初心者の硬式テニス上達術 〜基礎〜

全国大会出場者がテニス初心者のため、解りやすく基本を記事にしていきます( ´ ▽ ` )ノ

テニスの基本を出来るだけ分かりやすく記事にしていきます!( ´ ▽ ` )ノ

初心者が試合で勝つ方法!ロブを練習しておこう。


今回はロブについて書いていきます。
ロブと聞くとどんなイメージを持ちますか?

逃げのショット
弱々しいショット

などなど、あんまりカッコイイ印象は持たないですよね。
しかしいざというとき打てないとすごく苦戦を強いられます

試合で振り回され、コート中央まで戻る時間を稼ぎたい。
相手の強打に対してしっかり繋ぎたい。


こう思ったときロブは大活躍します。
練習しておかないと、それこそただの浅いヒョロヒョロボールになり更に叩き込まれます。
しっかり深く。欲を言えばベースライン手前30センチ以内にコントロールしたいですね。
そこまで深くコントロールされたロブは相手にとって嫌なショットになります。
ベースラインより後ろでスピードのないロブは返球しにくいんです。
大体が相手もロブのような威力の無い返球をしてくるので浅くなったところを叩けばポイントになります。

特にロブが有効なのはダブルスです
上級レベルになってしまうと話は別ですが、初、中級同士の試合なら相手前衛の上をロブで通し陣形を崩せばいずれ相手は痺れを切らしてミスをするか、こちらにチャンスボールがめぐってきます。

実際私は中学生時代、ダブルスでは接戦になるほどこの戦法を使っていました。
ロブで相手の後衛を走らせる。
これだけ(とはいわないが)で県大会を制覇しました。


ただ相手の実力が遥か上の場合普通にズバズバやられるのでレベルを見極めてこの戦法を使ってください。笑
初心者同士だった場合ロブがうまいほうが勝ちます。100%。

シングルスでもダブルスほどではありませんが有効なショットです。
見た目の派手さはありませんが、テニスは相手より1球多く返し続ければ勝てるスポーツです。
強打しなくても、ボレーしなくても、相手のそれを返せば勝ちです。
当然レベルが上がってくれば通用しない戦法ですが、初心者が勝つにはひたすら繋げることが一番です。
見た目の派手さはいりません。

テニスの試合は実はいやらしいのです。笑
相手の嫌がることをしたほうが勝者です。

まずは走る!返す!の繰り返しです。
ただ返すだけでなく、相手が嫌がるロブを使っていきましょう!

気持ちよく決めるスマッシュを打とう!

テニスのスマッシュはその一発で決めきるショットとして使われることがほとんどです。(他のスポーツでもそうだと思うが。。)
だがしかし!簡単そうに見えるこのスマッシュは実は意外と難しいんです。しっかり練習しておかないと打てないショットです。

ラケットの振り方など、フォームを見る限りではサーブによく似ていますがサーブのようにはいかないのがこのスマッシュの厄介なところ。

厄介な原因になっているのは主にこの3つ。


①打点
②テイクバック
③力み


ひとつずつ見ていきましょう。



①打点
スマッシュは当然ながら相手が打ってきたボールに対して打つショット。この時点でサーブとは違うことがわかりますね。
スマッシュをサーブと同じだろうと安易に考えるのは厳禁です。

自分でトスを上げて打つサーブとは違い、打つ位置、打つコースなど全てが変わってきます。

打つ位置に関してはボールの落下地点で打たなければならず、その位置は毎回変わります。

打つコースはサーブと違い自由。
右に打つも左に打つも浅く打つも深く打つも自由です。


しかし、その自由さが逆に難しい原因にもなっています。
なぜなら、位置やコースによって打点も毎回変わってくるからです。
深く打ちたいなら打点はサーブと同じくらい。浅く叩き付けたいなら打点はずっと前になります。
ここで大事なのはいかにすばやく打点に入るかです。フットワークがとても重要。

打点がずれると、スマッシュは弱々しくなってしまう上、無理に強打すれば当然入りません。


打点を掴むコツですが、よく言われている左手でボールを掴む練習をするといいです。
しっかり打点に左手を伸ばし、腕は動かさず足で落下地点に入る練習です。

野球選手がフライをキャッチするような練習です。


②テイクバック
これが私がテニスをしてきた中でスマッシュにおいて最重要事項だと思っています。

どうしてもスマッシュというと、かっこいいイメージがありますよね?
そりゃ豪快に決めるシーンですから当然かっこいいんです。

しかし、そのかっかいいイメージが先行しすぎてどうしてもサーブのような大きなテイクバックをし、大きくタメを作ってしまう人が結構います。

スマッシュにおいて大きなテイクバックはNG.
大切なのは威力よりも打点だと覚えておいてください。大きくラケットを引けばその分ラケットを戻してこなければならず、風にも流されやすい浮いた球を正確にとらえるのは難しくなってしまいます。


