2011年07月

Ci1107300755252011年7月27日 (水) 衆議院厚生労働委員会「放射線の健康への影響」参考人説明での 児玉龍彦(参考人 東京大学先端科学技術研究センター教授 東京大学アイソトープ総合センター長) によるYOUTUBE記録映像 2011.07.27 国の原発対応に満身の怒り - 児玉龍彦  は一度は聞く必要がある内容だ。教授の4つの緊急提案
14:10 (1) 国策として、食品・土壌・水を、日本が持っている最新鋭の機器を投入して抜本的に改善する。
14:36 (2) 緊急に子供の被曝を減少させるために新しい法律を制定する。
15:37 (3) 国策として、土壌汚染を除染する技術に民間の力を結集する。
教授は国会に対し激怒し「国会はいったい何をやっているんですか!」と怒りをあらわに説明したが、時間切れで提案を打ち切った為、4つ目の提案は確認できなかった。しかし提案の前段の中に織り込まれていた内容だろうと思われる。これを聞けば、改めてこの国の国民に対する無策振りが浮き彫りになる。言うまでも無く、国にへばりついていた御用学者、取り巻き団体の無能ぶりがはっきりすると同時に、この国の官僚たちの罪深さがよくわかる。

Ci110730090113もうひとつ 2011年5月29日のYOUTUBE映像記録 衆議院 科学技術委員会 武田邦彦 教授 政府の原発問題への対応についての批判 も聞いておくべき内容だろう。

今ニュースでは電力会社から保安院まで絡んだヤラセが問題になっている。国の出先が、都合よく世論を誘導していたというもので、天下りが国益に反する存在なのも、正義心も愛国心もなく、清廉潔白な政治家も官僚もほとんど居ないことは国民はうすうす気が付いている。こんなうす汚い集団を温存し、時には擁護してきたのは、誰あろう政府である。いつまで政府はこんな犯罪集団に世界一高い報酬を払い、国民の良識さえも踏みにじる事をいつまで黙認するつもりなのか?以前にも書いたが、政治の質はかつて無いほど地に落ちた。総理大臣の辞職どころか、政治家、官僚は一度全員総辞職すべきほどの問題だろう。
どこの国でも、国に危害を加えようと計画しただけで罰せられる。車でスピードを出しすぎただけでも罰金を取られる日本で、何をしても、ましてや国民を欺いても無罪なら、この国の正義はどこへ行った?

nappi11 at 00:05│Comments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Neanderthals_1209901fCi110730183405原人(ホモ・エレクトス)から別れ、欧州に約30万年前に出現し、3万年~4万年前に突然消えたネアンデルタール人Neanderthals(右上:復元像)は長年考古学上で議論されている。代わって勢力を拡大したのが現代人に繋がる現生人類 modern humans、ホモサピエンスHomo sapiens(右下:復元像)で、 ホモ・サピエンスミトコンドリアDNA解析からネアンデルタールとは別な人種(別亜種)だと言われ、混血も出来なかったといわれていた。しかし、2010年になって、サハラ以南アフリカの地域以外の世界中の人々の 遺伝子にネアンデルタール人のDNA配列が存在することが分かったのだそうだ。つまり、現代人にも、現生人類ホモサピエンスを経由して、ネアンデルタールの遺伝子が伝わっていたらしい。参照記事 参考記事

 右上は欧州に先に出現したネアンデルタール人で、ドイツ・メットマン(Mettmann)のネアンデルタール博物館展示物。再現されたネアンデルタール人の隣に立つのはペール・シュタインブルック(Peer Steinbrueck)独元財務相右下はホモサピエンスHomo sapiens (現代人も広義ではホモサピエンス)で、彼らもまたアフリカが起源で、その出現時期は、化石からネアンデルタール人より遅い19万5千年前と言われている。現在、ネアンデルタールと現生人類と比較した結果、両者の分岐した時期は、現生人類がアフリカを出るよりもはるか前だったことがわかっており、共通の祖先から枝分かれした後、異なる地域で、別々に進化を遂げたと考えられ、ネアンデルタール人の兄弟種に当たるデニソワ人の遺伝子が現在のアジア人、特にポリネシア人やメラネシア人、オーストラリアのアボリジニらから発見されている。 参照記事 追記参照記事 さらに新しい現世人類として、欧州のみに実在したクロマニョン人 (Cro-Magnon)がいる。

