SICM

2009年01月08日

うまく言語化できない。情報の伝達に齟齬が発生するかもしれない。でも、聞いて。SICMとわたしは普通の(・・・中略・・・)読み始めてから1週間、わたしはずっとそうやって過ごしてきた。この1週間は特別な不確定要素がなく、いたって平穏。でも最近になって無視出来ないイレギュラー因子がSICMの周囲に現れた。それが、

SICMで使われている"chart"記号「」がTeXで出せない。はてなのTeX記法上で使いたいのでMETAFONTで用意するわけにも行かず。とりあえずmimetexの \picture を使って

\picture(12){
  (1,11){\line(11,0)}
  (1,7){\line(10,0)}
  (1,3){\line(10,0)}
  (11,1){\line(0,10)}
  (7,1){\line(0,10)}
  (3,1){\line(0,10)}
}
などと書いて急場をしのいでいる。

誰か良い方法を知っていたら教えてください。



(20:05) Φ

2008年12月31日

SICM (Structure and Interpretation of Classical Mechanics) に関する日記を書きたい人(→大学の力学の講義では知的に満足できないジーニアス学部生だとか、昔物理学に関係していたプログラマだとか、Lisp/Scheme好きで力学も学びたいと思っている奇特な市民という超狭い層)のためのはてなグループを作りました。

どなたでもすぐに参加できます。 SICMに関する日記を書きたい人はお気軽にどうぞ!
http://sicm.g.hatena.ne.jp/
Structure and Interpretation of Classical Mechanics
Gerald Jay Sussman Jack Wisdom Meinhard E. Mayer
Mit Pr
売り上げランキング: 62709
おすすめ度の平均: 5.0
5 新しい古典力学


無料で読めるテキスト(英語)が http://mitpress.mit.edu/SICM/ にあります。邦訳は出てないと思います。

(23:29) Φ