2011年09月10日

1年ぶりの更新

いやー、久しぶりの更新です。
前回の更新は昨年の10月。たばこの値上げの記事で、
やめようか迷っているって書いてますねえ。

で、まだ迷ってます。(爆)

でも最近、乾いた咳が続いたり、ゴルフのラウンド中息切れや動悸がしたりして
そろそろ年貢の納め時かと思っているこの頃です。

この1年間、僕の周りではいろんな事がありました。

今年の2月は、弟が4月にある市会議員選に立候補すると言い出し、
家族親族が総出で選挙運動しました。

弟は、参議院議員の公設第一秘書をしてましたから選挙は慣れているものの僕たち家族はまったくの素人です。公示日以降は連日個人演説会の設営から、司会、時には応援弁士とフル回転で頑張りました。
その甲斐もあって当選することが出来たので、一安心ですが4年後また頑張らねばなりません。

また、プライベートでも一つ問題が進行中ですが、これはまたいずれ書こうと思います。

あっ、それと僕のベジタリアンまだ続いています。もう2年半肉食べてません。
会社の飲み会や結婚式。出てくるメインディッシュはすべて人にあげました。

それと、もう一つ。ゴルフは念願のシングルになりましたよ。
現在のハンデキャップは8.0。
あんなにシングルになりたかったのに全然達成感がありません。
もっとうまくなりたいという気持ちは変わらない。
人間の欲望はきりがないですね。

とりあえず、近況報告でした。


2010年10月03日

やめるべきか、やめざるべきか、それが問題だ。

img118とうとう、10月になりました。
ご承知のとおり、たばこが値上がりしました。

今回の値上げは大幅で、僕の吸っている銘柄ラーク エキストラマイルド3mgで300円が410円と110円の値上げです。

1日1箱吸ったとして値上げ分だけで年間40150円。実際の費用は14万9650円です。これを安いと思うか高いと思うかは人それぞれでしょうが、これを契機に禁煙する人が増えるでしょうね。

会社のKさんは、なんと40カートン(400箱)も買いだめしたそうです。(笑)
なんという強固な意志には驚きですが賞味期限は10ヶ月ですから、湿気たりしないんですかねえ。まあ、本人は41000円の得をしたと思っているでしょうが。

この値上げ問題は、そもそも国民の健康増進のために1箱1000円ぐらいという話しが、いつのまにか、それじゃあ財源不足になるからと1箱400円台という中途半端な値段になったみたいです。これも財務官僚の巻き返しですかね。

で、肝心の僕ですが、

このまま吸い続けて財務官僚の思うつぼになるのか、はたまた禁煙して健康増進するのか。



まだ迷っています。(笑)


2010年09月23日

カミさん帰る。

赤レンガ倉庫

カミさんは21日に関東から帰ってきました。
17日から4泊5日の滞在でした。向こうでは息子や娘の家族たちが集まって柴又や築地や横浜を散策したりと、ずいぶん楽しい時間を過ごしたようです。(写真は赤れんが倉庫前の広場での涼誠と聡太です。)

その間の僕は、ハピがくっついて離れないし、「お母さんはどこ?。」とクーンクーン泣くので家中ハピをだっこしてカミさんがいないのを分からせてから寝かせつけたりしてました。

食事は、カミさんがおかずを作り置きして冷凍してたのでそれを母が出してくれましたが、連日、朝6時にハピが吠えて起こすのでドッグフードを食べさせ散歩させてから朝食。そして、出勤する日は出勤の準備とあわただしい毎日でした。当然、ゴルフの練習は一度も行かず家にはりついていました。

たかがペットと人は笑うかも知れませんが、僕にとっては大切な家族。
僕のあぐらに入りこんでヒザの上にあごを乗せて、安心して寝むるハピの鼓動や暖かみは人間と少しも変わらないのです。僕を必要としているこの姿に僕は応えたい。

カミさんが帰ってきた21日の夕方は、会社から直接駅まで迎えに行き家に帰りました。
ハピの喜び様は、それはそれは大変でカミさんに飛びついていつまでもペロペロと顔を舐めていました。




2010年09月17日

カミさん上京する。

先週の運動会は、なんとか町内の期待に沿えました。

年代別リレーの予選を1位通過することが出来ましたが、
午後になって雨が降り出し結局中止になりました。
ヒザの痛みで練習不足の割りには結構足が前に出て走れました。

例によって打ち上げでは中止もどこ吹く風の盛り上がり。(笑)
さんざん足が速いとおだてられ、また来年も頼むと言われましたが、
来年はもっと若い50才になりたての人を選ぶよう言いました。