modern-humans遺伝子は現代人にまで残ったが、ネアンデルタール人は2万8千年から3万年前、何らかの理由で歴史から消えた。その理由として、約4万年前の現生人類の爆発的増加により絶滅に追いやられたとする論文が、2011年7月28日の米科学誌サイエンス(Science)に発表された。絶滅直前、現生人類とネアンデルタール人の人口比率はおよそ10対1になっていたという。
英ケンブリッジ大(University of Cambridge)の研究チームが発表した新説は、欧州最大のネアンデルタール人の集落があり、また初期の現生人類であるホモサピエンスの集落もあったフランス南部ペリゴール(Perigord)地方の発掘調査から、ホモサピエンスの集落に残されていた石器や宝飾品、工芸品がネアンデルタール人のものよりもはるかに手が込んでいたと確認されたことから、ホモサピエンスはネアンデルタール人よりも複雑な社会ネットワークを構築し、頭脳も発達していたと考えられ、混在する中でホモサピエンスが優位に立ったという説だ。右は、現代人の直系の祖先ホモサピエンス。

研究を率いたポール・メラーズ(Paul Mellars) 氏は、こうした技術・行動
の両面での進化によって、約6万年前にアフリカを出たホモサピエンスは、欧州全域にまたがってネアンデルタール人が暮らしていた地域に進出し定住した。このホモサピエンスの大量流入のため、ネアンデルタール人は従来の居住地域から生活環境の厳しい地域へと追いやられ、彼らネアンデルタール人に最後のとどめを指したのではないかという。
 
de7dfa52-s現在判明しているその分布域は今の欧州全域から中東やアジアにまで及び、南は地中海沿岸からジブラルタル海峡、ギリシャ、イラク、北はロシア、西は英国、東はモンゴルの近くまで達していた。西ヨーロッパで最も多かった時期でも、その数はせいぜい1万5000人程度だったと推定されている。 欧州に20万~30万年余りにわたって存在していたネアンデルタール人を約4万年前(4万3千年前)に欧州全域を突然襲った寒波が、彼らを欧州のイベリア半島と中欧、地中海沿岸の限られた地域に追い込んだとされ、さらに現生人類に追われ、彼らの最後の痕跡は、現在スペインとジブラルタル(Gibraltar)の洞窟内で見ることができる。地図は、ネアンデルタールの化石の発掘地点 参照記事 参照記事
GorhamsCavef6c6472a左の図では、一時期欧州全域に居住していたネアンデルタール人が、後から侵入してきた現生人類ホモサピエンスに追われて、最後はジブラルタル海峡の
ゴーハム洞窟Gorham's Cave(左)に居住した(2万6千年前)位置関係を図にしたものここでイルカやアザラシを食べていた事が確認され、狩猟だけでなく、近年穀物を調理して食べていた事も確認されている。

環境に対する順応性や創造性の乏しさだけがネアンデルタール人消滅の原因とは断定できないが、上の説に基づいて右上の小柄なネアンデルタール人の復元写真を見れば、なんとなく、気の優しい素朴な民に見え、一方の現代人に最も近い、右下の写真の現生人類ホモサピエンスは、賢いが相当獰猛、かつ好戦的な性格だったのではと思えてくる。過去ブログ:猿人 人類の320万年前の完全な二足歩行確認される。 Missing Link(ミッシング・リンク)の発見  ネアンデルタールはグルメだった スペイン

2013年12月17日死者を埋葬し、介護をしていた痕跡が確認される ニューヨーク大学国際人文社会科学研究センター(CIRHUS)とフランスの考古学組織アルケオスフェール(Archeosphere)に所属する古生物 学者ウィリアム・レンドゥ(William Rendu)氏が率いた今回の新たな研究により、ネアンデルタール人の遺跡と人骨が埋葬によるものかどうかを巡る長年の論争に決着がついた。研究報告によると、ネアンデルタール人たちは故人のために、細心の注意を払って墓穴を掘り、遺体を腐食動物から守っていた。少なくとも5万年前の人類の間に、入念な埋葬の習慣が存在したことが確かめられた。
1999年になって、フランスの研究者たちがフランス南西部のラ・シャペル・オ・サン:La Chapelle-aux-Saints遺跡の再調査を開始した。発掘調査が完了したのは2012年だ。その結果、人骨が発見された窪地は、少なくとも部分的には墓にするために手が加えられていたことがはっきりした。

