February 18, 2008

週末って楽しいね。

お久しぶりです。みなさん元気ですか?僕は相変わらず元気はありません。

でも最近の週末はとても楽しかったです。

先々週の週末は関西の同期+三重同期でスノボに行ってきました。人生初挑戦だったものの、昼飯のタンドリーチキンが効いたせいか、ちゃんとターンとかも出来るようになって満足☆その日は飲みまくって、次の日は観光。関西の同期はとても気が良くひさしぶりに大勢で騒いだ週末でした。

先週末はあいのりに出ていた和泉プロと麻雀しました。強かったか?と聞かれるとあの短時間では疑問ですが、安易な打牌はなかったな。きっと4時間くらい一緒に打ってれば差はでてくるんだろうね。さすがプロだねって感じでした。本当に気が良く、気さくに会話してくれて、最後は写メにも応じてもらいました。とても美人で、一日でファンになりました。初めて知ったけどタレントと兼務しているんだね。そりゃ綺麗だわ・・・。次回からは好きなタレント欄に『和泉由希子』って書こう☆



October 12, 2007

進む。

前に進むのが怖い。

傷つくのが怖い。

それでも大切なのは、進む方向を決めてまっすぐ進むこと。

まっすぐ、まっすぐ。

 



October 09, 2007

分岐点。

いまがんばるのか、ひくのか。

少しはプライドをもっていいのではないかと思うが、あきらめれないものもある。

今日、相談をしたみんな、ありがとう。

本当に、ありがとう。

 

突然、あの熱い日々を思い出した。弱気になったとき、過去の自分の言葉が胸にささった。偉そうなことを言ってきたけど、僕はなにもできていない。

がんばることをやめてはいけない。

結果が出るとは限らないけど、走り続けなければ。

つらいなら言えばいい。

きっと仲間が助けてくれる。

叫びたければ叫べばいい。

感情を表に出すことより、隠していることのほうがかっこ悪い。

今がなければ、次なんて無い。

一瞬一瞬に、自分らしさと情熱を。

GO KEIO



June 24, 2007

ブートキャンプから帰ってきました。

あまりに仕事が回らず、名前も知らない地域型の同期に名古屋まで人間使送便してもらった。(渡したのは夜11時・・・。)ホントにありがたかった。けど顔をあまり見ていないので次あったときに挨拶できるかしら・・。

ビクトリー!!!



June 18, 2007

この真っ暗な道の中で。

今が思い出になるときはあるのだろうか。

先の見えない中、それでも前に進まなくてはと再び立ち上がる。

倒れる。

立ち上がる。

 

その努力すら不毛なことにすら思えてくるときもある。

大学4年の時に偉そうにみんなに言っていた。

その言葉が重く響く。

それでもがんばることをやめてはいけないと思う。

 



February 28, 2007

気づかされること。

結果には必ず原因があり、原因には必ずその根底に意思がある。

何かの積み重ねだけが結果なのではなくて、何かの過程が結果であったり、何かの結果が過程であった。

難しいことは嫌いだけれども、きっとそうゆうことなんだなと。

 



遠征日記。

先週当たりから名古屋まで遠征にいってます。麻雀の。

初めて女性とちゃんと打ちましたが、今回の人はあまり強い人もいなかったのですが、なんとも和やかに数時間が過ぎていきました。最後は親ハネをダマで直撃させ、終了。タンヤオ・七対子・ドラ。6ピン・8ピンが3枚ずつ切れた後なのでそりゃ浮くわけだ。

最近は少し大きく打つことを心がけています。前はテンパイから牽制のためにも、相手の手を崩すためにも、そして自らのツモを信じているからこその即リーチであったんだけど、本当にツモを信じるのなら大きく打つんだということ。運ではなく必然であって運命であるということが最近少しずつ「理解」ではなく「感じる」ようになって来ました。先月の1局でトップと15000点差で迎えたオーラス、ツモリ三暗刻・2ピン6ソウ待ちで積もったところでマンガン。当然のようにオープンリーチ、それはもう必然だった。状況からの判断と勝ちを狙う姿勢から流れてきた運命、即ツモで逆転。

