ベルギー・オランダ

2009年08月10日

オランダ4

オランダといえばミッフィー
これはチョコレート

brugge to Amsterdam 167











リリアン?

brugge to Amsterdam 112
















わにの顔を
brugge to Amsterdam 198















水に浮かべるとこんな感じ。
brugge to Amsterdam 199























マリファナの種(持って帰ったら捕まる)

brugge to Amsterdam 206

















オランダは自転車社会。
子供用の箱がついている。
brugge to Amsterdam 216
















おばちゃんがべスパに乗っていた。オシャレ。

brugge to Amsterdam 223
















運河に住む人々

brugge to Amsterdam 234
















トゥクトゥク

DSC_0932















チーズ

IMG_2992

naokodua at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月09日

オランダ3

朝早く起きて、アンネ・フランクの家に行く。
開館15分前に到着したらもう10人くらい並んでいた。
すごいね、やっぱりみんな来るんだなと。

ジャムのペクチンを作る工場が1階にあって、その上での生活。従業員は彼らが隠れていることを知らないから日中はなるべく動かず、トイレにも行かず。とても狭く、暗い部屋にずーっと隠れていたのかと思うとぞっとする。結局密告され、家族がバラバラに収容所に入れられてしまい、終戦になってみたら生き残っていたのはお父さんだけ。日記やら彼女の写真やらいろいろ見ていたらどんどん悲しくなってきて涙が止まらず。

早朝から重い気分になって、次は蚤の市なんだけどなととぼとぼ歩いていたら、どこかのブログで見かけたおいしいパンケーキ屋さん発見!そして食べてみたらとってもおいしくて救われた。気分の切り替えができて、よかった。

オランダのパンケーキってクレープの厚いのみたい。
IMG_2987













伝統的なオランダパンケーキはこういうの。
IMG_2986
















そのまま歩いて計量所の前に出る蚤の市へ。イラストを描いているおじいさんがいて、とてもかわいいカードを売っていたので購入。それ以外はあまりいいものはなく。

レッドゾーン(売春宿通り)を通って王立美術館へ向かうことに。まだ午前中だったからまさか女の人がいるとは思わなかったのに、いきなり窓のところにお姉さんがなまめかしい様相でこちらを見ていてびっくりしたー。しかもその通りはちょっと普通のお姉さんではなく、かなりどぎついドラッグクイーンのような・・けばいだけなのか・・ジロジロ見ることができなかったのでなんだかよくわからなかったけど、派手な人が多い通りだった。他の通りは普通のお姉さんが誘惑するような視線を投げかけてきて逆にほっとした。

王立美術館についたら行列!!アンネ・フランクだけが混んでると思ったら王立美術館もかー・・2009年末までリノベーション中で、別館のみのオープンだから狭いので仕方がない。でも有名どころはちゃんとあるので、見やすかった。
こちらも日本語オーディオガイドがあってわかりやすい。

夕飯はまたもインドネシア料理。
今回オランダ料理をきちんと食べてないから次回また行きたい。

ベルギーよりオランダのほうがごちゃごちゃしてて私好みみたいなので、
また訪れたいです。


naokodua at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月08日

オランダ2

8月8日

夜は若者で溢れてたけど、朝は静かでとってもいい!あれだけ若者がうじゃうじゃしてたら通りも汚くなりそうなものなのに、そうでもない。すっきりとした朝。
brugge to Amsterdam 094
















蚤の市まで歩く途中、アンネ・フランクの家を通るので、もしすいていたら先に見ていこうと思ったのに、9時半の時点でかなりの行列。ガイドブックにもいろんなブログにもとにかく並ぶと書いてあったので、明日の朝一番で来ることにする。