ところが昨日、町の体育専門委員会で10月にある「久留米オリンピック」
選手に選ばれたので出て欲しいと委員さんから依頼があり、結局承諾しました。
よって、またトレーニング再開です。(笑)

さて、今日からカミさんが関東の子供達のところへ遊びに行きまして、今晩は独り寝です。
本来なら羽が伸ばせるチャンスなのに例によってハピの世話(寝る前の散歩)があります。
夕方早く帰宅しおふくろと夕食。ハピは「お母さんがいないよう。」と目で訴えています。

カミさんは21日に帰りますが、ハピがいるので僕が遊び回る心配はないし
関東で子供や孫達に囲まれて充分羽を伸ばすことでしょう。

チクショウーー。(涙)

2010年09月11日

近況報告

9月も中旬に入りやっと朝晩はだいぶ涼しくなったものの日中は依然として暑い日が続いています。

ここの所の近況は、恒例となった11月にある工場を地域住民の皆さまに開放して実施されるイベントの実行委員会を招集したり、3件続いた工場見学者の案内と相変わらず通常の仕事以外にも忙しい毎日が続いています。

ゴルフの方は、8日に久留米市民ゴルフに出場しましたが、運動会の練習でゴルフの練習を控えていたせいかスコアは89と辛うじて80台を守るというパットしない結果でした。先日の記事で「一皮むけた」なんて大口叩きましたがどうやらむけかけた皮が戻ったみたいです。(笑)

そして、9日には、KさんかOさんかずいぶん悩みましたが、やっと僕なりの結論を出し投票を郵送しました。やっぱりOさんの主張には「大風呂敷」の匂いがあり、先の代表戦でKさんがTさんに勝ったばかりの総理になる前から「K内閣は選挙管理内閣だ。」と側近が言っていたことと「Kさんが官僚に取り込まれたから立候補した。」ということには矛盾があるように感じました。

つまり、Oさんは昨年代表を引いたのはほとぼりが冷めたらまた返り咲いて総理になろうとする戦略で、代表選挙に勝つために実現性を無視した大風呂敷を広げているだけのような気がするのです。何事も非難する側と実行する側では実行する側が悩みが多く曖昧に見えます。
それともう一つ、ネットにはびこるO信者みたいなブログが多すぎるのが気にくわない。小泉みたいなネット工作の匂いを感じます。

さて、今日は11日。いよいよ明日は地域の運動会で年齢別リレーのアンカー50代で走ります。今年も付け焼き刃のトレーニングで臨みますが、走り込みを始めると左膝に痛みを覚えました。どうやら最近ゴルフスイングで左サイドの壁とボディターンを強く意識し過ぎた練習をしていたせいかも知れません。そこで2週間はゴルフの練習や走り込みを中止して湿布をしていたので走り込みは1週間しか出来ませんでした。

カミさんからは、「惜しまれているうちに引くのが花道よ。転んで笑われてもいいの。」と言われていますが、役員さんから頼まれたら断れない性分は治りそうにありません。(涙)






2010年08月31日

涼誠、悠新がやってきた。

IMG_1389 いやー、今年の夏はとびきり暑いですね。
みなさん夏バテしてませんか。

僕の方は、いたって元気で楽しい夏でした。
8月22日から26日にかけて息子夫婦が孫の涼誠と悠新を連れてやってきました。悠新は生後2ヶ月になりふっくらしていました。

涼誠の方は、かなり言葉がはっきりしてきて充分会話が成り立ちます。


水族館
23日の月曜日にお宮参りを済ませ海の中道海浜公園にある水族館マリンワールドに行きました。

マリンワールドは行ったことなかったのですが、水槽も大きくてイルカやアシカのショーがあって大人も楽しめました。
中には勘違いカップルが水槽の前のソファーでいちゃついたりしてますが、薄暗くて涼しいデートスポットかも知れません。




IMG_1338















水族館の帰りにラーメン屋で久しぶりにとんこつラーメンを食べました。とんこつですから肉断ちのルールに反しますがこんな機会はめったにないし、まあいいでしょう。(笑)

