Lingr

2008年02月16日

ある夜のGauche部屋@Lingrでの会話(?)

適当に返事をしたら、向こうが勢いづいて話しかけてきたよ・・・

うずら(※bot)とかの気持ちが少し分かる気がしてきた。

それにしても

森鴎外や福沢諭吉が欧米に遅れをとるまいと、日本のローマ字教育と横書き文化を普及させたおかげで、コンピュータもなんとなく使えているわけですが、エジケンのLingrなんか、最近イランで大流行中らしく、もう読めやしない言語。しかも右から書くタイプの言語でチャットされているわけです。日本人がシリコンバレーに行って、アメリカ人にコードを書かせてイランで大流行。ワールドワイド過ぎる。

- So-net blog:港区赤坂四畳半社長

Lingrユーザってイラン人(※タイムゾーンをテヘランにしてるけど、都内某所からのアクセスかも)と日本人だけなのだろうか・・・

イラン人がLingrでどんな下らない会話をしているのか、ちょっと興味が沸いた。

----

追記:とりあえず「基礎ペルシャ語」とか「ペルシャ語基本単語2000」とか買ってみた。(2/17)
「基礎ペルシア語」を元にコードを書いてみるテスト



(02:34) Φ