なおんど制作日記

膠絵師 福元なおんどの制作と日常を綴ります

尖展

本日から尖展始まりました。

IMG_5368


改装前の京都市美術館での展示は今年が最後になります。

招待作家も今回5人と賑やかです。

招待作家の1人アントアヌ君は、私が推薦したパリ在住のアーティスト。
彼の作品を日本で紹介したいという思いがようやく実現しました。

私は初の巻物での展示です。

会期は22日まで是非お越しください。

IMG_20160516_170608


2016

新年が明けてはや1週間。あっという間ですね。
昨年はご縁に恵まれた年でした。

今年はそのご縁を作家活動を通じて大切にする年にしたいと思います。

IMG_20160103_133056


描き初めは猿ではなく梟(不苦労)。

初めて描きましたが、面白いモチーフです。

IMG_20160103_164956


おみくじは「半凶」。初めて引きました。

秋の展示

自分でもほとほと呆れてしまいますが、更新をすっかりさぼってまして事前告知もせぬまま今月展示した2つの展覧会のことを書きます。

IMG_20151012_164909

先ずは、京都三条河原町のギャラリー北野で開催された「今現代の春画」展。
昨年行ったジパン具展での春画をテーマとした展示の続編のような企画展。
永青文庫での「春画展」に時期を合わせて、福井 安紀氏を発起人として久安 敬三氏、藤岡 雅人氏、そして福元なおんど+ゲスト女性作家というラインナップで作品を展示しました。
私は、去年の作品2点と新作の小品2点を加えた展示。
Facebookページも福井さんが作成してくださり、その繋がりもあって色々な層の方にお越しいただけました。

IMG_20151016_150618IMG_20151016_162516

もうひとつの展示は大阪市中央公会堂で開催されたUNKNOWN/ASIA。
こちらは、1ブース借りて出展しました。
2年前、別の東京のイベントでブース出展した時は、来客の少なさに落胆しましたが今回期待以上にひとも集まり、賑やかなイベントになりました。
反省点としては、見せ方の工夫。
通常の個展と違い、派手な他のアーティストのブースに押されて自身の作品が埋没しないようにいかに来客の目線をこちらに誘導できるかということ。
今回は残念ながら、直接今後に繋がる話はなかったのですが、とてもいい刺激になりました。
こういうイベントに参加すると、もう一回り以上も下の若い作家の魅力のある作品に出会う機会が多くなりました。気づけば私も来年で40・・・・。ここいらもう1踏ん張りしないとと気の引き締まる思いです。

そして、来月いよいよ恒例のジパン具の展示が京都であります。
今回のテーマは墨。まさに私が取り組んでいるとてつもなく難しく魅力的なこの画材を使った作品を発表します。
墨運動の元会長さんや墨に精通した日本画家さんを招いた講演などイベントも開催します。
なんだかんだでもう1ヶ月を切りました。
よい作品を展示出来るよう頑張ります。 



今後の展示予定



2016年 5月17日(火)〜5月22日(日)
京都市美術館



尖 版画展

2016年 6月11日(土)〜5月26日(日)
ギャラリー神楽岡(京都)

Archives
Categories
  • ライブドアブログ