よしなしごと

兎角此の世は住み難い

LaTeXセットアップ on Win7x64

久しぶりにTeX環境のセットアップをやって色々ハマったので、自分用にメモ。

Windows 7 x64 にLaTex環境を作りましょう。(gnupackはセットアップ済み)

・ 現時点では、W32TeXかTeX Liveの2択だと思う。何故かTeX Liveはネットワークインストールが出来ないので(Cygwin上でもダメ)、W32TeXを選択。

・ 本家? http://w32tex.org/index-ja.html は、なぜかptex2pdfがperlを見つけられないような感じ。platex + dvipdfmx を手動でやるといけるけど、YaTeXの「C-c C-t j」で一発コンパイルしたいので、気に入らない。

・ なので、奥村先生のところ http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/?W32TeX のものを使う。標準インストールだとptex2pdfがうまく通らない。フルインストールすべき。(※勘違いの可能性あり)

・ gnupackにPATHを通す。gnupack内だけで使うなら、windowsの環境変数設定は必要なし。

・ documentclass宣言は、
 \documentclass[uplatex]{jsarticle}

・ SumatraPDF と YaTeX をインストール

あとebbとかのあたりで色々ありそうだけど、とりあえず、これで文章は書けるので、今日は打ち止め。

10月31日夜〜11月1日明け方の句

小夜更けて年も更けゆく秋更けむ

風強き夜に伝わるや稲穂かな

ハロウィンに小さき魔女の大人びて

脱がさないほうがいいかなと思う秋

お互いの吐息混じりて白濁す

お使いで君を選びし射手座の日

その丈は寒からん絶対領域

いまさら

Twitter始めました

http://twitter.com/BrainGrasper

月曜日なのに

酒を飲みながら「もやしもん」を読むのは、結構な贅沢だと思う。

iPodのステレオジャック

4年ほど前から愛用しているiPod第5世代のステレオジャックがおかしい。

PCに挿すときちんと聞こえるイヤホンをiPodに挿すと、左からしか聞こえない。
ステレオジャックのRの部分接触が悪いか、断線しているか。

プラグの位置をいろいろ変えてみると、
完全に挿し込まずに3mmぐらい浮かせて挿すと、両耳から聞こえるようになる。
ただし、両耳から左の音が聞こえるだけだが…

ところで、オーディオのステレオプラグは先端から L, R, GND と並んでいるらしい。
ということは、ジャック側の接触点もそのように並んでいるはずで、
プラグを3mm浮かすということは、プラグのLの部分がジャックのRに近くなり、
プラグのRの部分はジャックのGNDに近くなるはずで、
右から左の音が聞こえるようになることはあまり考えられないが、
どういうことなんだろう。

って考えても埒が明かないので、応急処置をすることに。

小さいアルミホイルを詰めると直るらしい。
えー、超ウソっぽい…

やってみると………ホントに両耳から聞こえる!!

…でも、やっぱり両耳から左の音が聞こえているのでした。
ま、左右差のある音楽とかあまり聞かないし、
iPodはほとんどPodcast用になっているので、気にしないことにしよう。

先輩はiPhoneが便利だと言っているが、タッチパネルのUIはどうなんだろう。
僕の小さな片手で操作できるんだろうか。
iPod touchも同じ不安がある。
ま、お金がないから買えないけど。


カオス

運動制御に力学系を入れるのは、運動のinitiationを実現しやすいかも知れない.
つまり、アトラクタからの逸脱と回帰の「ぐいーん」ってやつで、ワンショットの運動を表現する.
しかし、それがカオスである必要はあまり感じない.

カオスニューラルネットをいじってみたら面白いのかも.

エディタ

Emacsとvimしか評価されない怖い世界があるようですが、
業界は違ってもツールへのこだわりはあるようです.