テイクバック時は、左手で打点を指差し、右手はヒジを空に向ける。
これだけで十分です。
足もすぐ動ける程度に曲げるだけでOKです。

これを実践することで正確にインパクトでき、決まる確立もグンと上がります。
思い切り打たなくてもスイートスポットに当てるだけで強いスマッシュを打つことは可能です。


③力み
これも②と同様、かっこいいイメージが原因で起こる現象。
決め手やろう!いいところを見せよう!
と思えば思うほどこの現象に陥ります。

また、スマッシュは打つぞ!と思ってからボールが落下してくるまで時間があるのでこのような余計なことが頭の中を過ぎりがちです。
相手の動きを見る余裕もあるので、あっちに打とうかな。こっちに打とうかな。と迷うのも原因です。

②で説明した、打点を合わせることに集中しましょう。
相手の動きを見るのはもちろん大切ですが、それは無意識に打点に入れるようになってからにしましょう。


このように、スマッシュはなかなか一筋縄にはいかないショットですがマスターしてしまえばとてつもなくカッチョイイショットですので少しでも早く打てるようになってしまいましょう!


こちらの動画も参考にしてみてください。
打点への入り方を詳しく説明してくれています。

フォアハンド 厚い当たりを手に入れろ!


みなさんテニスの調子はどうですか?
楽しんでますか?

テニスで最も楽しいとき!それはバシバシ強打してズバズバ決める時!ですよね?笑
そんな強いショット、決めていくショットのコツを教えていきます。

テニスをやっている人はわかると思いますが、決めていく強打を打つのはなかなか難しいんです。
テレビでやっているプロの試合なんかではチャンスボールが来たらほぼミスをすることなく決めていますね。
錦織圭選手は高い打点でフォアハンドのジャックナイフをよく使いますね!
エア・ケイと呼ばれているショットです。
あれも簡単そうに打っていますがそんなに簡単ではありません。

しかし!初心者の方でもこの決めていくショットは大切です!
もちろん試合で勝つためにも欠かせないショットですが、その前にテニスを楽しむために大切なのです!
最初のうちに打ち込む練習はいっぱいしておきましょう!


では細かく打ち方を確認しましょう!
まずはテイクバック
テイクバックとはラケットを引く動作のことです。
ここが強打するためにとっても大切なことです。

打ち込む場合、このテイクバックを普通のストロークとは違い腕の位置を高くセットします。
ヒジを打点の高さに持っていくくらいの意識でいきましょう。
この絵のような感じですね。
強打 テイクバック1

強打は高い位置から打ち下ろすイメージなのでラケットは高く!です。
ここで低く構えると、無駄に回転の多いヒョロヒョロな強打になってしまいます。
もう強打とは呼べませんね。笑

テイクバックが終わったらボールを打ちにラケットを振りり始めるわけですが、ここでも1つポイントがあります。
それはラケッドが地面と平行になるくらいまでラケッドヘッドを下げます
強打 テイクバック2

ここからボールを叩くことで、とても厚い当たりがうまれ質のいい回転もかかります

強打で大切なことはとにかく厚く、強くボールをひっぱたくこと
最初のうちはアウトしても構わないのでとにかく強いショットを打つ練習をしましょう!
うまく当たるようになればあとは角度の調節で入るようになります。

強打が決まるようになればテニスは一層楽しいものになります
楽しい上にとても大切なショットなので軽視せずにたーくさん練習していきましょう!
ギャラリー
  • 気持ちよく決めるスマッシュを打とう!
  • フォアハンド 厚い当たりを手に入れろ!
  • フォアハンド 厚い当たりを手に入れろ!
  • これだけで!? サーブのスピード&安定感UPのコツ
  • ボレーの基本事項 打ち方
  • 最強の矛!ボレーをマスターしよう!
  • 最強の矛!ボレーをマスターしよう!
  • これだけ!?ストロークを武器にするたった1つのコツ
  • これだけ!?ストロークを武器にするたった1つのコツ