2005年08月27日

スイカを剥いてみました

東海林さだおさんという作家・マンガ家がいます。

毎日新聞の4コママンガ『アサッテ君』の作者です。

著書もたくさんあります。

僕はなかでも東海林先生の「丸かじり」シリーズが大好き。

そして、東海林先生は食通で、健啖家でもあります。

「丸かじり」シリーズでは、食に関する細かい観察力と考え尽くされた文章、昔なつかしいイラストで僕を魅了してきました。

その「丸かじり」シリーズの1つ『親子丼の丸かじり』(文春文庫)の中に、「スイカを剥いて食べたら…」なる作品があります。

あのスイカを真っ二つに切るのではなく、りんごみたいに皮を剥いて食べようという斬新な試みでした。

それを、今日、僕がこの場を借りて再現してみます。

剥く前のすいか最初にスイカがなくては始まりません。

さっそく、家の近くの市場で買ってきました。

安売りしていたスイカ、500円。値は安いけど、結構重い。

無事、単独で購入し、家までの1キロを誰にも襲われずに帰宅。

第一ミッションは成功したことになります。

家の体重計で量るとスイカは4キロ。

直径は28センチ。

相手に不足はありません。

試しに叩くと、ぎっしり身は詰まっているようです。

ラベル産地はJAハイランド。

長野県の松本市でしょうか。

「人と自然の夢あわせ」。

松本の農家のみなさん、今みなさんの期待を受け僕の夢を実現します。

第二ミッションは玄関を入ってすぐの洋間で行います。

うちの台所は狭い。

日本の住宅事情が思わぬ影響を及ぼします。

洋間におもむろに東京都指定のゴミ袋をしき、そこにスイカ、ピーラー、タオル。

準備万端です。

ピーラー東海林先生は包丁で皮を剥いていかれました。

先生は、まず、へたの部分を水平に切り落としてから、上から下に削り落としていったようです。

知っている人は知っているが、先生は料理がとっても上手なのです。

僕は不器用なので、ピーラーを使います。

それでは、記念すべき僕の一刀目。

最初の一刀ムム。

結構かたい。

なかなかピーラーの刃が食い込みません。

あまりに酔狂なことのため、無意識に緊張しているのかもしれません。


やっと刃が入り、スルスルっと剥けました。

こんな感じです。

すいか2
段段剥いていきます。

上手く剥ければスカッとしますね。

5分後、こんな感じになります。

実の赤い部分は全く見えません。

まだ、当分削らなくてはならないでしょう。

すいか3.。


表面がつるつる滑ります。

時折、ピーラーで指の皮を剥きそうになります。

マジ怖いです。

15分後、とりあえず一皮剥きました。

まだ、スイカと認識できますね。

黙々と作業に専念します。


すいか6これは3周くらい皮を剥いたスイカ。

大分白くなりました。

スイカに見えますか、どうでしょうか。

スイカじゃないようにも思えますが、赤い部分はまだです。

非常にもどかしいです。

東海林先生の場合もこうだったのでしょうか。

作業続けます。

すいか、ちょっと赤いのが見えた
お、ちょっと中身の赤い部分が見えました。

東海林先生、見てますか?