最近、子供を抱いてPCをいじってると、片手ではEmacsは使いにくいことが判明しました(...当たり前か)
僕がEmacs(というか、Meadow)を使う理由は、
・ 一応、プログラムも組む(主にMatlabとScilab。最近、C++への圧力あり)
・ MUAはMewじゃないとね
・ SKKが使える
ぐらいでしょうか。あと、正規表現置換も好きですね。

さて、SKKについてですが、本当はWindowsのすべての漢字かな入力はSKKにしたいのです。SKKIMEというものがあり、それ単体だと使えなくもないのですが、MeadowのSKKとSKKIMEを同時に使うとユーザ辞書のコンフリクトでダメになってしまいます。ユーザ辞書を別々のものにすると大丈夫なのですが、はっきり言って、それではSKKを使う意味が半減する。MeadowのSKKを使わずに、Meadow上でもSKKIMEを使うという手はありますが、ユーザインターフェイスはMeadow上のSKKのほうが好みであります。困ったものです。

WinのIMEの何が嫌かっていうと、変換中の文節やその長さを帰るときに、矢印キーに手を移動させなければならないのが気に入らない。しかし、最近、IMEにもショートカットがあることに気がつきました。文節の変更はctrl-sとctrl-d、文節長の変更はctrl-kとctrl-lで可能です。何でも慣れれば使いやすいのかもしれません。

さて、研究者は数値計算や統計解析のツールにこだわりを持っているかもしれません。
・ Matlab --- 高いのになぜかみんな使っている。そないに使い勝手の良いものでもない。
・ Scilab --- フリーのMatlabクローン。「Matlabを買うお金もないのね」と思われる節もある。
・ Octave --- 同様のフリーソフト。僕は好きではない。
・ Mathmatica --- 年季の入ったもの。外国人はわりと好き。
・ SPSS --- Psychophisics御用達
・ S --- 使っている人を見たことが無い。
・ R --- フリーのSクローン。「やっぱりお金ないのね...」いや、そんなことはない。結構使える。一文字なのでWeb検索しづらい。

別に使っているツールによって採用の合否が決まるとは思えない。ただ、fMRI系はMatlab+SPMを使えないと仕事にならない。

友来りて将棋指す

・仙台出張から帰ってきた。久しぶりにはんなに会う。かわいい...

・名古屋より友人来る。将棋を指す
・第1局は後手番。横歩取り8五飛戦法を初採用。金曜日の王座戦の羽生四冠と同じ戦法。ってか、羽生さん強すぎ。実際、この将棋はよく知らない。が、△5四角が決まり、完勝。
・第2局は先手版。矢倉模様から△8五桂といきなり跳ばれる。びびったけど、▲4六角から反発し、中央突破。しかし、なんか間違って、王手飛車をかけられる。その対応も間違って、5手詰めで負けの局面。しかし、後手が詰みを逃す。王手が途切れた瞬間、逆に詰ませて連勝。
・負けたほうは、その事実をDEATH NOTE(討ち死に帳)に記録することに。嫌なノートだ...

・ちなみに、僕はネットで将棋を指さない。たまにボナンザとやるけど、いつも負ける。よくプロの将棋は見るが、難しすぎてよく分からない。森信雄の日々詰将棋は見ている。かなり難しい。
・好きな棋士は渡辺明竜王上田初美女流二段。でも、僕自身は穴熊をあまり指さない。
・ネットで将棋を指さない理由は、面倒だから。ちょっとトイレとかの中断が利かないのが嫌。連続して30分とか1時間とか、完全に確保されている自分だけの時間が持てることは稀。先生とか嫁とかはんなとか...

・おっと、はんなが起きたようだ。

忘れてはいけない

いろんなことをすぐ忘れる。
後悔はするが反省はしないのがダメだ。
未来を見るためには忘れてはいけない。

真剣にならなければ見えない風景が多分あるんだと思う。
それを見たいのか・・・僕は。
覚悟が足りない。
ずっと、ヘラヘラ笑って生きてきたからなぁ。

水道橋

宿敵の胴上げというこの呪われた日に、
なぜか水道橋に泊まっている。
夕方、駅に着いた瞬間に感じた浮ついた空気に殺気を覚えた。

しかし、夜中になると街は意外に静か。
ジャイアンツファンは品がいいね。
タイガースは一晩中騒いでるよ。
彼らにとって、優勝は当たり前すぎてもはや感動を起こさないのかしら。

挑戦

女流王将戦で清水女流王将に挑戦する上田初美二段の決意がすばらしい。
http://ameblo.jp/shogi-823/entry-10339936950.html

