基礎ペルシア語

2008年02月23日

「基礎ペルシア語」経緯 - 目次 - 1〜4 - 5 - 6 - 転写法
----

第7課で出てくる構文:

 IN GL-e SRKh @ST
  → これは赤い花です。
単語の末尾に付いている -e(もしくは -Ye)は「エザーフェ」と呼ばれ、次の単語に修飾されることを明示する。語順的には英語の of みたいな感じ。

続きを読む

(05:53) Φ

2008年02月20日

「基礎ペルシア語」経緯 - 目次 - 〜第4課 第5課
----

第6課で出てくるのは以下の構文:

  [AYA] AN/IN (n) @ST ?
  → あれ[これ]は (n) ですか?
  ※AYA (a:ya:) は省略可

 BLH AN/IN (n) @ST
  → はい、あれ[これ]は (n) です

 NKhYR AN/IN (n) NYST
  → いいえ、あれ[これ]は (n) ではありません

 IN ChYST ?
  → これは何ですか?
 IN KYST ?
  → これは誰ですか?
 INJA KJAST ?
  → ここはどこですか?

 ◎ @ や Y で終わる語 + @st → @ (=alef) を省略することができる
  例:.SNDLY (いす) + @ST → .SNDLYST

続きを読む

(04:00) Φ

2008年02月19日

「基礎ペルシア語」経緯 - 目次 - 第1課〜第4課
----

第5課で出てくるのは以下の構文:

 AN (n) @ST
  → あれは (n) です
 IN (n) @ST
  → これは (n) です

 AN (n) (adj) @ST
  → あの (n) は (adj) い
 IN (n) (adj) @ST
  → この (n) は (adj) い

 AN [a:n] ← あれ(指示代名詞)、あの(指示形容詞)
 IN [i:n] ← これ(指示代名詞)、この(指示形容詞)
 @ST [ast] ← be動詞に相当/3人称単数形

 n (名詞) : 本、犬、鉛筆、馬、木、紙、パン、水、花、リンゴ、猫、...
 adj (形容詞) : 大きい、小さい、寒い、美しい、白い、...
この程度なら簡単なパターンマッチで行けそうだ。

続きを読む

(15:01) Φ

2008年02月18日

「基礎ペルシア語」経緯 - 目次 - 1〜4 - 5 - 6 - 7
----

主なルール

  • ア、イ、ウの長母音が A, I, U になる
  • 短母音は基本的に転写しない(エザーフェを除く)
  • 複数あるz音の文字の表記については、文字の類似性を考慮して決定。
    • R - Rz - Rzh
    • .S - .Sz
    • .T - .Tz

続きを読む

(03:10) Φ
「基礎ペルシア語」経緯 - 目次
----

まずは文字から。
 ・ペルシア文字32文字:アラビア文字28文字+独自拡張4文字
 ・(短)母音はふつう表記されない
 ・右から左へ書く

アラビア系文字は、Unicode では U+0600 - U+06FF の範囲にある。
 ・とりあえずこの範囲はプリントアウトした
 ・Livedoor blogはEUC-JPなので、エントリ中ではペルシア文字は割愛

プログラム内部ではとりあえずローマ字に転記して処理することにしてみる。
ペルシア文字のオレオレ転写法と相互変換関数

(02:08) Φ

2008年02月17日

Lingr駆動で買ってきた「基礎ペルシア語」(岡崎正孝著/大学書林)を元に、Scheme(Gauche)でコードを書いてみるテスト。(see also: ペルシャ語の部屋)

方針:
 ・プログラムが処理してくれればいい =自分では覚えなくていい
 ・これはパズルゲームにすぎない。
 ・あるいはネタ駆動のプログラミング学習
 ・各課ではそこに出てくる例文が通ればいいという程度の設計で、インクリメンタルに進む
続きを読む

(12:18) Φ