ラーメン屋












息子の一家は千葉に帰りましたが、いまだに孫との楽しい体験が余韻となって幸せな気分が続いています。

幸せと言えば、最近のゴルフ絶好調です。(笑)
22日に待望の70台のスコア、78が出まして、29日には81とこれまた好スコア。なんか一皮むけちゃったようです。

ウヒョヒョーー。








2010年07月18日

ゲゲゲな毎日送ってます。(笑)

08pic


















 会社の昼休みは社員の休憩室に置いてあるテレビが伝統的にNHKしかつけないので、好むと好まざるにかかわらず連ドラが僕の目に入ってきます。
で、いつのまにかドラマに引き込まれてつづきが気になったりしますが、今やってる「ゲゲゲの女房」は僕の中では久々の大当たりです。

と言っても、視聴率も衛星放送で何回もやってるのに20%を超えているところを見ると僕だけじゃなく世間でも大ヒットしてますが。(笑)

最初は見てなかったカミさんも今では毎日録画して1日に何回も見るほどのゲゲゲ信者(笑)で、僕も帰宅してもう一度録画を見て感激するシーンではハタ目を気にせず思いっきり泣いてます。(爆)

で、このドラマの何が受けるのでしょうか。
要素としては、懐かしい昭和が舞台であることや、けなげで一生懸命なヒロインの布美枝が夫を信じて尽くす様が共感を呼ぶこと、大杉蓮、風間杜夫、竹下景子らの脇をかためる役者が揃っていることなどがあるでしょう。

しかし、夫婦共働きで男女同権が叫ばれる昨今にあって、夫唱婦随の典型的亭主関白と言っていい夫婦の姿は、僕等の世代では当たり前でも若い人達にとっては違和感はないのでしょうか。

家業を助けながら嫁ぎそびれた布美枝は親の命ずるまま見合いから5日後には結婚。そして嫁いだ先の夫の家は見事なあばら屋、生活は困窮を極め生まれた子供のミルク代のために質屋通いなんて、今の自由な恋愛を謳歌して豊かな生活が当たり前の若い世代には悲惨すぎます。

こうしてみると時代の遺物みたいな設定ですが、
このドラマが受ける本当の理由は、親が子を思う気持ちや夫婦愛、そして与えられた場所で頑張るという一途な生き方じゃないでしょうか。これらは人類共通の普遍性を持ったテーマです。

実は、カミさんが原案本の「ゲゲゲの女房」を購入しまして。(爆)

その本のあとがきに著者の武良布枝さんがこう書いています。

 「終わりよければ、すべてよし」なのです。
 なんだかいまは、「家庭環境」、「結婚」、「就職」など、人生の入り口でどれだけ幸運をつかむかで、その後のすべてが決まってしまうかのように思いこんでしまう人が多いと聞きます。
 人生の入り口での状態は、といえば、水木も私も、お世辞にも、幸運だったとはいえないでしょう。

(中略)

人生は入り口で決まるのではなく、選んだ道で「どう生きていくか」なんだろうと、私は思います。

(引用終わり)



さすが人生の先輩のおっしゃることは奥が深いです。
ほとんどの人は不十分な環境と不十分な才能で生かされます。その中で自分なりの折り合いをつけながら頑張って生きようとします。

僕や皆さんの人生も「終わりよければすべてよし」であることを祈ります。


2010年06月27日

三人目の孫が出来ました。

またまた更新さぼってました。

6月初めから24日まで娘のユミが聡太を連れて長期帰省してました。
連日、帰ったら聡太と遊んだりしてました。

そして6月10日の夜に弘樹の次男、
つまり3人目の孫ちゃんが誕生するというビッグニュースが飛び込んできました。
悠新2













さっそく週末に熊本の産院まで会いに行きました。

おーー、凛々しい!!