122224213-1-_74484_600x450ネアンデルタール人が死者を葬っていたという見方は、彼らには象徴的思考の能力があり、豊かな文化を築いていたとする近年の知見とも符合する。例えば、ネ アンデルタール人は自分の身体を顔料で飾り、鳥の羽や色味のある貝殻で作った装身具を身に付けていたことが分かっている。
ラ・シャペルーサン(ラ・シャペル・オ・サン:La Chapelle-aux-Saints)遺跡から見つかった証拠は、ネアンデルタール人が私たちと同じように、病人や老人の世話をしていたことを示唆する。ブイソニー兄弟が発見した骨の主は、ほとんど歯を失い、腰と背中に問題を抱えて、補助なしには移動も困難だったと考えられるからだ。この研究論文は、「Proceedings of the National Academy of Sciences」誌オンライン版に12月16日付で掲載されている。 参照記事
ph_thumb2015年11月19日:5年前の2010年に報告されたばかりの謎多き“第3の人類”デニソワ人。その歯の化石を分析したところ、彼らは現生人類やネアンデルタール人と数万年も の間共存していたことが、11月16日付けの科学誌「Proceedings of the National Academy of Sciences」の論文で明らかになった。我々ホモ・サピエンスの祖先が、かつて他のヒト科ヒト属(ホモ属)とユーラシア大陸を共有していたことを裏付ける研究結果である。約4万年前に姿を消した ネアンデルタール人は、現生人類と数十万年もの間すぐそばで暮らしていたが、ある期間そこにはデニソワ人の姿もあったことになる。 過去に行われた指の骨と歯の分析では、現生人類にデニソワ人の痕跡が残されていることが判明した。パプアニューギニアをはじめ太平洋の島々に住むメラネシア人のゲノムの5%に、デニソワ人が貢献しているという。
そ の後2本目のデニソワ人の歯が見つかり、ミトコンドリアDNAの分析から、先に見つかっていた指の骨の持ち主たちよりも約6万年も前に生きていたとされ、 デニソワ人は単一の種として、少なくとも現生人類と同じくらいの期間アルタイ地域に断続的に、またはネアンデルタール人より先に存在していた可能性すらあ り、後に交配があったとしても、デニソワ人は元々独立した種で、新たな歯の年代や分析から、これまで考えられていたほどネアンデルタール人とは近縁ではな いかもしれないことが示唆された。 参照記事
2016年2月22日: これまでの解析で、ネアンデルタール人と現生人類が交配していたことと、さらに同時代に第3の人類デニソワ人も存在していたことが判明している。この3種 は50万年前にアフリカの共通祖先から分かれたと考えられ、ネアンデルタール人はアフリカを出る前すでに現生人類と交配があり、現生人類(ヒト)に遺伝子 を残し、ヒトより数十万年前にアフリカを出て主にヨーロッパに広がった。
e194b49e新たなTLRの遺伝子の解析から、ヨーロッパ人と東アジア人、アフリカ人 など現代人の14集団のこの領域を調べると7つのタイプに分類された。このうち2つがネンデルタール人由来、ひとつがデニソワ人由来だと判明する。理論的 には現生人類(ヒト)より数十万年先にアフリカを出て、中東を経由してヨーロッパに広がったネアンデルタール人の遺伝子は、アフリカに残った祖先由来のア フリカ人には存在しない。調べると、確かにアフリカ人にはネンデルタール人由来のTLRを含む領域がほとんどみられなかった。このように、現代人のTLR を含む領域のゲノム配列を詳細に調べ比較してネンデルタール人とデニソワ人由来だと突き止めた。実はこのネアンデルタール人由来のTLR1とTLR6、 TLR10遺伝子を最も多く持つのが日本人。どの集団よりも高く、約51%が持っていた。このことは、世界の中で「最もネアンデ326dac9dルタールに近いのは日本 人? 」という推論を浮上させた。言い換えれば、他の民族もネアンデルタール人の遺伝子を持ってはいるが、日本人が一 番他の人種と交配せずに今に至った、ネアンデルタールに最も近い現生人類の末裔と言えるのでは、、。早い時期から島だったことも、他の人種から隔離される結果に なったのかもしれない。上の図については 過去ブログ:2015年10月現生人類は欧州より早く中国大陸で出現したのか? 参照記事

nappi11 at 00:03│Comments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2011年07月30日  犯罪 北欧 ロシア 東欧
a2edcbe8ll先のブログ ノルウェー、庁舎爆破、銃乱射事件 死者多数 に書いたブレイビクは、全長400mのウトヤ島UTOYA ISLANDで 、約1時間半の間に700人を追回し69人を殺害した。この前にオスロで爆弾事件を起こしていて、死者はあわせて77人となっている。(死亡者数は2011年7月30日確認 被害者リスト
2011年7月28日の近況では、彼の弁護士は「精神異常」だと言い切り、裁判で弁舌を振るうつもりか、妄想と偏見に満ちた原稿を書いていると言う。上は、この殺人鬼が若者を追い回したウトヤ島での虐殺の足跡で、薬物でハイな状態で、イヤフォンで音楽を聴きながら銃を乱射し、執拗に追いかけ、殺害した様子が分かる。(クリックで拡大) 参照記事