見習うべき態度です。

誕生

caac9ac0.jpgというわけで、9月2日(水)、父親になりました。
女の子です。名前は「はんな」。
京都弁の「はんなり」からとっています。

新生児顔選好注視の実験をしてみたけど、
顔パターン意外の刺激も注視したので、よく分かりませんでした。

こんなところで顔をさらされるなんて、なんてかわいそうな…
写真は生後20分。

ってか、超かわいい。←親バカ

つながり

wintermuteさんが好きで、ブログを見てたら、
前にここで書いた、ニコニコ動画マイリスト連続再生bookmarkletが紹介されていた。

何か、つながった気がしてうれしくなったのですが、
実は何もつながっていないですね。
ググればつながらなくてもいいわけで。

論文みたいだ。

そういえば、ニコニコ動画マイリスト連続再生bookmarkletの記事の日付は6/11で、それ以来更新してなかったのですね。
ずっとダメダメでした。

ニコニコ動画マイリスト連続再生bookmarklet

多分既に誰かが発明しているであろうニコニコ動画のマイリストを連続再生させるbookmarklet。
firefox用。メモ的なものなので、IEは知らない。試してすらいない。
Greasemonkeyは、「重くなりそう」「セキュリティ的に怖い」という勝手な妄想を理由に使いたくないわけです。

http://orera.g.hatena.ne.jp/miya2000/20070925/p0を基にして、
http://d.hatena.ne.jp/janus_wel/20081101/1225552028
を参考に修正しています。

マイリスト連続再生
このリンクをブックマークに登録すればok

[使い方]
マイリストのwindow/tabで上記を登録したブックマークボタンを押す。
マイリスト表示順で、別ウインドウで連続再生される。
ロードに1分以上かかると、スキップするかどうかのダイアログを出す。
スキップしなければ、もう1分待つ。

[不具合]
ロードのタイミングによっては、再生されているけど動画やコメントが流れない場合があります。
ページ内のプレイヤーに表示されている「再生」を押すと流れ出します。


* ロード失敗はどうやって検出するんだろう
* flvplayer.ext_getStatus() は、はっきり言ってグダグダ。
 動画によって再生待ちstatusの値が異なる。再生終了のstatusが無い。
* 任意のタイミングでスキップしたいときの方法が思いつかない。
 そのあたりは、やはりgreasemonkeyが便利か。


コード:改行なし


コード:改行あり



これを書くと同時に、「そろそろ飽きなきゃ」と思って、
ニコニコ動画関連のbookmarkを消してしまいました。
マイリストは残っていますが・・・

知覚の発生

シンポジウムで下條先生の講演を聞いた感想です。
えらそうな事を言いますが、ご容赦を。

相変わらず面白いし、問題意識も深いと思いますが、何か物足りないのです。この感覚は、下條先生の話を聞くたびに覚えるものです。「知覚や、さらにその下位のamodalな"センスデータ"でさえ、身体図式や身体-環境相互作用に影響される」というのは、よく分かります。姿勢を変えるだけで主観的垂直方向が傾いたり、ミラーボックスの中で鏡に映った右手が自分の左手のように感じられたり、ダイナミックな相互作用が知覚を決定するわけです。このような研究は、知覚が持つ性質を鮮やかに描き出します。

しかし、です。クオリア・知覚・センスデータは、なぜそのような性質を持つのでしょうか。性質をいくら描き出しても、その発生機序が僕には見えません。鏡に映った右手が自分の左手のように「感じる」というのは、いったいどういうことなのでしょう。どのような神経機構がその「感じ」を出しているのか。「感じ」たときの神経機構は「感じない」ときとどう異なるのか。・・・そうか、クリストフ・コッホはこれを見たかったのか。もう少しきちんと読んでみます。

問いはもう一つありあます。なぜ知覚はそのような性質を持つ必要があったのでしょうか。「なぜ青は青いのか」ではなく、「なぜ青い感じと赤い感じが異なるようになる必要があるのか」と問いたいわけです。今日も浅田先生は、下條先生のお話で出てくるような知覚が幼児の発達においてどのように獲得されるのかという疑問を提示していました。下條先生のお答えは、多分、満足できるものではなかったでしょう。僕も、そこを考えたい。いや、先に下條先生の本を読むべきですよね。

ま、目の前の仕事を片付けてからな!! > 自分

F大先生のエスカレータ実験が下條先生のお話に出てきました。
ほんと、大工仕事ですね。

人生の出来事に、それほど深い意味はない

3月末に書いて下書きのままだった投稿を、面倒だから推敲せずに公開します。

ちょっと前にいくつかの報道番組でとりあげられていた「草食男子」という言葉を作った深澤真紀の記事

[閑話] そういえば、草食男子の記事ってずいぶん昔に見たなぁと思って調べてみると、2006年10月13日!! 2年以上も前じゃないか…
[閑話休題]