そのまま歩いていくとノールデルマルクト広場の市場。
野菜、パン、チーズ、お花のお店が出ているグリーンマーケットのよう。
その中にちらほらとアンティークを売っているお店がある。

brugge to Amsterdam 162

















歩いて次の目的地へ向かう途中にダム広場があり、ここで3オン3ならぬ4オン4サッカー大会が開催されていた。なぜかタイトルが「Homeless cup」キーパーがいるから4人になる感じ。キーパーはゴール前に描かれた半円から出てはいけないみたい。ボールの扱い方も、浮かせたりしてなかなか見てる方も楽しい。

brugge to Amsterdam 185
















テクテク歩いたらお腹がすいてきた。横道を見たらフライドポテト屋さんがあるので買ってみる。うまい。今までで食べた中で一番おいしかった。ポテトもおいしいわ、ソースもおいしい。ベルギー名物じゃなかったのか?日本の雑誌の切り抜きがあったから有名なのかも。おいしかった。

brugge to Amsterdam 192
























そのまま歩いて行くと、今度はハーリングの屋台を発見。ホットドックみたいなパンにはさんでもらって、玉ねぎとピクルスでいただく。結構生っぽくてびっくりした。でもトロットロで美味でした。

brugge to Amsterdam 196















そのすぐそばに男性用の公衆トイレがあった。丸見えの。そこまで大っぴらなのかオランダ。

brugge to Amsterdam 194


















シンゲルの花市へ。やっぱり時期じゃないから球根だらけ。想像したのとちょっと違う。

brugge to Amsterdam 200
















そこからインドネシア料理店を探して歩いたら、行きたかったお店はやっておらず、、、残念。。。そのまま歩いてワーテルロー広場へ。ここも市場が広がっており、ここでは健太郎がなんちゃってアンティークな感じの目覚まし時計を?10で買っていた。後で使えないことが判明するんだけど。
コーヒーブレイクをしたところがチェーン店で他にもみかけたコーヒーショップだけど、とってもおしゃれ。
オーガニックスーパーもあり、とってもきれいでいけてる。ここでパンとチーズと生ハムを買って帰る。あとハイビスカスドリンク。うまい。
ここから私が行きたかったお店(朝は開いていなかった)に向かってひたすら歩く。
やっと辿り着いたら期待が高すぎて買うものがなかった・・・がっかり。
そこから頑張って屋内アンティーク市ローイエルに向かう。ここで朝もお昼もちゃんと食べてないので電池切れ。

今日のサッカーの試合は健太郎一人で行ってきてもらうことにして、私はホテルでお留守番。扇風機にあたりながらお昼寝。
日記を書いてたら健太郎から電話あり。チケットゲットできずと!!
開幕戦だからソールドアウトになってたらしい。健太郎のメインイベントだったのに、かわいそう。何が楽しみってサッカーだけだったのに。悲しいからスタジアムの横のバーでビール飲んでくるってさ。

帰ってきてから近くのインドネシアレストランに食べに行く。
ランチのみのはずのNasi ramesが夜もやってるというのでそれを注文。健太郎はBamiで、私はNasiで。なかなかおいしい、インドネシアの味。

IMG_2971
















おしゃれエリアにあるので店員がみなオランダ人おじいさんで蝶ネクタイをしている。食べに来ている人はオランダ人。観光客も多いけど、地元の若者っぽい4人組は手慣れた感じで注文しており、びっくり。インドネシア料理の浸透度がうかがえる。




naokodua at 23:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年08月07日

ベルギー6・オランダ1

鐘楼に上るために朝早く出る。
階段がせまいのでこれは混んでたら相当めんどくさいので、
朝一で行ってよかったかも。
でもあいにくの霧雨であまりよく景色が見えなかった。

brugge to Amsterdam 021

















途中で教会があり、素敵な音楽と歌声が聞こえたので入ってみると、
結婚式のリハーサルをしていた。
素敵だった〜。

brugge to Amsterdam 038























ランチを食べて、オランダに行くために電車に乗る。
ベルギー最後のフリスクをキオスクで購入。

アントワープで乗り換え。
brugge to Amsterdam 048






















アントワープからアムステルダムまでがまたぎゅうぎゅうで最悪。
電車の旅も意外と大変・・・。
でかいスーツケースを持っていってはだめだね。

アムステルダムについたら若者だらけでびっくり。
ベルギーはおじいさんおばあさんが楽しいところだったのかも。
若者の活気にびっくり。

ホテルが4つ星のはずなのに、館内狭いわ、エアコンないわ、夜お湯が出ないわで最悪。

着いた日が金曜日で、金曜日はゴッホ美術館が夜10時までやってるというので、急いで見に行った。
日本語のオーディオガイドがあったので、とってもわかりやすく、
閉館ぎりぎりまでいたけど、時間が足りないくらい。
夜はコロッケの自販機があるお店でコロッケ買って、デリでビール買って部屋で食べる。