自己顕示欲の強い狂人の言う事に興味はないが、彼、ブレイビク容疑者は、自分のマニフェストの鍵を 握る部分を、アメリカのテロリストでユナボマー爆弾犯として有名なセオドア・カチンスキイの論文『工業化社会とその未来』から借用している事は注目すべきで、 カチンスキ イ
Theodore John Kaczynski(カジンスキー)は、フェミニストやゲイ、障害者の権利獲得運動に携わる人々、自然保護活動家、『ポリティカリティ・コレクト』article-2019720-0D30741700000578-565_964x527や現代のテクノロジーを広めようとする人 々を攻撃した。 彼は、1978年から逮捕される95年までの17年間、小包爆弾を相手に送りつけ、それによって3人が死亡、26人が負傷している。現在 彼は、下された4つの終身刑を勤め上げるため獄中にある。

どちらも正常では無いが、現実にこのようなペシミズムpessimism的狂気の思想に囚われ、行動を起こす人物が実在する以上無視は出来ず、社会がよりいっそう警戒していく必要がある。ブレイビク容疑者が3月、インターネットでポーランドの会社から化学薬品を購入し、ノルウェー情報当局が内部の要注意人物リストに含めていたことが25日分かったと地元メディアが報じているが、しかし警察は当時、それ以上の追求はしなかった。
ノルウェーは、前の大戦でドイツに占領され、当時国内にナチスの強制収容所 Nazi concentration camp
が幾つかあったが、皮肉にも、このネオナチかぶれの虐殺犯は、当時のナチスのGRINI強制収容所跡の刑務所に収監されている。注目すべきは、ブレイビクやカチンスキーがナチスのような国家優先の全体主義ではなく、敢えて孤立し個人的な反社会的報復行動にこだわったことだ。

2011年8月2日:その後の調べで、容疑者自身が島での犯行の最中に、警察に携帯電話で通報していたとの報道があった。逮捕後の言動からも自分の行為がどれほどの反響で、人々が自分の行為にどう反応するのか、かなり関心があったようだ。それは彼の弁護士も認めているが、単なる顕示欲の強い、狂った殺戮者でしかない。

島での事件に、警察は容疑者逮捕までに90分を要している。惨劇の最中に島にいる子供から連絡を受けた父親が警察へ連絡したが、女性の受付は本気にせず、「子供さんに自分で電話するように言いなさい」と返答している。怒った父親は「このクソババア!」と言い返している。通報は他の父親もしているが、当時警察は先に起きたオソローの爆弾騒ぎで大騒ぎで、いたずらと思ったのも無理は無いが、実際には現場に急行するヘリが無く、あわてて島に行こうにも警察のボートが故障していて民間のボートを借りる羽目になり、到着が遅れ、結果的に犯人の思うがままに1時間半の犯行を許してしまった。ここで、なぜ子供たちが親に電話をしたかだが、個人的な推察では、容疑者が警官の格好をしていたことと無縁では無いだろう。

爆弾事件後( 
ノルウェー、庁舎爆破、銃乱射事件 死者多数  ) 使われたレンタカーからオスローの事件の少なくても3時間後には容疑者の名前は判明していた。時間的には、島に着いた警官はすでに容疑者の名前は知っていた。遺体の散乱する状況で犯人が射殺されず逮捕されたのは、犯人が爆弾を身に着けているかも知れず、容疑者の自爆を警察が警戒したためだった思われる。参照記事
2011年8月2日:その後の調査で、容疑者がインターネットの通販eBayで andrewbreiの名前で爆破と殺人計画の道具を購入していた事が判明した。爆弾の材料になる硫黄の粉末 sulphur powderから防護服 protective suit、穴あけ用の工作機drill press vice、ライフル用のレーザー照準器等多岐にわたっている。自供から、英国から購入した工作機を使って毒入りの銃弾poison-tipped bulletsを作っていた可能性があるという。これは銃弾の鉛部分に穴を開け、殺傷力を高めるために毒を入れたと言うものだが、この毒とは猛毒の純粋なニコチン pure
nicotineで、警察が現在実際の犯行にこの銃弾を使用したのかどうか調査中だ。銃弾の弾頭を加工してダムダム弾にしていたことは判明しており、殺害する事への異常な執着が見えてきた。参照記事

