2013年03月

2013年03月02日

「無料で入手できる「あるソフト」を使用し、1日に何度でも35,800円稼げる画期的な方法」詐欺事件 その4

step2

無料で入手できる「あるソフト」を使用し、1日に何度でも35,800円稼げる画期的な方法

は、完璧な詐欺商材だ。とすれば、どうしたら詐欺商材にならなかったか考えてみる。

まず、タイトルを変える。

無料で入手できる「あるソフト」を使用し、1日に何度でも35,800円稼げる画期的な方法

ではなく、「情報商材のセールスレター作成講座」とする。

そして、35800円を支払う気がないのなら、書いてはいけない。

売れるセールスレターが書けるまで指導します。」と書けばいい。

実際、コピーライターは、人材不足でデザイナーはたくさんいるけど、

コピーライターがいないという話はよく聞く。

だから「売れるセールスレターが書けるコピーライターは稼げます。」
と言えばいい。

そして、優秀なコピーライターは、1本35800円なんて、せこい稼ぎ方はしない。

携わった売上に応じて報酬を受け取る。

3万円の情報商材が100本売れれば、300万円、そのうちの100万円がコピーライターの報酬となる。

本来、100万円の報酬が期待できる仕事を35800円でやらせるのだから、

たとえ、初心者が書いた売れそうもないセールスレターだとしても、

きちんと35800円支払って、後は、自分で売れるように修正すればいい。

そうすれば、「無料で入手できる「あるソフト」を使用し、1日に何度でも35,800円稼げる画期的な方法
は、詐欺商材の汚名を挽回することができるだろう。



naotokawai1 at 19:28|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

「無料で入手できる「あるソフト」を使用し、1日に何度でも35,800円稼げる画期的な方法」詐欺事件 その3

step2

「無料で入手できる「あるソフト」を使用し、1日に何度でも35,800円稼げる画期的な方法」川野 徹作)は詐欺商材だった。

解決策をいろいろ求めた結果、ある人物から貴重な情報を得られた。

それは、契約解除通知書

それにしても、「無料で入手できる「あるソフト」を使用し、1日に何度でも35,800円稼げる画期的な方法」川野 徹作)の被害情報が皆無だ。

インフォジャパンで売上げ1位だったのだから、被害者は多数存在する。

もし、他に被害者がいれば、コメントを書き込んでくれるはず。

もう一度、説明しよう。

「無料で入手できる「あるソフト」を使用し、1日に何度でも35,800円稼げる画期的な方法」川野 徹作)の被害者が僕だけなら、警察は被害妄想で片付けてしまう。

しかし、「無料で入手できる「あるソフト」を使用し、1日に何度でも35,800円稼げる画期的な方法」川野 徹作)の被害者が多数存在すれば、警察は詐欺として立件してくれるかもしれないのだ。

どうか、、「無料で入手できる「あるソフト」を使用し、1日に何度でも35,800円稼げる画期的な方法」川野 徹作)の被害者の方は、コメントして欲しい。

話を戻そう。

ある方から契約解除通知書の雛形を頂いた。

かなり、法律に詳しい方のようで、検事か弁護士かもしれない。

ただ、迷惑がかかるかもしれないので、名前は伏せておこう。

それでは、契約解除通知書を公開しよう。

現在の段階では、警察が動いてくれないので、これしか方法がない。

契約解除通知書 
冠省,通知人は貴社が決済代行を行う情報商材販売モール「インフォジャパン 」を通じて下記販売サイトに於いて情報商材の売買契約(以下「当該契約」という。)を締結しました。ところが,当該契約の勧誘に於いて,対象たる情報商材を購入し,記載内容を実行することにより一定の報酬を得るための重要な事項が告げられていなかった他,実際の商材内容と異なる説明や,将来収受する利益について断定的な表現を用いられており,よって通知人が誤信して契約したことが本日判明いたしました。従って,当該契約は,民法第90条の公序良俗違反の販売行為であり,消費者契約法第4条に基づき取消し事由となりますので,同条項を援用し,本書面を以って当該契約及び付随する一切の契約を取消します。つきましては,下記信販会社からの請求によって支払い済みの代金35,800円につきましては,本書到着後7日以内に下記口座に振り込み,お支払いください。尚,現在通知人は,消費者庁,国民生活センター及び経済産業省に情報提供及び相談をしており,スルガ銀行とも並行して詐欺取引によるチャージバック交渉を行っています。早急なるご対応をお願い申し上げます。
草々
           記
・契約内容  情報商材売買契約
・販売モール インフォジャパン
・決済代行業者株式会社インターネットペイメントサービス
・購入時の商品名(1)
無料で入手できる「あるソフト」を使用し、1日に何度でも35,800円稼げる画期的な方法
・販売者名 川野 徹
・購入時の勧誘サイト 
http://business-free-agent.info/
・決済日   平成25年2月17日
・金額    35800円
・信販会社   スルガ銀行
・使用カード名 VISAカード
・決済名義人  河合 直人
(振込口座)
三菱東京UFJ銀行平針支店 普通 3847635
口座名義 カワイ ナオト
平成25年2月21日
(通知人)           河合 直人
〒468-0011  
名古屋市天白区平針3丁目707番地
シティハウス平針903号

E-mail n_kawai1@yahoo.co.jp                              
(被通知人)株式会社インターネットペイメントサービス
              代表取締役朝田 篤 殿
          東京都品川区西五反田1-18-9 
五反田NTビル8F
   



naotokawai1 at 19:27|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

「無料で入手できる「あるソフト」を使用し、1日に何度でも35,800円稼げる画期的な方法」詐欺事件 その2

step2

「無料で入手できる「あるソフト」を使用し、1日に何度でも35,800円稼げる画期的な方法」川野 徹作)は詐欺商材だった。

しかし、警察はこれでは詐欺で立件できないと言う。

というか、こういった被害届は初めてだという。なぜなんだ?

