2012年03月26日

陰性で4年以上経過!

先日、半年に一度で、通院中の診察に行ったところ、もう4年以上経過しているので、再燃のリスクは、0.1%以下です、とのことでした。
著効例の遺伝子タイプを、研究のため、調べたいので、同意書に署名してほしいと言われ、署名してきました。  
Posted by naohirafujii at 00:44Comments(0)TrackBack(0)

2008年12月05日

11月も「検出せず」をキープ

訪問して下さった皆様、あまり更新できていません。
すみませんでした。
11月も「検出せず」でした。
カタカナ表記の「ケンsツセズ」から、漢字表記の「検出せず」
になってました。  
Posted by naohirafujii at 21:47Comments(0)TrackBack(0)

2008年09月15日

8月のタックマン法も検出せず

5か月ぶりに主治医の先生の診察に行ってきました。
HbA1cが6.8、空腹時血糖が、126でHマーク。
中性脂肪や、コレステロールは、基準値内に収まる。
肝がんの腫瘍マーカーも問題なし。
次回の診察は、来年1月とのこと。  
Posted by naohirafujii at 00:53Comments(0)TrackBack(0)肝臓

医師の診療衣もクールビズ?

更新さぼっていました。見に来ていただいた皆様申し訳ありません。
先日他の診療科に次のような内容の掲示がありました。
「医師の診療衣の軽装化に取り組んでいます。毎日クリーニングしており、
清潔なものです。 衛生面でも問題ありません。 この件で、なにかありましたら、
もよりの看護師にお申し付けください。」
で、診察室の医師は、作務衣のようなものを着ておられました。
「医師の診療衣=白衣」の常識も変化してきているのかもしれません。
  
Posted by naohirafujii at 00:44Comments(0)TrackBack(0)

2008年07月13日

タックマン法でも「検出せず」

主治医の先生のところは、まだ、診察がないので、
近くの小さな病院で検査をしてもらう。
タックマン法は、ご存じなかったようなので、
ネットから資料をプリントアウトして持って行きました。
いままでの定性検査よりも少ないウイルス量でも拾うのでと言って
お願いしてみました。こころよく快諾して下さり、
その結果「検出せず」となりました。  
Posted by naohirafujii at 23:23Comments(2)TrackBack(0)