「無理に楽しむ」より、「諦めて面白がる」
 「楽しむ」ももはや、スポーツ選手、芸能人だけでなく、ビジネスパーソンも普通に使うようになり、職場でも、「この仕事を楽しみます!」「このプロジェクトを楽しめればいいと思います」といったセリフが、連発されるようになりました。
 「楽しむ」の何がいけないのか?と思う人も多いでしょう。
 しかし、「楽しむ」ことを目標にするのも、行き過ぎて、「楽しまねば教」に縛られるようになると疲れてしまいます。
(中略)
 自分に起こった出来事に、よくも悪くも深い意味をつけようとし過ぎなのです。その結果、同じ失敗を繰り返したり、悪い道へ進んでしまう人もいる。
 それよりも、「なんかもう、笑っちゃう」とか「面白がるしかないよ」と淡々と受け止めたり、諦めてみたりする方がいいと思います。
 「諦め」は悪い言葉ととらえられがちですが、「諦める」というのはいったん物事を収める力だと思います。
 自分の力ではどうしようもないことはあるからです。

まあ、みんながみんなイチローになんなくてもいいってことですかね。
3連敗後の4連勝で竜王戦を防衛した渡辺竜王は、記者会見時にこんなことを言っています。
「3局目までは内容が悪くて申し訳ないという気持ちでした。4局目からはいい意味で開き直れた。3局目よりはいい将棋を指そうという気持ちで戦いました。4局目は終盤際どい、ラッキーな勝ち方でしたけれども、その将棋を一局勝ててホッとしました」
「開き直るとは諦めると紙一重なので難しいのですが、今回は開き直ると諦めるのギリギリのラインをうまく戦えました。3連敗したときに自分のなかで将棋を振り返って、指し手や封じ手を含めて消極的な戦い方と感じた。相手が羽生さんということもあって引き気味に戦ってしまったなと。
4局目からは相手を恐れずに積極的に行こうと、迷ったら積極的にと決めました。

諦めるではなく、開き直る。
自分の置かれている状況を個人の人生なんてもののずっと上のレベルから達観できれば、思い切ったこともできるでしょう。
諸法無我ってこんなものなのでしょうか。

でもこれ、意識してやると逃げになってしまう。
なかなかちょうど良い境地になるのは難しい。
永平寺で修行が必要ですね。残念ながら、住職は昨年お亡くなりになりましたが。

すぐ逃げる僕は、少しは妄執したほうがいいように思いますが。

Google依存

あちらのボスはGoogleカレンダーが気に入らないようです
Google(というか、共有機能を持つWebサービス)とプライバシーの問題は常に表裏一体なわけです。こっちもその危険性には気づいていて、例えば、研究成果が含まれるようなメールをgmailに転送することは、本当はやってはいけないことかもしれない。っていうか、そもそもメールなんだから、プロトコル自体、中身を見られることは想定の範囲内であるはずで…、というようなことを考えるとキリがない。

こちらのボスも「Googleカレンダーやめよう」ってことになったらどうしよう…。あちらさんのようにCalDAVを動かそうとしても、多分、動かないだろうなぁ。サーバ古いし。そのへんに落ちているカレンダーCGIは、どうも気に入らないし…。いや、そもそも、サーバが古いのだから、何かと危険だ。何とかしないと…。

って、2、3年考えている気がする。

from Y to Y / トエト

店長が素数すぎる。



ジミーサムPのオリジナル曲「from Y to Y」vip店長が歌ったもの。



昨年取り上げたココロの作者トラボルタPのオリジナル曲「トエト」を店長が歌ったもの。

ノートPC壊れた

もうすぐ4周年を迎える愛機ThinkPad X32がついにご臨終となりました。
電源系統の不具合です。電源スイッチが入りません。
激しい使用に今までよく耐えてくれたと思います。
多分、修理しません。自分の研究費が無いし、
X60 Tabletがあるので、使ってあげなきゃ。

毎日自動でバックアップしていたので、データは基本セーフ。
ただ、週末の出張中に書いた文章と受信したメールが見れない。
ま、いいか。見れないメールは、gmailに転送していないサーバログだし。

MUAはMewを使っているので、メール移行がとっても楽。
むしろ、そのためにMewを使っているようなもの。
Mailフォルダをバックアップ先からコピーするだけで良し。
設定ファイル.mew.elもきちんと取ってある。
こいうとき、テキストベースのアプリケーションのありがたみを覚える。
エクスポートとかインポートは必要ない。