僕は先生のいる高みにほんの少し近づきつつあります。

すいません、今のは言い過ぎでした。

作業再開します。


徐々に赤くなります白いスイカが、徐々に赤くなっていきます。

手も疲れて来ましたが、スピードアップします。

ときどき、剥いた白い皮を食べます。

が、まだ甘くありません。

段段、結構赤い敬愛する東海林先生は、ところどころ赤くなっていくすいかを《まるで白い布で包んだ生首のようだ》と仰っていました。

どうですか。

生首に見えますか。

僕には生首というより、どこかの惑星に見えるのですが。。。。

大体剥き終わった
結構、剥きました。

作業している間は気付きませんでしたが、スイカの葉脈みたいなものが浮き出てきて、白い血管みたいです。

気持ち悪いです。

何かいけないことをしているかのような感じです。

なんででしょうか。不吉な予感さえします。

作業をさらに進めると、こうなりました。

剥き終わったすいかほぼ出来あがりといっていいのではないでしょうか。

赤い球体です。

スイカには見えません。

しいて言えば、巨大なモモのように思えます。

作業時間、約35分。

お腹もすいたので、さっそくかじってみます。

すいかをたべるあんまり甘くありません。

思えば当然のことで、スイカの一番外側なんですから。

東海林先生はこの後も剥きつづけ、スイカの大吟醸を作り上げました。

でも、実を言うと、僕には時間がありません。

そろそろ片付けをしないと、妻が帰ってきます。

のこりの皮この状況はヤバイです。

離婚問題に発展しかねません。

ですから、大吟醸は後のお楽しみに取っておきます。

今から片付けをして、スイカを剥いた言い訳を考えなければなりません。

これが一番重要な第三ミッションです。

テーブルにおいたすいか東海林先生、僕の試みを見てくれましたか。

すこしでも先生に近づけたでしょうか。

松本の農家のみなさんがつくったスイカ、とても美味しかったです。

たくさんの皮を剥けたことにある意味、非常な感慨を受けてもいます。

なぜか蘇る中学時代の日々。

大吟醸をつくったら、写真をアップしたいと思います。

それでは。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/naoton111/50110297
この記事へのトラックバック
「なおみん」さんより。 いろんな人が想像だけでやめてたことを実行に移した勇気に対し、 素直に敬意を表したいと思います。 >スイカを剥いてみました  byよいこ
スイカを剥いてみました【小ネタBlog〜純情派】at 2005年09月01日 20:55
コラム☆一本足打法 のスイカを剥いてみましたという記事から そもそもスイカを剥いてみようと思う発想は東海林さだお(匁家・作家)氏 によるものを実際に実践したというものなのですが、 発想がスゲー 常人は思いつかないぜ と思いました。 今回の獲物はコチラ 最初....
剥かなくていいのに・・・【たにたにたにたにたにたにしっ!】at 2005年09月02日 01:40
いやー面白い記事を発見。 Meronも知ったらチャレンジしていたであろう一件ですよ! 速攻トラバしました。だって、だって… 「スイカを剥いてみました」ですよっ!!みたくないですかっ!! 素敵すぎる。何となく想像は付くけど、 持ち上げるとうっかり手の跡が付い...
水気のあるデンジャーな紅い彗星。【pink planet】at 2005年09月02日 04:56
この記事へのコメント
マーベラス!!! あまりに素晴らしいのでトラックバックさせていただきます。松本の農家の方もお喜びのことと思います。来年はちょうどW杯の年ですし、今度チャレンジするときは白い部分と赤い部分に型紙をあてて、サッカーボールにしてもらいたいと思いました。(^0^;
Posted by Kinut at 2005年09月01日 00:02
コメント有り難うございます。正直言って、東海林さだおさんのパクリなので、気恥ずかしいです。でも、皆さんに喜んでいただけるなら嬉しいことこの上ありません。
Posted by ナオくん at 2005年09月01日 12:14
ブラボー、あまりのクダラナサ加減に屁が出そうなのをこらえつつ鑑賞しました、この次は巨峰が一粒づつ全て裸の状態でぶら下がっていると言う皮むきはどうでしょう?期待しています、くだらないことを考えるのは
だいすきなンです。
Posted by matt at 2005年09月01日 17:22
ブラボー、あまりのクダラナサ加減に屁が出そうなのをこらえつつ鑑賞しました、この次は巨峰が一粒づつ全て裸の状態でぶら下がっていると言う皮むきはどうでしょう?期待しています、くだらないことを考えるのは
だいすきなンです。とても他人とは思えませんナー。
Posted by matt at 2005年09月01日 17:24
先だってテレビで調理人(?)が
片手に持ったスイカを包丁を使って一気に剥いていました
(林檎でも剥く様に剥いていました)
確か「タイム」は1分弱程度でした
「次」は「高速化」にチャレンジしてみては如何でせう? (^^ゞ
Posted by Diamant at 2005年09月01日 18:54
その番組僕も見ました。たしか、TBSの「噂の東京マガジン」だったと思います。やられた〜〜と思いました。いやいや高速化は無理ですよ。
Posted by ナオくん at 2005年09月01日 19:56
なるほど!
アレは御覧になられてましたか・・・・・
因みに「巨峰」については既に二年も前に「やられ」ている様です (^^ゞ

http://www.1101.com/sensha/2003-09-30.html
Posted by Diamant at 2005年09月01日 23:15
かじるシーンがなければGJなんだけどなぁ・・
公開するにしてはきちゃない
Posted by x at 2005年09月02日 02:34
×さん、きちゃなくてすみませんでした。かじるシーンは必要かなーと思っていたんですが、確かに不精髭がみっともないですね。これからは気をつけます。。。
Posted by ナオくん at 2005年09月02日 08:29
はじめまして。私は、丸むきにされたスイカが売られているのを目撃しましたよ。
http://ayasegawa.cocolog-nifty.com/blog/2005/09/post_83cd.html
カメラがなくて残念でしたよ。
持って帰る間に水が出て大変じゃないかと思いました。

Posted by 綾瀬川 at 2005年09月06日 23:38
綾瀬川さま

コメントありがとうございます。

スーパーで丸剥きのスイカが売ってるんですね。驚きです。

水が出てしまうってことは、ビニールパックされていないんでしょうか?
Posted by ナオくん at 2005年09月07日 00:18
ビニールではなくて、ラップで包んでありました(笑)。レジに持っていくまでに指がぐそっと入りそうですね。ちなみに、ナオさんが剥いたものよりも大きいと思いますが950円でした。皮、漬け物でもおいしいですよ(次回、ご家族への言い訳に…)。
Posted by 綾瀬川 at 2005年09月07日 20:58
綾瀬川様

再びコメントありがとうございます。

そうですよね。スイカって中身は柔らかいんですよね〜。

スイカの皮の漬物ですか? ぬかづけ? 塩もみ? でしょうか?

皮を剥く前に知っておけばよかった。。。
Posted by ナオくん at 2005年09月07日 21:12