2006年01月21日

米産牛肉、安全確認まで再び輸入禁止へ

農水省は20日、米国から輸入した牛肉に、脊柱(=背骨)が混じっていた疑いがあると発表した。脊柱はBSE(牛海綿状脳症)の病原体プリオンが蓄積しやすい危険部分で輸入は禁止されている。中川昭一農相は同日、小泉純一郎首相に対し、米国からの牛肉輸入を安全が確認されるまで全面禁止とする意向を伝えた。2年ぶりの輸入再開からわずか1カ月で発覚した輸入条件違反により、日本での米国産牛肉の販売が再び不透明になった。政府は昨年12月、北米産牛肉の輸入再開にあたって、(1)BSEの病原体プリオンが少ない生後20カ月以下の若い牛に限る(2)プリオンが蓄積しやすい脳や脊髄(せきずい)など危険部位を取り除く などの条件を付けていた。今回、混入していた疑いがあるのは脊髄を含む脊柱の部分。農水省は米国が輸出する牛肉に条件違反があった場合は輸入禁止などの措置を取るとしている。危険部位が見つかったことを受けて、再び禁輸措置に踏み切ることを決めた。首相は、中川農相からの報告を受け「厚労省と協力し適切に処理してほしい」と語った。(日経新聞 20日

米農務長官、検査官増員を指示・信頼回復に全力

米国産牛肉から脊柱の混入が見つかった問題で、ジョハンズ米農務長官は20日、「問題を非常に深刻に受け止める」と緊急声明を発表、全米の食肉加工場への検査官増員をただちに指示するなど対策強化を公約した。日本からの信頼回復に全力を挙げる考えで、違反を犯した食肉加工場からの輸出を禁じるとともに、過ちを見逃した農務省検査官も罰する方針を示した。(日経新聞 20日


特定危険部位の図報道によると、背骨が混入していた米国産牛肉は20日午前中、成田空港の動物検疫所でみつかった。米国の畜産業者「アトランティック」が東京都の業者向けに輸出したもので、390キロ(41箱)の牛肉のうち、55キロ(3箱)で混入が確認されたという。米国産牛肉は、米国内でのBSE発生を受けて、2003年12月に輸入を停止し、昨年12月に2年ぶりの輸入再開を決定。12月16日には輸入再開後第1弾の米国産牛肉が成田空港に到着し、今月19日までに1373トンの米国産牛肉が既に輸入されていた。外食産業や小売店の一部で販売が再開され、知らず知らずのうちに米国産牛肉を食べる危険性が高まっていたので、今回の全面禁輸措置は歓迎したい。それにしても、アメリカの検査精度の低さ検査体制の不徹底などは以前から指摘されていたが、日本への輸出再開はアメリカにとっても悲願だったはず。輸出用牛肉の検査には、通常よりも気を使っていると思っていた。しかし、輸入再開から僅か1ヶ月での検査不備発覚とは、なんともお粗末な結果となったものである。アメリカ政府は、このような状態でよく牛肉輸入の対象拡大(生後20カ月以下→30カ月以下)を要請してきたものだと思う。今回の全面禁輸措置は、もしかしたら、アメリカ政府の要求(輸入対象拡大)に対する牽制なのかもしれないが、安全性が確認されたら輸入再開とは云わずに、全面禁輸措置を継続して欲しいものである。