「さすがワシの孫じゃ〜」(笑)


naoki7001 at 22:27|この記事のURLComments(16)TrackBack(0)家族 

2010年04月14日

夢を叶える三角形




夢を叶える三角形という今日のタイトル。

さあて何だろうと思われたあなた、今日のこのブログ訪問しただけで三文の徳になること請け合いです。

一昨日の月曜日の夜。NHKの「こころの遺伝子」という番組を見ました。
ゲストにアンジェラ・アキが出演すると聞いていたからです。

以前「手紙・・・拝啓15の君へ」に感動して、この歌はいいとブログに書いた数ヶ月後本当にヒットして嬉しくなったことがありました。

心の遺伝子








それ以来、アンジェラ・アキのファンになりましたが、この番組では、その生い立ちからシンガー・ソング・ライターとして成功した過程とその陰に彼女の背中を押したひとつの言葉があったことを紹介しています。


彼女は少女時代にハーフだと言われ続けコンプレックスを抱いて育った徳島を出てワシントンDCへ移り住み。そこで大学を出て会社勤めを25才までしたそうです。
昼は会社で仕事、夜はバーで歌いながら音楽の道を探る毎日。当然睡眠は3時間しかとれず、歌手の夢をあきらめようかと思い始めた頃、その言葉に出会いました。

彼女が歌っているバーに、たまたま訪れた会社の上司は彼女の歌と才能に驚き、翌日彼女にこう言いました。

Take a chance on you. (自分に賭けてみなさい。)

そして、自分の夢を叶えるための「三角形の目標設定」を教えました。
三角形の目標設定















この図のような三角形を書き、夢を叶えるために10年後の長期目標、5年後の中期目標、2年後の短期目標をイメージして具体的に書き込むのだそうです。10年という期間は必ずしも決まったものではなく人によっては増減することもあるでしょう。

この三角形を意識するだけで夢の達成する確率は10倍になり、常に書いて張り出すと更に確率は上がるそうです。

そして一番大事なポイントはこの三角形の頂点に今日なすべきこと。つまり To Do List があることです。

日々のなすべきことは、長期目標の延長上にある。たえず目標を意識しながら日々の仕事をリスト化し優先順位をつける。

実際にアンジェラ・アキさんはデビューも決まっていない時から

「3年後に武道館でライブをやる。」
という目標を書いて張り出していたそうで、
もちろん、そのための努力をたくさんしたのでしょうが、

なんと本当に3年後にその夢を実現したそうです。




人生は長いようで短い。夢はいつしか諦めとなり人生を終える人が大多数でしょう。

今日やることを後まわしにして、いや、やるべきことさえ分からず平々凡々と暮らしてきた僕。(笑)

今日、新入社員の工場研修が終わり、この話しをしました。
みんな目を輝かせてメモっていました。

僕も55才まだまだ死ぬには早い。

夢を叶える三角形書いてみようかな。





2010年04月07日

気分一新の4月

4月に入り桜はすでに半分ほど散っていますが、世間では新年度。

新入社員に人事異動と気分が改まる季節です。

僕が勤める会社は5月が年度替わりですが、新人は本社で入社式と簡単な研修を済ませ、今日から工場での研修が始まります。

毎年、研修の生産部編の講師を担当していますので、今年はどんな新人が入ってきたのか楽しみです。

あと4月といえばドコモのスマートフォンXperiaが新発売されましたが、早速買いました。先週の土曜日に買ったばかりなので、まだまだ機能を熟知してませんが、なんとか電話やメールといくつかのアプリは使い始めました。

今までの携帯とまったく違って携帯とPCの中間みたいな感じです。日本語入力もPCのキーボード配列でタッチしていくんですが、これがとなりのキーに指が触れて誤変換したりとなかなか苦戦しています。(笑)

でも画面が広くてネットを閲覧するのは携帯より数段上で、仕事の合間にブログする輩が増えそうですな。(てゆうか僕が一番やりそうですが。 笑)

ところで、先日、上司から話しがあり、

どうやら5月から部長に昇進するみたいです。

こんな僕が部長をやっていいんでしょうか。

責任の重さに身が引き締まる思いと今まで通りのあくなき改善を目指す気持ちが交錯してどうも落ち着かない今日この頃です。



2010年03月29日

米寿の祝い


米寿2


昨日、母の米寿祝いをしました。
久留米では一番由緒ある、その昔、昭和天皇が泊まったこともある翠香園ホテルで行いました。ここにはいとこが勤めていることもあって子供達の結婚式もやったホテルです。

僕や姉、弟の家族が集まり総勢16人でした。

この日は、朝から町内会と共同墓地の総会をこなし、米寿祝いは午後5時30分からでしたが、みんなよそ行きの正装でホテルに集まって来る中、弟だけはカジュアルな格好で来ました。
彼は国会議員の公設第一秘書で、毎日スーツを着て朝から晩まで飛び回っています。だから休みの日はカジュアルじゃないとストレスが溜まるという男です。(笑)