Ci1206030509272012年5月31日:アンネシュ・ベーリング・ブレイビク(Anders Behring Breivik)被告(33)は、非常に容姿を気にする人物で、アーリア人らしい外見を目指して鼻の整形手術を受けていた――。2012年5月29日行われた公判で、同被告の幼なじみが証言した。
26日目となる公判で証言台に立った4人の幼なじみによると、ブレイビク被告は次第に政治に傾倒していき、特にノルウェーの移民政策に執着に近い関心を 寄せた末、2006年に幼なじみらとの交友を一切絶った。当時被告は27歳で、母親と同居を開始した時期に当たり、被告の人生で重要な転換期とみられてい る。
この頃、被告は母親の家で終日ビデオゲームをして過ごしていたとされる。誕生日に自宅を訪れた友人らは、玄関口で母親を通じて追い返されたという。
それまでブレイビク被告は社交的で明るい性格だと思われていたため、友人たちはこの変化が理解できなかったと証言した。中学時代からの友人だという弁護士の男性は当時「(被告が)重いうつ状態になったか、同性愛者になったことを打ち明けたくないのかと思った」と述べた。

また元同居人は、被告は虚栄心が強く、自分の外見を非常に気にしており、女友達が少なかった一方、化粧をするなど被告自身に女性的な一面があったと述べた。被告は「自分を(サッカー選手の)デビッド・ベッカム(
David Beckham)のような都会的でセクシーな男性に見せようとしていた」という。

友人らの証言によれば、ブレイビク被告は20歳だった1999年、鼻の整形手術を受けた。子ども時代に親友だったという消防士の男性は、被告が自分の鼻 を「よりアーリア人らしく」したがっていたと証言した。別の証人は、被告が周囲から「アラブ人のような鼻」だとばかにされ、うんざりしていたと述べた。だ が、被告が実際に鼻の整形手術を受けた際、友人たちは誰1人としてそこに政治的なメッセージがあるとは思わなかったという。 この日の証人は全員、実名の公表を拒み、ブレイビク被告の前での証言を望まなかった。このため隣室で証言を聞いていたブレイビク被告は「人生の中でうつ 状態に陥ったことはない」「私が女っぽかったことなどあるわけがない」と否定し、化粧をしていたとの証言についてはニキビをコンシーラーで隠しただけだと 反論した。また「人生の中で『アーリア的』という言葉を使ったこともない。この表現は、私が支持しない『国家社会主義』に由来するからだ」とも主張し、鼻の手術は整形目的でもあったが、パキスタン人に襲われて鼻骨を折ったためだと語った。

ブレイビク被告はこのパキスタン人の事件の他にも、若い時に2度ほどイスラム教徒と暴力沙汰になったと主張している。しかし、それらの時に一緒にいたと される友人たちは全員、事件を記憶していなかった。消防士の友人は「彼は寛大で、争いを好まなかった。過激な行動に出たのを見たことはない」と証言してい る。

友人たちによれば、ブレイビク被告との交友関係は2011年の初頭に復活したが、うち何人かは「かつての気さくなアンネシュ」だと感じた。夏に向かって スポーツで鍛えており、4月下旬に友人グループでバーベキュー・パーティーをした際も特に気付いたことはなかったという。乱射事件はそのわずか3か月後に 起きた。
(c)AFP/Pierre-Henry Deshayes

2012年8月24日:ノルウェーの裁判所は24日、昨年7月に77人が死亡した爆破・乱射事件でテロと計画殺人の罪で起訴された アンネシュ・ブレイビク被告(33)に対し、責任能力を認めた上で、最高刑となる禁錮21年を言い渡した。動機については、多文化主義やイスラム系移民などから国を救うためだった と主張していた。五人の裁判官全員一致で「十分に判断能力があった」として、最大の争点だった刑事責任能力を認定、禁錮21年を言い渡し、弁護側は判決を受け入れるとみられる。ノルウェーには死刑や終身刑がなく、禁錮21年は最も重い量刑。再犯の恐れがある場合は無期限に延長できるが、判決公判で裁判所は、定期的に被告を観察し、禁錮10年まで刑期を短縮する場合もあるとした。事件の再現映像など 事件のその後の経過;2014年9月77人殺害の殺人鬼が、政党立ち上げを表明 ノルウェー

