December 31, 2008

2008年を振り返る

さて、今年も後3時間ちょっとになりました。

去年はなにしてたんかなーって思って去年まで使ってた手帳を発掘してみたんですが、

その内容がこれです。

□■□■□■□■□

  12月31日

≪今日のノルマ≫
トップレベル漢文総復習
夏期講習東大地理復習
DUO総復習
中国文化史(世界史ノートでざっと)
黒本生物第4問
センター国語本試2003
センター小説対策
英作文添削復習
世界史東西交流史

※テレビは絶対見るな。自分にそんな余裕あんのか?

□■□■□■□■□
            
我ながら、「去年の自分偉いなぁー」って思いましたね(笑)それにくらべ・・・


でも、今年を振り返って感じるのは、非常に充実した1年を送れたことです。

サークル・バイト・授業などなどすべてのことに全力で取り組んできたつもりです。そのせいで忙しすぎて体調崩したりしましたけどね。

あとは色々な人に出会えたことですかね。浪人時代でもそうだし、大学入ってからも男女問わず信頼できる友だちに恵まれました。自分が困ってるときには助けてもらったし、その分自分も自分のできる範囲で返してきたつもりです。そういう意味でgive&takeの良い関係が築けたんじゃないかと勝手に思ったりしてます。

その中で、付き合ったり、別れたり、それを引きずってみたりと必ずしも楽しいことではなかったんですが、それも今考えると良い経験だったのかな〜って。

今年の2,3月までは東京大学を目指して頑張ってきたわけで、結局第2希望の慶應義塾大学に入学したわけですが、自分は慶應での現在の生活に凄く満足しています。もし仮に無条件で東大に編入できるという画期的なシステムができたとしても自信をもって自分は慶應に残ると言えると思います。自分は東大にケチをつけようしてるわけでは全くないし、東大<慶応と言いたいわけではありません。何が言いたいかというと、今現在の慶應での環境が好きということです。(もちろんこれは絶対評価で。)大学で知り合った友人や先輩からは大きな影響を受けたし、授業、特に英語の授業では収穫が多かったです。

自分が日本を発つまであと1か月半となりました。こんなことを書くと大袈裟と思われるかもしれないですが、オーストラリアに行くまでに

「日本とはどんな国なのか?」

「20年間生きてきた自分の人生はどんなだったか?」

についてある程度結論を出しておきたいと思うんですよ。そうすることで、オーストラリアという国や現地の人々をもっと理解できると思います。それらと日本人(=自分)や日本文化との共通点や相違点を見出すことで。

自分自身や日本文化を見つめ直すこと、それを2009年度の当面の目標とします。


長くなりましたが、来年もどうぞよろしくお願いします。


nao_an at 22:35│Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 高坂留菜   January 08, 2009 23:52
5 こんばんわ。
慶應文学部志望の受験生です。
色々ブログからやる気を頂きました。ありがとうございました★
2. Posted by 奈緒   January 09, 2009 19:16
>高坂留菜さん

どうも、はじめまして☆

コメントどうもありがとうございます。完全に自己中ブログと化してますが、自分の経験&考え方が参考になると言って頂けるのであればこれほど嬉しいことはないです♪

受験本番まであと約1ヶ月となりましたが、悔いのないよう最後まで頑張って下さい。
3. Posted by ケンタロー   January 11, 2009 17:48
はじめまして。

初めてブログ見させてもらったんですが、僕もいま浪人で東大文科志望なんすよ。
しかも第二志望は慶應…。笑


いま慶應に進学したことに誇りを感じれるのって,全力で受験勉強して勝ち取った合格だから…ですよね!?


僕もセンター前に原チャで事故って安静中で弱気になってたんですけど、残りわずかなんで全力でやり切ろうと思います。

それでは…。
4. Posted by 奈緒   January 14, 2009 12:51
>ケンタローさん

はじめましてコメントありがとうございます。

自分は入試では常に100%の力を出すことだけを考えていたので、信じられないかもしれませんが、合否はそれほど気にしませんでした大事なのは、入試までは全力でやって、入試が終わったら大学生活を楽しむことを考えることだと思います

いよいよセンター試験ですね。体調に気をつけつつ、ラストスパート頑張って下さい

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数

訪問者数