2007年08月15日

それなりに気になっていたものの、田舎の本屋では見かけなかった「数学ガール」。
東京ツアー最終日に八重洲ブックセンターにて購入。第2刷。

数学ガール
数学ガール
posted with amazlet on 07.08.19
結城 浩
ソフトバンククリエイティブ (2007/06/27)
売り上げランキング: 242
おすすめ度の平均: 5.0
5 数学がスキになる本
5 本物の数学に萌える


1日で無事読了。

数式は、追いながらさらっと読んで楽しむのにちょうどいい分量かつ難易度(※当社比)。結城さんの脳内のダンプラブコメ成分も楽しめる。

数学に苦手意識を持っている人がこれを読んで数学が好きになるか、とかは正直自分には分からない。

でも、高校時代に図書館でミルカさんにからまれて出会っていたら人生が変わっていたかと言われれば、もしかしたら変わっていたのかもしれない。もしかしたら、数学科に行ってみようか?とか(魔が差して)選択肢に入れていたかもしれない。

まあそれは「高校時代にSICPに出会っていたら情報工学科に行こうと思ったかも」という程度の話なのだけれど。数学教師でもある担任に入学当初から数学科に行かないかと誘惑?されていたものの、実際行くには至らなかったわけだし。

結局高3になって勉強してみたい事が出来て文系学部に進むことにしたが、そんな時空の分岐点でもある高校時代をあれこれ思い出す1冊。

そんなところかな。


(03:14)

トラックバックURL