<関連記事>米国産牛肉 12月中に輸入再開か米産牛肉、約2年ぶり輸入解禁へ

nao_kabu at 00:00│Comments(0)TrackBack(21) 注目ニュース |  ・ 食の安全

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 開示注意銘柄  [ 人生は中々だ!! ]   2006年01月21日 00:52
東京証券取引所は20日、ライブドア株とライブドアマーケティング株を「開示注意銘柄」に割り当てると発表した。 ライブドアは4日連続ストップ安で時価総額は4日間で5000億に(グループ含む)半減。 しかし昨日一部、新興が反発したことから今日も続伸と思っていたマザーズ...
2. やはり再度の米国産牛肉輸入停止  [ 時評親爺 ]   2006年01月21日 11:01
20日付産経新聞と同日付毎日新聞が報じている。輸入再開の折に、私自身がブログで記事にしたことはなかったが、20ヶ月以下(全頭検査なし)の牛に限定された輸入条件には、いささか疑問を感じていたのは事実である。果たしてユナイテッド・ブッシュ・オブ・アメリカの業...
3. 米国産牛肉輸入再禁止 ゼーリック来日  [ 一 夢 庵 風 流 日 記 ]   2006年01月21日 13:31
1月20日17:30に中川昭一農水相から、ある発表がされた。米国から輸入された牛肉の中に、目視検査で輸入禁止部位である「脊柱」が41箱中3箱から見つかったとの発表であり、衝撃が走った。これに対し小泉首相は「農水相と厚労相のからの連絡(輸入禁止)を受けた...
4. 米産牛肉輸入停止。それでもポチは再び肉を買う?  [ 新「とっつあん通信」 ]   2006年01月21日 13:50
1 きょう夕方 風邪気味の中川農水相から衝撃の発言が。 先日輸入が解禁されたばかりのアメリカ産牛肉から 本来除去されているはずの 特定危険部位である背骨が混入していたとのこと。 これは「輸入再開」の前提条件を 根本的に揺るがすものですね。 中川大臣はアメリカ....
5. 米国産牛肉、再び禁輸に 成田の検疫で危険部位発見  [ つらつら日暮らし ]   2006年01月21日 14:18
米国産牛肉、再び禁輸に 成田の検疫で危険部位発見 (朝日新聞) - goo ニュース あれれ? この米国産牛肉禁輸措置解除を楽しみにしていた方もおられるでしょうに、非常に残念な結果になってしまったようですね。しかし、せめてルールくらいはしたがってもらわねば困ります{/...
6. BSE問題  [ 共通テーマ ]   2006年01月21日 15:33
未だに原因がよくわからない狂牛病。一方、アメリカ政府の強い要望によりアメリカ産牛肉の輸入解禁がなるも、とたんに危険部位の肉が紛れ込んでいたことが判明、輸入停止。BSE問題につ
7. ニュース拾い読み  [ 俺の話を聴け〜! ]   2006年01月21日 15:36
李登輝氏の入国、問題ない−中国の反発必至麻生太郎外相は、台湾の李登輝前総統が5月に訪日を計画していることについて「引退した李登輝さんはそんなに偉くない。大したことはない。大騒ぎするから話が込み入る」と述べ、李氏の入国は問題ないとの見解を示した。中国政府は李...
8. やっぱり、「アメリカ産の牛肉は食べません」は正解だった  [ 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! ]   2006年01月21日 16:52
政府は20日、米国から輸入された牛肉に牛海綿状脳症(BSE)の病原体がたまりやすい特定危険部位の脊柱が混入しているのを確認したと発表、米国産牛肉の輸入を当面、全面停止することを決めた。 ほらね、だから言ったんですよ。誰が責任を取るんでしょうか?
9. 輸入米国産牛肉に危険部位混入!  [ 素晴らしい日々〜Splendid days ]   2006年01月21日 18:16
ブログランキング参加中*お願い!クリック 輸入米国産牛肉に危険部位混入!というニュースが報じられたよ。  中川農相は20日夕の記者会見で、成田空港に到着した米国産牛肉に、除去が義務づけられている特定危険部位の脊柱(せきちゅう)が混入していたと発表した。...
10. やっぱり・・・米国産輸入牛肉  [ 政治家・兄やんの一言モノ申すブログ ]   2006年01月21日 19:47
米国産輸入牛肉に、BSEの原因となる可能性の高い危険部位である、脊柱(せきちゅう)(背骨)が混入していたことが明らかになり、『やっぱりか・・・』と多くの人が思ったでしょう。 さらに、アメリカ側の担当の検査官らが「(特定危険部位を)除去する必要があることを....
