2008年10月05日

音間の数え方♪

音階とは音の階段。C(ド)D(レ)E(ミ)F(ファ)G(ソ)A(ラ)B(シ)C(ド)
( )内は、イタリア語
Cを基準にすると、CからDは2度、CからEは3度、CからFは4度、CからGは5度
CからAは6度、CからBは7度、CからCは8度と数えます。
8度のことを、オクターブと言います。
ウクレレの1フレット分を半音、2フレット分を全音といいます。(半音+半音=全音)
CDEFGABC音間は、EとF、BとCは、半音。 (ピアノで例えると、黒鍵のないところ)
即ち、全全半全全全半と、なります。(全音5個と、半音2個)
1オクターブ全てを、半音で数えると、12個あります。
ウクレレの開放弦の和音は、12フレットセーハ (1〜4弦) と同じになります。


一日一回クリックを → 人気Blogランキング



naoukulele at 21:52│Comments(0)音楽 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字