表への失望感とともに3度目のW杯を終えた中田は、どこに向かうのだろうか。

nao_2006 at 23:55│Comments(3)TrackBack(7)スポーツ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 楽しませてもらったで!  [ 日本全国・津々浦々 ]   2006年06月24日 19:51
SAMURAI BLUE 健闘 ごくろうさーん! 負けて、そりゃあ、くやしいけど、大きな拍手で迎えようよ。 「おつかれさーん」 楽しませてもらったで!。 それが4年後につながるんだよ。 まずは4年後に期待して!   ??
2. 杞憂で終わって欲しい事実が・・・(゚Д゚)  [ 高橋さんの写真館 ]   2006年06月24日 21:53
ワールドカップの日本の戦いは終わりましたが、次回に向けて、かなり気がかりなことが・・・。それは、日本がオーストラリアに負けたとか、予選に出られなかったレベルじゃないんです。確かに、あのオーストラリアに負けた試合はドーハよりひどかったですが。それよりも、も...
3. サムライブルー、散る…  [ ミステリ通信「みすみす」blog ]   2006年06月24日 22:16
ワールドカップ2006ドイツ大会(一次リーグ:グループF) 日本 1ー4 ブラジル 完敗でした・・・ 玉田選手がシュートを決めた時は、「これは、いけるかも。」と思いましたが、世の中そんなに甘くないですね。 ブラジルは後半、キーパーを替えるぐらいの余裕を見せてい...
4. ワールドカップ14日目  [ 底辺で「おーぼーげー」を叫ぶ ]   2006年06月24日 22:17
本日は日本戦をメインに、他の試合はスルッと簡単にまとめてます。 ■1次リーグ グループF ◇日本 1−4 ブラジル スタメンに玉田と巻を起用!頑張れ2人共!  前半34分(日) 玉田  前半45分(ブ) ロナウド  後半 8分 (ブ) ジュニーニョ  後半14分(ブ...
5. #1277 ドルトムントに涙雨。この瞬間から4年後への戦いが始まった。  [ 続「とっつあん通信」 ]   2006年06月24日 22:19
日本代表。無念であります。。。 前半の玉田選手のゴールの時は 心の底から「奇跡は
6. 王者の壁は崩せず、日本敗退。  [ merseysideに佇んで ]   2006年06月24日 22:27
僅かな可能性を信じて臨んだブラジル戦。が、しかし、王者の壁は高く、崩せるものでは
7. W杯十四日目!イタリア勝利!ニッポン力尽きた・・・そしてありがとう  [ 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! ]   2006年06月25日 21:00
日本代表! 残念・・・・・・・ でも、こちらを読んで下さい!!  日本代表は負けたが、奇跡はこれから起こせばいい〜日本人が取り戻さなければいけないもの〜

この記事へのコメント

1. Posted by あすとろ   2006年06月24日 19:53
TBさせていただきました。
よろしくです。
(=^_^=)
2. Posted by てくっぺ   2006年06月24日 22:04
TBありがとうです。^±^ノ

次の大会はもっと厳しくなりますね。
アジアは決勝進出0のようです。
そのうえ、オーストラリアが来たら・・・。x±x

さらに、日本が弱いマルタに1−0っていうのが大会以上に気になりました。FIFAランキング125位って、ベトナムの1つ上のランクです。
今から手を打たないと次回の予選さえ危ない気がしますね。

それから若い選手がいなかったのも問題ありでした。
後半ほとんどばてばてでした。x±x
90分間、目いっぱい走れる力強い選手で、できれば背の高い選手を数人キボーンですね。^±^
3. Posted by 猫都みずき   2006年06月25日 10:37
トラックバックありがとうございます。

結局、今回のW杯は日本と世界のレベルの差を実感するだけの結果となってしまったような気がします。
アジアでも、韓国との差がついてしまった気もしますね。
あっちは1勝してるけど、こっちは……アレですし(何

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