途中、コーヒーショップの前を通ったらマリファナの匂いがぷ〜〜ん。
怪しい感じ。

夜のアムステルダムは怪しげだった。


naokodua at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月06日

ベルギー5

8月6日

朝がんばって起きて自転車を借りに行く。

Brugge 140






















自転車レンタルしたけど、
とりあえず運河クルーズに乗ってしまおうということで、
乗ってみた。
船頭さんは4ヶ国語でガイド!
フランス語、オランダ語、ドイツ語、英語で説明してた。

Brugge 146














Brugge 158














Brugge 174














Brugge 193














Brugge 228
















チャリンコレンタル最高。
気持ちがいい!

Brugge 251















お腹がすいたのでワッフルを食べる。
ここのワッフルは二人で目を見合わせるほど、おいしかった。
さっくさく。
ベルギーワッフルは二通りあって、
砂糖がかかっているしっとりタイプと、
中がふわっふわで外がカリッとしたタイプがある。
それぞれ名前があったんだけど忘れました。
これは後者ね。
ケンタロがチョコレートソースを、私が生クリームを頼んで、
混ぜて食べたら最高。

Belgium canon 104

















ワッフル食べたんだけど、ランチも豪華に一つ星のお店に。
Kooktheaterというこじんまりした女性オーナーのお店。
私はこの旅行でここが1番!

おいしかったーーーーーーーー!

小さい前菜3種。
Belgium canon 109












Belgium canon 110












Belgium canon 111














Belgium canon 112













Belgium canon 113













Belgium canon 117













Belgium canon 119













Belgium canon 122

















Belgium canon 123

















Belgium canon 124













なんだろう、ひとつひとつを見たらそんなにすごいものがあるわけでもないんだけど、いちいち凝ってて、しかもそれがちゃんとうまくいってる感じで、素晴らしかった。

風車が川沿いにあったので見に行く。
中も入ることができました。
Brugge 283
















運河沿いを走ってチョコレートを買いに。

Brugge 297
















昨日ブリュッセル中央駅であった夫妻に再びチョコレート屋でバッタリ。
今回は一緒にお茶をしてゆっくりお話。
旅先で知り合いに会うとなんだかほっとしますよね。
離れがたく思いながらも記念撮影をして(閉店後のチョコレート屋の前で)
別れる。

チョコレートをホテルに置きに行ってから自転車を返しに行く。

ここでもまたレース屋さんに行ってはまる。。
ベルギーのレースはボビンレースというもので、下の写真みたいに作業するらしいです。
お店のおじさんが親切で、聞けば色々教えてくれるので面白かったです。
そうそう、ベルギーは英語が普通に通じます。
アメリカ在住の私たちよりはるかに発音もよく、上手。
フランス語圏なのに何故。
ブルージュはオランダ語圏だったかな?
オランダなんか普通に英語。
生まれながらのバイリンガル?なんであんなに上手なんでしょう。
うらやましい。

閑話休題

レースを買うならブリュッセルよりブルージュがお得な気がします。
種類ももっとたくさんあるし。
厳密に言うと、レースもブリュッセルスタイルとブルージュスタイルがあって、
私はブルージュスタイルの方が繊細な感じがして好き。
だからブルージュでも懲りずに買ってしまったというわけ。

Belgium canon 087























アンティークレースなんかも飾ってあって、、素敵。

Belgium canon 131
















ベルギー最後の夜はやっぱりムール貝で。
カレー味もあっておいしかったけど、野菜がモリモリ入ったマリナーラが
やっぱり好きかな。
香菜もたっぷり入って美味でございます。

Belgium canon 133


















帰りにぷらぷら歩きながら運河沿いを歩く。
運河に映る、ライトアップされた建物がきれいでした。

Belgium canon 142




















ベルギーで会った猫はみんな人間と同じように道で普通にすれ違う。
逃げたりしません。
猫が住みやすそうな街でした。
人間みたいに運河沿いで夜風を楽しむ猫がいて、優雅でした。

Belgium canon 146

naokodua at 22:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年08月05日

ベルギー4

8月5日

午前中に中央駅に行ってブルージュ行きのチケットを買うために並ぶ。
ここは常に混んでいてチケットを買うのに時間がかかる。
チケットの自販機もないし。

ここで今日到着したというNYでの知り合いを発見!
こんなところで知り合いに会うとは!