インフォジャパンで売上げ1位なのだから、僕のような被害者は数多く存在するはず。

僕だけが被害届を出しても警察は動かない。

同じ被害届が数多くでれば、警察も動けると言う。

今のままでは、僕の被害妄想で片付けられてしまう。

しかし、要求どおりセールスレターを書いたのも事実だし、

難ぐせつけられて入金してくれないのも事実だ。

そして、スカイプも通じないし、メールの返信がないのも事実だ。

ただ、難ぐせかどうかの見極めが警察にとってとても難しいらしい。

無料で入手できる「あるソフト」を使用し、1日に何度でも35,800円稼げる画期的な方法」(川野 徹作)の被害者を集めるしかない。

どんな方法で?

とりあえず、警察被害妄想と疑われている以上、スカイプが繋がらなくても、

メールの返信がなくても、セールスレターを書き直すしかない。

そして、セールスレターを書き直してメールに添付して送った。

そのうちに他の被害者が僕のブログを見つけて、連絡をくれるかもしれない。

そして、川野 徹という名前も偽名かもしれない。

というのは、別名で同じような詐欺商材を売っていた人物が川野 徹である可能性が高いらしい。

川野 徹で検索すると「無料で入手できる「あるソフト」を使用し、1日に何度でも35,800円稼げる画期的な方法」の詐欺情報がかなり出てくる。

僕も「無料で入手できる「あるソフト」を使用し、1日に何度でも35,800円稼げる画期的な方法」を購入してから、

ちょっと怪しいと思って、調べた。ただ、実際に購入して被害に会った人がいなかったので、昨日までは、単なる中傷だけで、本物の情報だと自分に言い聞かせていた。

情報商材を買う前に川野 徹で検索しなかった僕にも落ち度があった。

とりあえず、川野 徹の情報発信者にメールを出して、

何かいい対策がないのか、教えてもらうしかない。



naotokawai1 at 19:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

「無料で入手できる「あるソフト」を使用し、1日に何度でも35,800円稼げる画期的な方法」詐欺事件 その1

step2

無料で入手できる「あるソフト」を使用し、1日に何度でも35,800円稼げる画期的な方法」(川野 徹作)を購入しました。

まさか、詐欺商材とは思いませんでした。

買ったあと、調べたところ、詐欺っぽかったのですが、

「これは、詐欺ではない。」と自分を説得することにしました。

理由は、インターネットで検索しても、実際に購入して実践した人の情報が皆無だったからです。

川野 徹氏を中傷するブログは、たくさんありました。

ただ、情報商材のタイトルと川野 徹という名前だけで、詐欺商材と決め付けていいのか?

インターネットの情報もマスコミと同じで90%はウソだと僕は思っています。

インターネット上で取得できる「ある無料ソフト」を使い、誰でもたった2時間程度で終わる簡単な在宅ワークで1日何度でも35800円を即日手にすることができるとしたら・・・。」

すごく魅力的なキャッチコピーです。

もし、これが事実とすれば、大きなチャンスを見逃すことになります。

そこで、35800円思い切って出資することを決断しました。

むかしは、確かに詐欺商材が多かったような気がします。

しかし、一度でも詐欺商材を売れば信用をなくして、今まで、情報起業家として活躍できるはずがありません。

だから、きっと本物の情報に違いない。

それが、決断の根拠です。

結果どうだったのか?

インターネット上で取得できる「ある無料ソフト」とは、マイクロソフトのワードのことです。

ここまでは、許せました。

マイクロソフトのワードというよりインターネット上で取得できる「ある無料ソフト」の方がインパクトがあります。興味を引きます。ウソではありません。

しかし、「誰でもたった2時間程度で終わる簡単な在宅ワーク」ここが微妙なとこです。

売れる情報商材セールスレターを書く事が誰でもたった2時間程度で終わる簡単な在宅ワークでしょうか?

確かに、情報商材セールスレターを書き慣れた方にとっては2時間程度で終わる簡単な在宅ワークだと思います。

しかし、そんなことは何も書いてありません。

なげいても仕方がないので、マニュアルに沿って情報商材セールスレターを1本書き上げメールしました。

ご指定頂いた銀行口座に、報酬である35800円を作業完了と同時に即日お振込みしますので、ご確認ください

ここにも、ウソがありました。

商材を購入してわかるのですが、タダ、セールスレターを書けばいいというのではなく、

いろいろ条件があり、チェックが入り、売れるセールスレターでないと支払えないということ。

とりあえず、自分が書き上げたセールスレターの査定結果か、銀行にお金が入るのかを待たなければいけません。

即日どころか、スカイプが通じなくなり、あくる日に持ち越し。

あくる日、10時まで待っても、スカイプが通じない。焦りました。

しょうがないので、販売元のインフォジャパンにクレームのメールをしました。

10時半を過ぎて、ようやくスカイプで連絡が取れました。

結果は、書き直し。

こうなったら、考え方を変えるしかありません。

無料で入手できる「あるソフト」を使用し、1日に何度でも35,800円稼げる画期的な方法」(川野 徹作)

を買ったのではなく、「情報商材のセールスレターの通信講座」(川野 徹作)を購入したと思って受け入れよう。
この戦いを乗り切れば、コピーライターとして飯が食える。

無料で入手できる「あるソフト」を使用し、1日に何度でも35,800円稼げる画期的な方法」(川野 徹作)は、インフォジャパンで現在売上げ1位です。

私と同じように購入された方はコメントください。



naotokawai1 at 19:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)