もちろんスピードも必要。ただ2000点3900点をいくら上がっていても所詮射程県内で泳いでいるようなもの。しっかり、狙って結果を出してこそ意味があるんだろうと、少し選手時代を思い出しました。

いまなんでこんなに麻雀をするんだろうか、それは勝負の世界をまだまだ僕は求めているんだろう。今週も勝つ。



February 18, 2007

2月はあっとゆうまに終わっていく。

バレンタインでチョコももらったし、今年度もあとわずかだなぁ。

今月は12年ぶりにディズニーランドに連行され、次の日にはディズニーシーにいた。ディズニーはとても覚えることが多くて、アラジンの彼女はジャスミンて言うんだぜ。なんだかんだで楽しく過ごせてよかった。

昨日は1個上の先輩社員(バリバリの営業をこなす恐ろしいほどパワフルな女性)にとビリヤードをして、なんだか得体の知れない花屋にアッシーとしてお供をすると、たくさんの花に心を洗われました。さらにヒマだったので映画を見に行きました。ドリームガール。ビヨンセつぇえぜ。最高だぜ、ミュージカルだな、あれは。そこから飲みに行き気がつくと2時。休日フルに遊んだ気がする。たまにはいいね。

最近気づいた。

大切なのはしっかり方向を決めて、そこへ向かって真っ直ぐ進むこと。その姿勢が大切なんだって気づいた。



February 11, 2007

最近分かったこと。

人生は選択の連続だけど、その選択たまに待ってくれる。

hiranoさんを励ます会。

平日に東京に帰った。

ゼミの一個下の代がゼミの卒論発表後にわざわざ集まってくれて飲み会をしました。有志の飲み会にしては異例の3学年15人!本当にうれしかったです!いつもみんなと飲むと飲みすぎちゃうんだけどね、ホントに楽しかった。学生の元気を少しわけてもらいました。

ありがとう、特にかんじしてくれた人!またやろうね!!



February 07, 2007

帰国。

今週は東京に帰ってきています。

久しぶりに大学の部活を見に行きました。顔ぶれはだいぶかわりましたが、今もかわりなくがんばっているようなのでよかったです。基本的にはもう僕はOBなので口出しはしたくないなぁって思います。現役がよく考え、正しいと思った方向に進めばおのずとよい方向へ進むだろうし、例え失敗しても外的要因に責任を転嫁して大学生活を終えていくことはないだろう。がんばってほしいものです。

今の水泳界は福岡世界水泳を始めに次第に注目を浴びるようになり、『世間一般の日本人の多くが知っている外国人スイマー』イアン・ソープ、そしてアテネでは北島康介選手、柴田亜衣選手の大活躍で人気は一気に上昇した。日本選手権のチケットは完売し、メディアへの露出も増えた。しかし日本水泳界の財政というものはとても苦しい。いまはどのようにこの財政難を克服し、よりよい投資を行なうか、これはとても興味深い。チケット制にするだけでなく、決勝の入場には選手にはゼッケンをつけさせ、大きくロゴの入った航空会社のスポンサーをつけました。ではあとはどのように水泳界を運営しながら利益につなげ、水泳界の資金を捻出していくのか?とても興味があります。いいなぁ。水泳界。



November 25, 2006

最近の生活。

平日は朝から晩まで仕事してます。仕事が終わって晩御飯食べたら勉強して即寝る!そんな毎日が続いています。そんな中でも先日、仕事後に客先の若手とフットサルをしました。人数が集まらず呼ばれたわけですが、ひさしぶりにボールを蹴りました。ずっとサッカーをしていなくても、なんとなくテレビを見ていたりしたので自分なりにスペースに走ったり、作ったり、引いたり、開いたりと考えながらできて楽しかったなぁ。また誘ってもらおう☆

休日はだいたい麻雀してます。いまは四日市で友達もいないのでめっきりフリーに行くようになってしまいましたが、ここでも引いたり、がまんしたり、それでも勝負のときは仕掛けたりと、ずっと座っているんですがとてもアグレッシブでアスリートな時間を過ごしています。なんだか勝負の世界に飢えているんだろうねぇ。