電車はぎゅうぎゅう。
1時間変な姿勢で立ってたから死にそうだった。
グロッキーになりながらもブルージュに到着。
ホテルに向かう。
このホテルもシャンデリアがついていてラブリー。

Brugge 123





















市内散策に出かける。
小じんまりした街で、観光客もいっぱいいてなんだか軽井沢のよう。

この階段屋根が有名らしい。

Brugge 113
















Brugge 057






















Brugge 072






















犬のしつけがいいのにびっくり。まあおとなしい。

Brugge 111
















雨が降ってきたのでホテルに戻って昼寝して夕飯を食べに行く。
ここのはまずかったー。びっくりした。




naokodua at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月04日

ベルギー3

8月4日

中央駅に行き、明日のブルージュ行きをちょっと確認。そこから公園を抜けて王宮に行くとまだ開館していなかったので、パレ・デ・ボザール(アールヌーボー建築)に行ってみるが中も改装中。部分的にしか見られず。併設のミュージアムショップで時間を潰す。

その後、王宮に行って中を見学。豪華絢爛。
シャンデリアだらけ。

ランチをしにBij den Boer cafe restaurantに行く。
テラスはないが店内は雰囲気も良く、店員さんもいい感じ。
マッセルおいしかったー!

Belgium canon 054

















そしてやっぱりコーヒーが違う。
それぞれお盆に載せてくれるし(これは結構どこでもそうでした)。
このミルク入れがかわいくて。

Belgium canon 059














隣の食器屋さんを見てからオルタ邸に行く。
アールヌーボーの絵はあまり好きではなかったけど、建築は素敵!
曲線がいい感じに落ち着く。
そこでもらったマップをもとに、周辺にあるアールヌーボー様式の家を見て回る。

(オルタ邸は室内撮影禁止)

Belgium 247




















途中、チョコレート屋さんで休憩。いろいろ食べて元気回復。
意外と夜が寒かったので、Zaraでジャケット購入。

地下鉄に乗って帰り、フランソワーズで食べる。本日2度目のマッセルも美味!!
魚も美味。ソースがねえおいしかったねえ。

Belgium canon 066













Belgium canon 068













Belgium canon 065























今日は食事メインで動いてたな。
とにかくおいしいムール貝を求めてさまよってました。

ちなみに、ムール貝は今シーズンじゃないらしい。
それでもNYで食べるより全然おいしいからOKってことで。


ベルギーでの日本の浸透度の低さが見えた瞬間。
日本食レストラン「どぞ新と里 Dozo Shintori」
しかも右に小さく「懐石」って書いてある。嘘だー。

Belgium 291





naokodua at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月03日

ベルギー2

8月3日

朝から蚤の市へ行く。結局午前中をつぶしてしまう。
コースターセット、水差し、ボウルを買う。ホテルに戻って荷物を置く。

Belgium 151





















ランチをLa Manifacturに行ってとる。
ランチプリフィックス19ユーロでおいしかった。鞄工場跡地で有名なのに、天気がいいからテラスで食べてしまい、レストランの中を見るのを忘れた。


Belgium canon 024













Belgium canon 025













Belgium canon 026














全部おいしかった。
デザートのフォンダンショコラもアメリカではもう飽き飽きなのに、
ベルギーで食べたらおいしい。
やっぱりベルギーチョコだねぇ。
季節のフルーツも添えられてるところがまたうれしい。

その後行ったチョコレート博物館がしょぼくてがっかり。
レース博物館も・・・?

でもレースなんか興味なかったのに、
意外と安くてかわいいのがたくさんあって、お店から離れられず。

今回の旅行の誤算はただ一つ。
行ってみたかったレストランの多くが夏季休業中(1ヶ月とかそれ以上とるのね・・・)
だったこと。

夜も行った店が閉まっててがっかり。
仕方がないからガイドブックに載ってるグランプラスにあるお店へ。

まあでもこんなバリバリ観光チックなのもいいかもね。
テラス席だったので気持ちよかったし。
しかしここは日本人多かったなー。

ベルギーでは結構日本人観光客が多かった気がする。
やっぱりチョコレート効果?



naokodua at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)