トップページ » 第2・3候補

第2・3候補

でんでんむしのかなしみ「でんでんむしのかなしみ」
新美南吉・文 鈴木靖将・絵
日本画家さんの綺麗な絵です。
これが小学6年生に考えてる第2候補。
写真は、クリックしてもらうと少し大きくなります


おもいだしてごらん「おもいだしてごらん」
小学生18人の詩歌に、いもとようこが挿絵♪
「10分で読める物語 6年生」
国語の先生が選んだ13篇の物語です
作品の主題をつかむ読み方をできるように
という意図もあっての選択らしいですよ。

おならをしたかかさま「おならをしたかかさま」
これは面白い話じゃなくて、民話形式の幼児向け
横柄な父親に島流しにされた母親は身篭っていた。
「たいふうがくる」
前に読んだんですけどね〜その時は読み聞かせに
考えてなかったのですが、時期ですからねーー
第3候補ですね、フフフ・・・どれにするかなぁ〜!?

トラックバックURL
コメント
1. Posted by auntkokko   2012年06月23日 19:51
わかさんのブログに来ると
純真なココロ(もともとないかも\(●o○;)/)カムバックって思う

でんでんむしのかなしみの絵 綺麗ですね
おもいだしてごらん…読みたいような、ないようなo(*^▽^*)oあはっ♪

2. Posted by わか   2012年06月23日 22:11
kokkoさん

今日のコメントを読んで気付いたかも・・・
絵本作家さんが凄い純真な心で描き書いてるのです。
文章をひねくり回してる小説から比べたら凄いのです。

私自身の気持ちが洗われていくのが判ります。

今日はルリユールおじさんを読んで、最後に近いところで
あまりの感動に、言葉が詰まったのさ。
12歳児のお子様に、感動を送ってやるぜー待ってろよ!
(・・・チョッと硬派でやってみた)
 
3. Posted by 七海   2012年06月24日 06:44
おっはようさん!

きのう、わたしはリズム塾を楽しんでました。
音楽は楽譜が始まりではなく、
どんな想いを伝えたいか・・・投げて、つかむ。
新鮮でした。

読み聞かせもおんなじかも。
わかさんの読み聞かせ、私もつかみたいな!
4. Posted by わか   2012年06月24日 17:42
七海さん

ト・ト・ダン、ト・ト・ダン
あのフラメンコのリズムは心が躍りますね。
ダンサーの足踏みに手拍子、ギターの伴奏♪
スーっと入って行き、心奪われます!

絵本を読む時に、ぶっつけ本番でやらされたら案外上手くいく
緊張感が耳をダンボにし、空気を肌で感じています。
でも終わった時にはボロボロになってる(笑)
だから読み込んでからやるようにしてるのだ。。。

今年は9月から12月まで病院の小児科が当番。
私の絵本を読み聞かせの原点がそこに在ります。
 
5. Posted by イケ面   2016年06月19日 15:58
振れペンって色付きもあるの
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星