2009年07月

2009年07月22日

ネットワークビジネスをやるのは、こういう人

むやみやたらに声を掛けるのは、時間のムダ。

だから、ターゲットを絞ろう。

安全第一主義の人は、除外。

変化を好まない人も除外。

保障を求める人も除外。

たとえ、ムダになっても、毎月1万円投資できる人。

成功率が低くても、可能性が少しでもある限り、挑戦する人。

挑戦そのものを楽しめる人。

そういった人を探していけば、成功は加速する。

自分のモチベーションをキープする意味でも、除外する人は、

きちんと除外すること。

naotokawai1 at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月18日

簡単に成功しても、おもしろくない

だからこそ、ネットワークビジネスはおもしろい。

簡単そうに見えても、実際やってみると、

思った以上にむずかしい。

そのむずかしさをおもしろいと思えてこそ本物。

なぜ、ゴルフがおもしろいのか。

たとえば、コースが平らで、ラフもOBも樹もない、

池もなければ、バンカーもない。

おまけに、カップの大きさが直径1mだったら、

かなりいいスコアで上がれそう。

だけど、それでおもしろいのかと考えると疑問が残る。

なかなか、100も切れなくて、むずかしいからゴルフはおもしろいし、

流行るのではないだろうか。

だから、簡単なMLMを編み出すという試みは、間違っていたのかもしれない。

naotokawai1 at 21:22|PermalinkComments(1)TrackBack(2)

2009年07月14日

自分の信用度を確かめる方法

「いい話があるけど。」と言ったとき、相手がどうリアクションをとるかで、自分の信用度がわかる。

「何、それっ教えて。」と言われれば、かなりの信用度だ。

自信をもって、ビジネスを進めたらいい。

ところが、急に、沈黙になったり、

「もう、いいよ。そういう話だったら。」と言われたら、

かなり、信用度がやばい証拠だ。

ビジネスをする前に、自分の信用づくりに励むべきだろう。

具体的には、小さな約束を守ること。



naotokawai1 at 21:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月06日

日本経済の閉塞感を打破する理由

会社が成長しないから、終身雇用も年功序列も守れなくなった。

そして、新しい人材を雇うこともできない。

日本の場合、一度雇ったら、そう簡単にクビがきれないので、

仕事量に応じて、派遣社員で調整することになる。

それが、閉塞感の元凶だ。

正社員が、自立して会社に依存しなくなれば、

会社をやめてもらって、新たに正社員を雇うことができる。

そう、自立して会社に依存しなくても、稼げる方法が、

ネットワークビジネスなのだ。

だから、正社員は、全員、参加すればいい。

その中から、成功者が生まれるだろう。

そして、会社を去れば、ポストがあく。

正社員になりたい人は、全員、正社員になれる。

そして、正社員になって、安定したら、

ネットワークビジネスをやればいい。

そうやって、希望のある循環型社会が実現する。























氏 名
メールアドレス
電話番号 - -
備考覧











naotokawai1 at 12:25|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2009年07月05日

サラリーマンとネットワーカーの違い

基本的にやってることは、同じ。

いかに商品を流通させるかだ。

サラリーマンは、会社のお金を使えるので、広告費など、

思い切って、使える。

そして、結果がどうなろうと給料がもらえる。

ネットワーカーは、自分のお金と時間を投資する。

投資といったのは、サラリーマンのように、

即、お金がもらえるわけではないから。

自分から始まった、流通網が拡大して、それが、収入になる。

ようするに、結果がでないと1円にもならない。

だから、安全嗜好でいけば、サラリーマンになったほうがいい。

だけど、就職もむずかしくなって、サラリーマンになるのも、

むずかしいとなれば、ネットワーカーになるのも選択枝のひとつだ。

それに、会社も赤字続きとなれば、サラリーマンも

安泰とは、言えないだろう。

いっぽう、ネットワーカーは、着実に組織を拡大していけば、

そこからの不労所得で、あくせく働く必要もなくなる。

ただ、ネットワーカーになろうと思えば、今までの考え方を捨てて、

新しい考え方を自分のものにしなければいけない。

実は、これが一番むずかしい。

なぜなら、人は変化を好まない。

けっこう、思い切った決意が必要だ。

その決意を促すのが、一番の難関だと言える。
























氏 名
メールアドレス
電話番号 - -
備考覧











naotokawai1 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月01日

知っているとできるの違い

知っていることと、出来ることの違いに直面するとしたら、

ゴルフとネットワークビジネスだろう。

よく、普通の職場で、

「同じ、間違いはするな。」と言われる。

そして、ほとんどの場合、同じ間違いを繰り返すことなく、

スムーズに仕事をこなすことができるようになる。

もし、ゴルフでも同じ間違いを絶対することがなければ、

簡単にプロになれる。

しかし、実際は、ヘッドアップして、トップやダフリ。

体の回転が止まって、引っ掛けたり、

体の開きが早くて、スライスしたり、

理屈では、わかっていても、同じミスを繰り返す。

そこで、知っていることと出来ることの違いに気づく。

ネットワークビジネスも理屈上は、簡単に理解はできるけど、

なかなか、出来るようにならないから成功しない。

だけど、なかなか出来るようにならないから、おもしろいとも言える。

ゴルフに打込むつもりで、ネットワークビジネスもやれば、

簡単に成功できなくても、けっこう楽しめるのではないだろうか。

無料セミナーは、こちらです。
























氏 名
メールアドレス
電話番号 - -
備考覧









naotokawai1 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1)