 

今日は実家に帰ってきています。やることないけどゴロゴロしよう。夜は高校のときの部活の仲間と先生とで飲みます。この先生、僕が人生で初めて大人で尊敬し、この人から学びたいと思った人です。高校時代は僕も1,2度お騒がせな件がありましたが、3年間1度も怒られた事はありません。先生のように生きれたらいいのに、まだ遅くない。そう思いながら転職を考えています。



October 15, 2006

課で遊びにいっちゃった。

昨日、課でテニス&バーベキューにいきました。

もちろんテニスなんて人生2回目の僕には突然それをこなすだけの運動神経ももちろんなく、ボーリングに続き惨敗。昔、サッカーをやっていた時代に【トラップ】にとてもこだわってやっていたせいで、ボレーがすべての衝撃を吸収し、・・・前に飛ばない。笑  まぁ、新入社員なんて富んだりは寝たりしてればいいんです☆

バーベキューをしていると、大学4年時のバーベキュートレーニングを思い出しました。いまでもそれはちょこちょこ続いているようで僕らがやったことが少しでも部活に残っているということは喜ばしいことです。そうやって少しずつイイ部活になっていってくれたらと思います。 いつも仕事でした合わないみなさんと私服であって、いつもの憧れのあの人も、あんな格好で・・・。

別件で、喜ばしいことといえば今回課のみなさんに自分の車を初披露しました☆目の肥えた自営部の皆さんに好評価いただきとてもうれしかったです。お金をためてもっといいアルミをはかせて、ステアリングをウッドに変えたいです。フロントグリルもエンブレムを覆ってしまいたいなぁ。



October 12, 2006

当たり前だと思っていたけど。

先週末もまた豊田市の友達のところに泊まりに行きました。

温泉とか入ったりしてのんびりできました。

 

会話の中で、僕の水泳選手に対する要求というのは非常に高く、現実的ではないのではないかと思いました。友達からも絶対に水泳選手を彼女にしないほうがいいと言われました。

しかしもう1年以上前の話になるが、僕の要求に100パーセント応えていたチームが実在していたのも事実。知識不足の僕の根性練習を、毎日毎日フルMAXでぶち当たり続けたチーム。見ている方はとてもすがすがしく、そして教えられることの方が多かった。そのチームはもちろんもっと効率のよい練習の方向へ向かっているが、その一年を経験した代がまだ残っている。敢えて正直な感想を聞かせてもらいたかったりもするが、こわかったりもする。あの一年が今にどう活きているのだろうか?もう過去のものか、悪い例か?何か少しでも残っていたらありがたい。

とにかく、名門の友達考え方がシビアと言われた僕の遠慮なき1年間を、主体的に取り組み続けたということを、僕は当たり前だとおもっていたが、どうやらそうではないらしい。水泳部なんだから練習練習の毎日でいいと思っていたけど、それができるというのもすばらしいことなんだ。あの6月の1ヶ月間は尾関にも誇れる期間だったからぜひ見てほしかったな。レベルはどうあれ取り組み方は本当にすばらしかったと思う。

そんなことをいまは引退した4年生や今年トップとなる3年生、そして部を盛り上げる2年生に考えてほしいなと思いました。



September 23, 2006

思わずイルマった。

今日「イルマーレ」を観ました。

時を越えて2年後の人間との文通を通じて恋を実らせていくという

なんともファンタスティックな内容でしたが

現代ではメールが流行り文通なんてものはほとんどなくなった。

送ればすぐつくし、絵文字とかも使い放題で便利な世の中になってきた。

でもイルマーレを観て

好きな人にメールを送っても

返ってこなかったり、

アドレス変わってエラーで帰ってくるくらいなら

文通もいいなぁって思いました。



September 16, 2006

昨日の居酒屋

「厚焼き玉子でーす」

・・・・・・・、箸も皿もないのにどーやって!?

あのぅ、ファジーネーブルを。

「飲み方はロックで?」

あるの!?