米寿1


会場となった部屋は大きな窓から中庭が見える小宴会用でちょうど良い広さでした。

僕の家系はけっして裕福でもないし、夫を43才で亡くし姑である祖母に仕え、女手ひとつで僕達3人の子供を育て上げた母は貧乏性です。

だからこそ、米寿の祝いはこの豪華なホテルでやりたかった。普段は憎まれ口を言い合って感謝の言葉なんてとても恥ずかしくて言えない僕のせめてもの罪滅ぼしでした。

母は部屋に入るなりあまりに立派な部屋なのにビックリした様子で、しかも並べられたテーブルの中央の席に尻込みして座ろうとしませんでした。(笑)

ここに勤めるいとこは子供時代僕達と同居していましたので、花束を準備してくれていました。
花束贈呈のあと、母は生まれて初めてだと思いますが、返礼のスピーチを
し始めました。

「こんなりっぱな米寿祝いをしてもらって・・・これも父ちゃんの分まで長生きできたおかげ・・・」後は涙で言葉になりませんでした。
僕も思わずもらい泣きです。

みんなでハッピバースデイを歌っての誕生ケーキのロウソク消し、それに関東に住むユミからの祝電披露といった式次第に続いて食事会がつつがなく進んでいきました。

式が終わると僕の家に集まり二次会です。皆がリビングに集まっている間にサプライズプレゼントの地デジ対応液晶テレビを母の部屋にセットして母を呼びました。
米寿3

母は孫から贈られた座椅子だけがプレゼントだと思っていたので、テレビを見るなりすっとんきょうな声を出して驚きました。

でも前々から欲しかったらしくとても喜んでくれました。

こうして母の米寿祝いは終わりましたが、まだまだ元気な母にはもっともっと長生きしてもらいたいものです。


naoki7001 at 23:16|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)家族 

2010年03月21日

米寿のプレゼント

3月に入り我が家裏の桜も3分咲き。
でも、気候は猫の目、ころころ変わる今日この頃です。

先日、17日は東京出張でした。日帰り出張初体験でした。
朝早くの便で東京へ行き、夕方までみっちりセミナーを受講して

夜10時半に帰宅していつものように自分のベッドに眠る。
でも、なんか変な感覚で神経が高ぶって寝付きが悪い。

寝付きが悪い中でつらつら考えるに、
人間も含めて動物には位置センサーがあるんじゃないでしょうか。

ある地点から別の地点に移動した時これだけの距離移動したと体が反応する。
そして、気温や気圧、磁場の変動などの環境に体をアジャストしながら生体活動をする。
それがやっとアジャストしようとしているところで
飛行機という想定外の速さでまた移動して戻ってくる。

これじゃ、センサーから言わせれば
「ええかげんにせい。」(笑)です。

まあ、国会議員やタレントならこんなこと日常茶飯事で慣れているんでしょうがね。

話しは変わって、この3月に母は数えで88才。米寿を迎えます。
本人は大げさなことしなくていいと言っていますが、
ここは、サプライズなんですが、、久留米では由緒あるホテルの1室を借りて米寿祝いをやろうと計画中です。

ユミの発案で6人いる孫一同のプレゼントは回転式の座椅子を購入しました。
BlogPaint

米寿祝いは28日に行いますが、プレゼントは一時でも早く使って欲しいので先に渡しました。

そして、僕達子供一同からのプレゼントは地デジ対応のハイビジョンテレビを贈ろうと思っています。
こちらは、ネットで昨日注文しました。
母の部屋は26インチで充分ですが、ネットで買うと5万円弱と大型電器店より2万円は安いみたいです。

米寿といっても相変わらず母は元気です。毎日の散歩も欠かしませんし、まだ自分の体力を過信しています。
先日も街中まで車で送っていった際、交差点で渋滞している車から降りて、
横断歩道を走って渡って行きましたからね。(笑)

もちろん後でこっぴどく叱りました。でも母は一向にこたえませんけどね。


2010年02月17日

いわゆる小沢事件を考える。

 またもや更新が滞りました。GMP認定更新申請という3年に一度の大仕事があったのも一因ですが、ここ数ヶ月、政治資金規正法がらみの報道が氾濫しそれに比例するような鳩山政権の支持率低下が僕の心をかき乱していました。

