バッテリー 特別編 (初回生産限定版) (あさのあつこ書き下ろし小説付)バッテリー 特別編 (初回生産限定版) (あさのあつこ書き下ろし小説付)
林遣都 滝田洋二郎

角川エンタテインメント 2007-09-07
売り上げランキング : 12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
知名度の高い洋画を観てもあんまり感動しない今日この頃ですが,逆に邦画の名作に感動させられてます。

最近観た邦画の中では「旅の贈りもの 0:00発」「椿山課長の七日間 デラックス版」が私の中ではかなりのmyヒット作品ですが,この「バッテリー」もめっちゃ良かった!

基本的にスポ根モノは苦手なので,ジャケット写真を見た時はてっきりその系列の作品だと思って・・”これ・・どうかな?”って気がしていたのですが,見始めたとたん・・スクリーンに引き込まれましたよ!

主役の2人(天才ピッチャー原田巧:林遣都くん,彼を支えるキャッチャー永倉豪:山田健太くん),巧にあこがれる弟青波役の槍田晟裕くん,ヒロイン繭役の蓮彿美沙子ちゃん等の主要キャストは,殆どがオーディションで選ばれた新人ばかりだったそうですが,演技が素晴らしいです。

特に青波のけなげさがカワイイ・・
私は基本的に男の子の子役に対して”演技が上手いな!”と思う事はあっても,”仕草に感動する”事は少ないのですが,この子は良いですよ!
将来が楽しみです。

巧に惹かれていくヒロイン繭ちゃん。
(約2時間という尺(上映時間)の制限が原因なのかもしれませんが)ストーリーが野球部を中心に進んでいくせいで,彼女の存在感が中途半端だった気がします。
原作小説では重要な位置付けなのかもしれませんが,正直・・この映画には彼女の存在がなくてもストーリー展開上は全く困らない気がしました。
そこがちょっと残念でしたね。

主役の二人は文句なし!
演技のつたなさを感じるシーンが時々ありましたが,それを感じさせない”勢い”と”熱意”を感じました。
この二人も将来が楽しみです!

脇を固める女優&俳優陣(天海祐希さん,岸谷五朗さん,菅原文太さん,萩原聖人さん)も凄い!

キャスト,ストーリー共に文句なし!
是非”続編”が観てみたい映画ですね。

つ〜か・・原作買おうかな・・(笑)