あとさっき頼んだ梅酒ロックまだきてないんですが。

ダダダっ「おまたせしましたー!」

早すぎる!!だったら早くだせ・

 

なんともツッコミ待ちの店でした。



September 11, 2006

夢を語って逃げるのは簡単だ。

おれはいまの背中でモノが語れるとは思わない。

こんな情けなくて恥ずかしい自分は生まれて初めてだ。

 

「やっていけるのか?」という質問には胸をはってこう答える。

 

  「やってけねぇからまだ辞めない」

 

いつか通用したらやめよう。そう決めた。

 



インカレをみて。

インカレを見に行きました。

良い記録も、悪い記録もありましたが上級生は気持ちのこもったレースをしていたのでうれしかったのとホッとしたのの半々でした。

「大競でしか得られないものがあるから」

良く聞いた言葉だが当たり前のことだった。ほかの大学にはほかの大学でしか得られないものがある。それに僕は大学3年の終わりに気づいていた。人生は出会いの連続であって、出会いがあっても決して別れはない。その積み重ねがほかと同じものであってはたまらんのですよ。

ただ出会いから得た、正しい、間違っているは別次元として「大切なもの」を伝えていくのは組織の中の上位者の使命だ。それを伝統と呼ぶんだ。

今回のレースを見て、早慶戦をみて、ホッとした。

入部当初にマジくそ生意気な後輩が、大きくなった姿を見てうれしかった。

それだけで十分な1日だった、三重から駆けつけて本当によかった。後悔するところだった。

また次のシーズンが始まる。面白い幹部構成の中、大切なものは絶対に見失わないでほしいと思った。



August 30, 2006

中京大の裾野で考え続けた一夜。

先週末、豊田市まで出かけた。人生の中でも大きく影響を受けたグアム合宿のメンバーに会いに。

ひさしぶりに楽しい時間をすごし、熱い話を交わした。

いまでも水泳界に戻ってこいといわれると、正直うれしい。

 

僕はコーチになれなかった。数少ない勧誘や、みんなの制止の声を振り切って会社員となった。後悔が頭をよぎることもないこともない。それでもいまおれは会社員だ。『北京の次はおれらの出番だ』と大学四年のときは本気で思っていた。代表は出ずとも、誰かしらが必ず話題をさらうような選手をひきつれて選考会に出てくると。それだけ個々が自分をもっていたし、高いところを目指していた。

それからの一年間は選手のことなんて省みずに練習させた。選手の身体、そして心はボロボロだったと思う。結果が出ればそれでいいのか?ベストがでればそれでいいのか?僕は大学の水泳部100年の歴史の中でも5本の指に入るくらい泳がせた自信がある。選手の大半が人生で一番練習した一年であったと思う。しかし部活にも、そして自分自身にも結局のところは何も残せなかった。

自分の方針に自信がもてなかった。それでも何もいわずにがんばってくれた同期には本当に感謝する。コーチになると決めたとき、必ずついていくと全員が言ってくれたあの言葉にうそはなかった。しかし、『必ず強い慶応を作る』という言葉は実現することなく終わりを告げ、続きはなかった。

いま、良い条件があればわからない。とりあえず仕事3年やってから。

そんなの甘いと思う。待っているだけでは来ないと思う。

いまの生活を投げれるか?要するに覚悟がたりねぇんだ、何事にも。

だけどもう一度オリンピックを夢見たい。OZEKIと話して改めてそう思わされた。

 

オリンピック。男なら簡単に捨てられる夢じゃないよね。

 

 



August 26, 2006

いざ美女4人に囲まれると黙ってしまうもんだね。

今日は地域型のみなさんに囲まれて幸せな晩御飯をした。

やはりいろいろストレスはあるようで、いいたいこともある。

どこまでいってもこの仕事はつらいんだろうかと思いながら

なんだか少しうれしくもあった。

個人的には2年目の方は顔には出さずにかわいらしく

『かなり』よっていたようにも見えて、帰りには

『ちょっと飲み足りない』なんてことも言っていましたが、

終電があるのでアウト。さよーなり。

次は時間を気にせずにみんなで楽しくやりたいです。



カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