 なぜ検察は政治的影響が大きいにもかかわらず記載ミスという形式犯を起訴逮捕したのか?また、なぜマスコミは針小棒大に連日報道するのか?政権交代から5ヶ月、いくら「ハネムーン期間」を過ぎたにしてもひど過ぎます。

この間、僕なりに考えたことを書いてみようと思います。関心のない方はスルーして下さい。

 

 

◎おまえが言うな自民党

 1月15日に民主党小沢幹事長の元秘書石川議員ら3人が「政治資金規正法(虚偽記載)」という今までなら指摘・書き替えで済んでいたような微罪で逮捕までされるという事件が発生し、自民党は声高に石川議員の辞職や小沢幹事長の退任を要求している。「政治資金で不動産を買うべきでない」と言いながら自民党の町村議員もちゃっかりそれをやっていることが判明した。

今まで長きにわたって政権与党であった自民党の企業献金は2007年で29億円、民主党はわずか8000万円だ。「道路族のドン」がいる私の地元でも自民党は選挙のたびに「○○先生のおかげで地元の公共事業が増えました。」と連呼する。利益誘導型政治の権化が自民党であったし、土建業者の政治家へのキックバックは必須要件という噂だ。それは国政から市政まで一貫している。50年以上続けた「政・官・業トライアングル」は膨大な無駄遣いや汚職を産み財政赤字の累計は800兆を越える。こんな自民党、叩けばホコリだらけなのは容易に想像がつくのになぜ検察は民主を狙うのか。

 

     批判の品格がないマスコミ

一方のマスコミも、検察しか知り得ない情報を次々に報道し不動産購入原資があたかも賄賂のごとく書きたてる。つい先日まで足利冤罪事件で検察を批判していたが自分たちが菅谷さんに与えた報道被害への謝罪は一言もない。この事件や以前あった松本サリン事件から「推定無罪の原則」がいかに大事か学んだのではなかったのか。

さんざん「天の声」で東北地方の談合を仕切ったみたいな事まで書いて、出た結果は不起訴である。不起訴であっても証拠不十分の「黒に近い灰色」とまで書く始末である。こうなると裁判で無罪となっても時すでに遅し、マスコミによる報道被害つまり社会的制裁の目的は達成される。

政権交代直後は好意的だったマスコミがなぜ豹変したのか?私は頭を悩ませた。事業仕分けで思うような財源を見つけられず予算規模が膨らんだことが機嫌を損ねたのか?普天間基地移設問題のごたごたが日米問題に発展すると思ったのか?マスコミは財政規律を求めたかと思えばマニフェストを破るのかと噛みつく。100年に一度の不況に対して「景気戦略がない」「二番底が来るぞ」と突っ込みを入れる一方で、95兆円に膨らんだ予算案は国債発行が多すぎると言う。

これらは、頭脳明晰なマスコミの方々ならとっくに分かっているはずである。たった3ヶ月で予算の仕分けを全部やるのは不可能なこと。100年に一度の大不況だからこそ二番底を防ぐためには来年度の予算規模を縮めてはいけないこと。対米隷属を脱却するためには今までの約束を反故にするくらいの蛮勇が必要なことを。

それでもなぜ民主党を叩くのか。この疑問にひとつだけぴったりと一致する解答がある。それは「小沢が憎い。小沢を失脚させたい」のである。

 

ネットでは陰謀説が氾濫

しかし、ネットでは検察そのものがCIAと結託した組織で、小泉政権時代に任命された検察幹部が政権交代により既得権益が損なわれることを恐れて暴走していると断ずる記事が氾濫している。そして、大手マスコミは「記者クラブ」の出入り禁止を恐れて検察のリークを垂れ流していると言う。

岸信介元総理やロッキード事件の右翼フィクサーであった児玉誉士夫はCIAのエージェントだったし、児玉と中曽根や読売のナベツネが繋がっていたことは周知の事実であり、過去に逮捕された政治家は親中派の田中角栄はじめ経世会ばかりで親米派の清和会には一切いないこと。そして昨年の西松事件は郵政民営化の問題点の象徴である「かんぽの宿疑惑」のさなかであり郵政の巨大マネーを狙っていたアメリカそしてブッシュのポチだった小泉には不都合であったことからも、これらの説もあながち捨てたものではない。

 

     マスコミに求められるものとは

しかし、これらの説は右翼左翼を問わず必ず出てくる陰謀説である。ものごとを定義づけることによって思考を図式化する。こうすると答えを導き出すのは簡単であるが同時に定義づけすることによって思考停止に陥る。