11. 危険部位混入であっさり全面停止  [ 真夜中の国語辞典blog版ぞーぷす ]   2006年01月21日 20:42
ブツ切りになった肉の目視で見つかるくらいですから、よほど残ってたんでしょうね。問題にしたいのはマスコミの報道姿勢です。また、「牛丼」の連呼になってます。「お預け」だの「残念」だの、マスコミのみなさんはどこへミスリードしていんでしょうね。いい加減にして...
12. 米国牛 再度輸入禁止へ  [ ざわとーく ]   2006年01月21日 21:51
農水省は20日、米国から輸入した牛肉に、脊柱(せきちゅう=背骨)が混じっていたと発表した。脊柱はBSE(牛海綿状脳症)の病原体プリオンが蓄積しやすい危険部位で輸入は禁止されている。政府は米国産牛肉の安全性が確認できないとして、同日付で米国からの牛肉の輸入を...
13. ■米牛肉輸入、緊急停止問題  [ コレバナ〜知ったか! 裏ヨミニュース〜 ]   2006年01月21日 22:18
日本に輸出された米牛肉から、除去することが義務付けられている特定危険部位の脊柱が見つかったことに関して、米農務長官が検査の不備を認めた。言わんこっちゃない。アメリカは高ピーに出すぎなんだよ。日本の言うことをなかなか認めなくて。日本が求めた通りに(全頭検査....
14. 米国産牛輸入の陰謀論  [ 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部 ]   2006年01月22日 01:14
それ、見たことか。 これまで、ずっと当ブログで警告を発してきたアメリカ牛の輸入再
15. 官房長官、米に抗議へ・牛肉危険部位混入で(日経:2006年1月21日)  [ へんじゃぱサンデー ]   2006年01月22日 10:42
<記事内容> 安倍晋三官房長官は21日、山口県下関市のホテルで記者会見し、米国産輸入牛肉にBSE(牛海綿状脳症)の危険部位が混入していた問題について「誠に遺憾だ。二度と起こらないよう米国にしっかりと(安全を)担保してもらいたい」と述べ、原因究明と再発防止を...
16. アメリカ産牛肉の輸入停止によって、週明け東証ストップの危機  [ 政治家・兄やんの一言モノ申すブログ ]   2006年01月22日 12:34
あんまりマスコミ始動の言葉を使いたくはないのだが、いわゆるライブドアショックで東証の取引が停止したが、これについて、東証の取引停止はマスコミのせいという記事を書いた。 そして、やっぱり・・・米国産輸入牛肉でも書いたように、アメリカ産牛肉の輸入停止に伴って....
17. 吉野家の牛丼がまた遠ざかる・・・  [ MAC'S GADGET ]   2006年01月22日 13:50
すったもんだの挙句輸入再開した米国産牛肉、危険部位である脊柱が混入していたことが発覚、また輸入禁止となりそうです。 あぁ、これでまた当分、吉野家の牛丼が食べられなくなってしまった・・・ それにしても、素人目にも判る脊柱付の牛肉が混ざるなんて、品質管理....
18. 社説【米国産牛肉 BSEを疑う前にメディアを疑え】  [ opinion ]   2006年01月22日 15:53
【前書き】  見付かりましたか・・・。米政府、果ては牛丼フリークまで悲しいお知らせになりましたね。今回は、米国産牛肉について「これだけは言わせて!!」。 読売新聞(2005年6??
19. 今回の米国牛肉脊柱(せきちゅう)(背骨)の混入問題をどう見るか。  [ 雑談日記(徒然なるままに、。) ]   2006年01月23日 07:00
米国査察をとりやめ 米国牛肉の再禁輸で農水、厚労省 2006年01月21日18
20. 米国産牛肉問題に見る日本の食糧事情の危険性  [ ヤクルト狂の独り言 ]   2006年01月23日 15:23
今回、狂牛病問題から一時停止していた米国産牛肉の輸入を再開したとたんに危険部位を含む肉が輸入されていたことが判明した。 現在の日本の食糧自給率は40%である。 はっきり言って輸入に頼らないと日本人は生活を営めないということになる。 このような背景から日本....
21. 米国産牛肉問題  [ 今日、考えたこと ]   2006年01月24日 03:27
 吉野家のウェブサイトには、1月23日の未明の段階で、まだ「米国産牛肉は徹底した衛生管理がされているので、・・・安全であり、安心して食べることができる、という主旨のページが残っている。。 http://www.yoshinoya-dc.com/safety/check_usa.html

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