液晶座談会

ブログ

2007年11月

終了風

あー、やっと終りました。ミックス。
あとはマスタリングを残すのみ。
とても濃い日々でした。
今回は、初めて同じメンバーでほとんどの曲を録音しました。
バンドでのライブを見た事がある方はメンバーの面々はご存じですよね。
見た事ない方のために少し紹介しましょう。
まず、ギター担当・小宮山 聖(ザ・カスタネッツ)。強烈なフレーズとテクニックをもつ男。
期待以上過ぎる返答が常にかえってくる度量は、どんな経験からか。謎に満ちた男なり。
さて、次はベース担当・湯浅 崇(Indgo cage airlines)。
冷静なのか、いい加減なのか、楽しんでるのか、心ここにあらずなのか、一見何を考えているか分からぬ男だがいつも皆を助ける。
だが、謎には満ちぬ男なり。

最後に、ドラム担当・奥村 純(occurpoo)
独特な感性とこだわりとツボは、筋が通り過ぎて、揺らぐ事あり。そこが匂いとなり、妙な魅力を放つ男。
謎が謎を呼び、謎を楽しむ男なり。

皆、基本的にとても歌心があり、演奏していて楽し過ぎるのです。特に今回のCDは、何年もライブでやってきた経験+αが豊富に入っています。
何年も創り続けたい人達と創った物は何にせよ素晴らしい。

今日生きてる証を聞いて欲しいです。

では、また。

(松崎ナオ)

うたい手、つくり手

ニューアルバムのレコーディング真っ最中のスタジオの様子です。



うたい手であり、つくり手である松崎ナオは

やっぱり、うたったり、つくったりしているときが一番楽しそうですね。

いや、楽しいとか、そういうレベルではないかも・・・。



151








152








153








154










ある曲のコーラスを録音しているのですが

いや、しようとしているのですが、

ある方の動きが独特すぎて、みんな笑いすぎて歌えません、

という連続写真です。

愛すべき小宮山聖、その人。





さて、レコーディングも終わり、現在ミキシングの最中です。

来年早々に発売予定、ご期待ください!

(はやし)

何が起こっているんだろう

数々の殺人事件に対して思う。何が起こっているんだろうと。
どんな感覚なんだろうと。
殺してやりたいほど憎い人は正直いる。
が、結局その人すらいなくなったらつまらないと思うし、その人から学ぶ事が沢山あったりする。
だから、会って良かったまでは思えなくても良かったと思う。思えなそうでも思うようにする。
その人にすら感謝できたら自分の人生が丸儲けだ。とてもハッピー。
親兄弟、友、恋人など、とても身近な人を死に至らしめる人間は何をそこまで切羽詰まったのか。
時代のせいとか言うけど、結局は皆が悪いんだろう。
私も悪いんだ。
世の中、皆で作るから面白いんだ。
だから、ささやかなアルバムを必死で創ってます。
完成間近だから待っといて。
希望になりたい。と今日は思う。


(松崎ナオ)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