現在、インターネットで自由な情報が手に入る、大手マスコミが書かない事実がツイッターで判明することもある。しかし、ネットは便利な反面、玉石混合だ。まるで巨大な井戸端会議である。真実もあればデマもある。だからこそマスコミは真摯に報道と向き合うべきだ。

検察にも善良な正義は今でもあると信じたいしマスコミの記者編集者すべてが検察の言いなりになるとは思いたくない。だたひとつ言えることは、マスコミは国家権力への批判を忘れてはいけないが、今やマスコミこそ世論を操作できる巨大権力を持っているということだ。

政治家は選挙で替えられるがマスコミや検察・官僚は国民の手で替えられない。自分たちの「正義」を振りかざす前にもう一度考えて欲しい、それは本当に正しいのか。大局を観ているのか。

 明治維新以来、初めて起こった選挙による政権交代はいわば「無血革命」である。長年積もった日本の垢を大掃除しようという大事な時に、たった数ヶ月で元の木阿弥にしてしまっていいのか考えて欲しい。
あなた達のペンは武器より強いのだから。



 

参考記事

http://diamond.jp/series/uesugi/10113/

  http://ameblo.jp/aratakyo/entry-10455238322.html

  http://www.egawashoko.com/c006/000316.html

  http://ameblo.jp/aratakyo/entry-10440748487.html#main



naoki7001 at 01:13|この記事のURLComments(10)TrackBack(0)政治 

2010年01月09日

鬼夜

鬼夜














                       
昨日、7日は久留米市にある大善寺玉垂宮で  日本三大火祭りと言われる「鬼夜」が行われました。祭りの由来は仁徳天皇の時代、368年の1月7日に玉垂命(たまたれのみこと)が勅命により、当地を荒らしていた桜桃沈輪(ゆすらちんりん)を闇夜に松明を照らして探し出し、討ち取った首を焼いたのが始まりとされています。

三大・・・・とかいうと、そんなの日本中あちこちで三大なんとか言ってるし嘘っぽいと思われるかも知れませんが、この祭りの起源は1600年前という圧倒的古さで国の無形重要文化財に指定されていること、そして、ご覧のように大たいまつの大きさも直径1m長さ13m重さ1.2トンという最大級ですからこの三大火祭りは正解です。十数年前コカ・コーラのCMにも使われて知名度が上がりました。

僕も若い頃、このブログにコメントをくれる三身一体君に誘われてこの祭りにたぶん10年以上参加したと思います。

このたいまつに火がつくまではとても寒いんですが、適度な御神酒と気合でやってる側は意外と寒くないんですよ。若衆が樫の木の棒で支えながら境内をたいまつが周回する様はすごい迫力ですよ。

2010年01月03日

謹賀新年・・・こいつぁー春から縁起がいい・・・

3羽のヒナ
















2010年も明けました。

昨日の元旦はゴルフの初練習の後、家で兄弟達が集まりました。

そして今日は明子さんと涼誠は熊本の実家に帰って行きました。聡太は少し風邪気味ですがたいしたことはなさそうです。

ハピはここ数日聡太や涼誠に主役の座を奪われストレスが溜まっていたのか今朝から胃の中のものを戻したりしています。

ユミ達が外出していた昼頃、僕は聡太をだっこしてあやしていました。ハピは羨ましそうに僕を見上げていましたが、突然「カリッ、カリッ」と何かを噛むような音をさせています。

また、僕のライターを噛んでいたずらしているなと思い、あわててハピの口に指を突っ込んでそれを取り出しました。



「あーーーーーっ」

















出てきた梅干しの種



















なんと飲み込んだ南高梅干しの種を約1ヶ月ぶりに出しているじゃぁありませんか。

1ヶ月も胃の中に有りながらぜんぜん消化されずご覧の通り原形を保ったままでした。

「良かったなあハピ〜。」

あれからハピの体重が落ちぎみで正月が明けたら医者に相談に行こうと考えていただけに、
嬉しくて嬉しくてたまりません。

吐き出すか、ウンチと一緒に出るか、腸に詰まって手術するか、

3つの可能性の中で最もリスクが少ない最高の結果となりました。

僕の心にずっとトゲのように引っ掛かっていた心配ごとが正月早々解決されて、
2010年もいい年になるような予感です。