[ベースライン] ブログ村キーワード

にほんブログ村 音楽ブログ ベースへ←人気のベースブログを見る

ベースレッスン都内各スタジオでできます
_______________________

「いよいよ大詰めの1999年。そして帰国へ」

99’春セメスターの授業は以下のとおり

★THE MUSIC OF MILES DAVIS
★RHYTHM SECTION & VOCAL ENSEMBLES
★CONTEMPORARY SMALL ENSEMBLES
★5 & 6 STRING ELECTRIC BASS CHORD LAB
★BASIC SLAP TECHNIQUE
★LATIN BASS LINES
★JOHN COLTRANE BASS LINES
★JAZZ MASTERS OF THE BASS
★PRIVATE INSTRUCTION 7 - BASS
★RECITAL PREPARATION 3
19990116-2
Okemo Mountain Resort はバーモント州にあるスキー場。雰囲気や楽しみ方は日本と何も変わらなかった。それほど遊んでる暇はないのだが、シーズン中気分転換に2回は行った。
19990316
3月の休みにNYへ行った。エンパイア・ステート・ビルの展望台から。まだワルードトレードセンターのツインタワーがある。その後まさかあの大きなビルがあんなことになるなど、誰も思ってはいなかっただろう。
19990321-1
19990321-2
150 Mass Ave. の校舎の地下には確か3つは本格的なレコーディングスタジオがあった。Berkleeに来て驚いたのはこれらの設備とそこで動いている生徒達かもしれない。例えば作曲や編曲科の生徒が宿題を完成させるにはミュージシャンが必要なので、このスタジオに各楽器の生徒が呼ばれ作品を仕上げていく。私もちょくちょく呼ばれて行くのだが、右の時計は2時35分くらいを指している。これは昼ではなく夜中なのだ。
学校から歩いて5分の距離に住んでいてよかった(笑)と思った。ここでは毎日沢山の生徒がプロジェクトを完成させるために朝まで作業していた。その皆のパワーは本当に素晴らしい。
19990508-4
19990508-2
卒業式は5月。まだ授業は残っているが今年に順調に単位を取り終えればOKなので、出席せよとの連絡が来た。ここまで来るのに長いようで短いような、なんとも不思議な感覚だがとても嬉しかった。

99’ 夏セメスターの授業は以下のとおり

★ADVANCED HARMONIC CONCEPTS
★ELEMENTARY DOUBLE BASS LAB
★BASIC SLAP TECHNIQUE 2
★PRIVATE INSTRUCTION 8 - BASS
★RECITAL PREPARATION 4

実質これを終わればほぼ単位は取れてしまうので授業は少なめだが、卒業のためのプロジェクトとリサイタルがあるので、十分時間をとる必要があった。リサイタルは自分のリーダーバンドを組み学内でコンサートを行う。曲はカバーでなくオリジナル曲を用意し、リハーサルを重ね完成度を高めなければいけない。

卒業プロジェクトは自分の研究を教授2人の前で発表しなければいけない。まぁこれが演奏と違って自分にとって大きな悩みの種だった果たして2時間も持つのか、大丈夫なのか、、?が、ここは自分が日本人ということの強み、海外では知ることができない我らが日本人ベーシストを研究して発表したらこれがウケた!当時米国では日本の音楽シーンやミュージシャン情報などは皆無で手に入れる術もない。だから日本にも素晴らしいベーシストがいることを是非知って欲しかった。
資料を作り音を聴かせ、実際に演奏もしてみせたら逆に興味を持ってくれたのだ。教授は「このような内容の発表ははじめてだ」と喜んでくれた。その日は嬉しい感情よりやり終えて本当にホッとしたのが正直なところだった。
199909XX
9月に父と母が遊びに来た。英語がわからない、と本人達がとにかく心配していたが無事に着いてよかった。父にとっては最後の海外旅行となってしまったが、後々母から聞いた話では「よい旅」だったようで本当によかったと思う。

さて、残りはほんの数単位だ。重要な授業は夏で無事終えることができたので、最後の秋セメスターはゆるめに過ごすことができた。

99' 秋セメスターの授業は以下のとおり

★YELLOWJACKET ENSEMBLES
★FINGER STYLE R&B/FUSION LAB
★FUNK/FUSION STYLES FOR BASS
★BASS IN THE FREE IMPROVISATION IDIOM
1999XXX
ブラジル人ミュージシャンとの交流も増えていった。中央はLupa Santiago. 彼とはよくセッションをした。
1999某日ギグ
週末はダウンタウンのレストランで演奏仕事なども。日本のお店ももっと生バンドが入るといいなぁと思う。だってやっぱり生演奏はイイよね?
2000帰国前夜
99' 秋セメスターも終了。これで本当におしまいかと思うと寂しい気持ちで一杯だ。が、10代のあの日思い描いた目標を1つ達成することができた。そして休みに入り年が明け、、、2000年の2月にいよいよ帰国することになった。帰国前日は日本人の友達が集まってくれて、出発は早朝だったがそのまま空港まで見送りに来てくれた人もいた。留学したての頃はとにかく何もわからず困ったことも多かったし、書ききれないこともたくさんあったけれど、やはり一番頼りになったのは同じ国の皆だった。素直に感謝しています、どうもありがとう。

さて、お送りしてきた音楽留学体験記も12回目の今回でおしまいです。大雑把に大体のことしか書きませんでしたが、これから留学をしようと思っている人に何か1つでも参考になれば嬉しいですね。


_________________________________著書比較表New
電書版も好評です!
電書版は下のリンクからどうぞ

iOS版  ☆Kindle版

メルマガ購読・解除