バックアップしていないHDD内のデータは、HDD外して別のPCから
見ればよいのだけど、IDEアダプタを持っていないので面倒。
こういうとき、データをネットに置いておければなぁと思うのですが、
例えば、出張などの移動中はアクセスできないので、それもねぇ。
一応、今回のような事態も踏まえて、クラウドストレージの使用を考える。
DropBoxは、うーん、なんとなく、合わない。
Zumo Drive、これがいい。
ローカルデータをサーバに同期保存するのではなく、
完全にストレージ的なのが良い。ローカルでは容量が足りないものを
置いておける。X60 TabletのHDDは70GBしかないからなぁ。
半分はOSとアプリケーション等で使うし、データ領域が足りないのです。
でも、100GBで20$/月かぁ。うーん・・・値段的には妥当だと思うけど、
現実的な必要性の問題です。

あと、X60 Tabletはバッテリー時の稼働時間が短い。
1時間ぐらいしか持たない。なんでだ!?

ホームレス歌人

asahi.comの記事より

朝日歌壇に現れた「ホームレス歌人(自称・公田耕一)」
こういう歌が詠まれる時勢なんだと改めて思う。
百均の「赤いきつね」と迷ひつつ月曜だけ買ふ朝日新聞

いい歌です。なぜ、こういう生活になってしまうんでしょう。教育も人柄も時勢も運もあるんでしょうけど、帰る家がないというその事実は、ひたすらに悲しい。

ヒトが、ある種の人生の間隙というか、スパイラルというか、そういう道に入るには、個人に還元される事由があるとは思いますし、それを解明するのも私の研究テーマ(遠い将来のね)でもありますが、そういう個体のブレを社会でなんとかするのが人間が獲得した能力なのではないでしょうか。社会は、除外される者を作る圧力ではないはず。それだと、ダーウィン的「適応と選択」となんら変わらない。人間の繁栄は、適応に外れる個体を社会で救うことにより、成立したのではないか。

要は、やっぱり、「助け合い」が基本なんだと思う。
だからといって、私個人の行動が完全に助け合いを実現しているかというと、全くそんなことはないですが。自分は何て中途半端で不完全な存在なのか。助け合いたいなぁ。

「公田さん、何とか連絡がとれませんか」と
訴える記事もいい文章だと思う。

ここまで下書きを書いて、公開するのを忘れていたら、
返信が来たようです
ホームレス歌人の記事を他人(ひと)事(ごと)のやうに読めども涙零(こぼ)しぬ

感受性の強い人なんだと思う。新聞に載っている自分の記事は、もはや自分ではないような気もするだろうけど、記事の暖かい文章に、嬉しいやら、省みて自分の境遇が悲しいやらの感情が溢れて、思わず涙してしまったのではないだろうか。他の投稿者たちの反応も温かい。
公田さんは、横浜市中区寿町辺りにいることをあかしている。だが、「強引に捜すべきではない」というのが選者や他の投稿者らの意見だ。今も週1、2回のペースで投稿があり、片道ではあるが朝日歌壇との回路はつながっている。いつか“勇気”がわく日を待とう、という考えだ。

こういうコミュニケーションもいいなぁ。
勇気って、何でしょうね。
入選を重ね、朝日歌壇あての応援歌は増えるばかりだ。ある人は公田さんの名を探すことが月曜朝の日課になった自分を詠み、ある人は奈落の底から発信される生の歌の迫る力にうたれ、脱帽するとうたう。どの作品にも誇りを捨てず歌を携え生き抜いて、との願いがこもっている。

こんな時代だけど、温もりを失わない限りは、人は幸せだと思う。
温もりを信じられれば、勇気も湧くだろう。
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
フーリエ変換 (エレクトロニクス用語辞典)
風邪と統計とフーリエ変換
終わっちゃったね、コンフェデ。 (やすとし×まさと×なおや)
ぶらじる
日本vsギリシャ戦、試合詳細・感想など (sattiのサッカー・スポーツ総合コラム)
コンフェデ
聖の青春 (Book Review’S 〜本は成長の糧〜)
聖(さとし)の青春
歴史 観 (浪花友在 情報発信//無料紹介)
反日
歴史 観 (浪花友在 情報発信//無料紹介)
反日
本当ぅ嘘ぉ (浪花友在 情報発信//無料紹介)
反日
  • ライブドアブログ