2008年07月27日

遅ればせながら昨日からQuicksilverユーザになったのですが、とりあえずQS上でGauche REPLが使えるプラグイン「Gauche Module」を公開します。

7/31更新:Gauche.frameworkの差し替え、トリガー指定時に左のパネルのλアイコンを消去、など


- GaucheはShiro KawaiさんによるR5RS準拠のScheme処理系です。
- svn trunkをベースにして作成したGauche.frameworkを使用しています。Gaucheがインストールされていない環境でも(たぶん)動きます。※注1
- 使用しているGaucheアイコンはemeitchさん作のものです。

- ふつうに使う場合・・・ (「.」を入力するなどしてテキストモードで)S式を入力 → evalアクション



          ↓↓↓



- 評価した結果は入力欄に入ります。(「.」でテキストモードに入るなり、さらにLarge Typeを適用するなりで全体が見えます)
- display/print/.../disasmなど、標準出力への出力を見るには「コンソール」アプリを開く

- トリガー設定する場合・・・ Select an item:"S-exp Form", Action:"eval..."



                 ↓↓↓

      

[ダウンロード (20080731版) (20080727版)]


mootohさんのQuicksilverプラグインのつくりかたQSTwitter 1.4のソース(@CodeRepos)が大変参考になりました。

----

※注1

プラグイン内部にあるframeworkにはサーチパスが通らないようなので、Gauche 0.8.13のインストールされていない環境で利用したい場合には
% cp -R ~/Library/Application\ Support/Quicksilver/PlugIns/Gauche\ Module.qsplugin/Contents/Frameworks/Gauche.framework /Applications/Quicksilver.app/Contents/Frameworks/

のようにQuicksilver本体にframeworkをコピーしてお使いください。

(22:45)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. Gauche on Quicksilverを更新  [ 紫ログ ]   2008年07月31日 20:10
Gauche on Quicksilverの最新版を公開しました。 ・Gauche.frameworkの差し替え   Intelマシンで OS X 10.4 の場合に落ちていたので再ビルド ・トリガー指定時に左のパネルのλアイコンをブランクに変更   λアイコンが二つ並ぶのがちょっと鬱陶しかったので ダ...

この記事へのコメント

1. Posted by mootoh   2008年07月28日 00:18
参照していただいてありがとうございます。
Gaucheによる結果を別の入力につないで何かする、とかも面白そうですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