nappi11 at 01:23│Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
article-2018545-0D2735B300000578-963_468x577article-2018545-0D27294900000578-865_468x367今の時期のフィンランドの北部ラップランド地方は白夜の真っ最中で、真夜中でも陽が沈みません。当然野生たちも、特に子供のクマたちにとっては最高の夏でしょう。英国の写真家Jules Coxさんが撮ったフィンランドのクマさんの写真です。目の前数メートルで遊ぶクマたちの様子が撮られています。あまりにクマが出没するので、本人は撮影に予定した5日間のあいだほとんど寝れなかったそうですが、不満どころか最高の経験だったようです。もうすぐサケが上ってくる時期ですね。木で遊ぶコグマは1歳article-2018545-0D27AC8F00000578-426_468x348article-2018545-0D272D9C00000578-19_468x353未満だそうですから、今年初めて魚とりを経験するのでしょう。森には他に、トナカイや大鹿、そして大好きなハリネズミたちが暮らしています。ヨーロッパでは貴重な野生の楽園です。参照記事
nappi11 at 01:22│Comments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
620f8951gw1djj54kh1iajnevy1中国人もジョークが分かる。中国高速鉄道に乗る際に絶対携帯すべき品物は、まずヘルメット、そして、窓ガラス破壊用ハンマー 、応急処置キット 、非常食、災害保険 、遺書、数珠などなど、、と強烈に鉄道を皮肉っている。右はインターネット画像より。

さらに、日本からの提案だが、身分証明書が無ければ遅れた場合払い戻しもしないそうなので
4d0bfa9c6e31e436c1bebc3a7a83f063T110890H_M2身分証明書。怪我した場合、コネで補償を多く捕るために、党員なら共産党党員証。事故は報道されないので、海外短波放送を聞けるラジオも必要だろう。あー、忘れてた。埋められた時の脱出用にスコップも、、。左は万能薬で、打ち身、捻挫にも聞くと言うタイガーバーム。お気の毒に亡くなった方も多いので、悪乗りはこの辺にしておこう。
nappi11 at 00:51│Comments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Ci110728204622中国東部浙江省温州郊外で起きた高速鉄道事故の原因について、信号の欠陥だったとする安路生上海鉄道局長のコメントを、国営新華社(Xinhua)通信が2011年7月28日報じた。安局長は、中国政府の事故調査チームの会合で「信号が(停止を示す)赤色に変わらなかった」と説明したという。、、国営紙「中国日報(China Daily)」は28日、遺族の多くが事故原因が究明されるまで賠償金の受け取りを拒否したと伝えた。中国版ツイッター「新浪微博」が実施した世論調査では、97%が事故に関する鉄道局発表を信じていないと答えている。AFPより抜粋 年号加筆

事故直後は落雷による電源の故障と言っていた。今度は信号の欠陥だというが、あまりにも子供だましの発表で笑ってしまう。時速200キロ以上で走る高速列車を、中国では信号の目視で止めるのか?赤信号が出れば同時に自動制御が作動するはずだ。この幼稚な言い訳で見えるのは、事故原因は車輌外部の天災や外部施設が原因で、独自開発(?)の車輌やシステムには何の問題も無かったと言いたいらしい。原因究明より国家の威信の方が優先と言う事だろう。

nappi11 at 00:49│Comments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2011年07月29日  犯罪 国内問題 政治
17668_34541過去のブログで捕鯨について書いたのはもう3年以上前だ。捕鯨(ほげい) これは言葉の問題。
TKY200802020006-1日本鯨類研究所(鯨研)は、06年度決算で、国から無利子で借りていた36億円の運転資金のうち10億円が 返せず、結局この10億円は、07年度から4年間の分割返済にしてもらった。この「調査捕鯨」というリス クが大きい事業に36億円融資しているのは、鯨研と同様に 農林水産省所管の財団法人である、海外漁業協力財団。この財団自身も毎年12億円規模の補助金を農林水産省からもらい事業を行なっている。

説明するのもバカバカしいが、原発と同じで、調査は必要だといいながら、天下りが税金使いまくっているだけの話。
[PDF](財)海外漁業協力財団役員名簿 :理 事 長(常 勤) 嶌田 道夫 元水産庁長官 常務理事(常 勤) 粂 知文 元水産庁資源管理部審議官 理 事(非常勤) 石川 賢廣 元水産庁次長 理 事(非常勤) 中須 勇雄 元水産庁長官 理 事(非常勤) 畑中 寛 元日本鯨類研究所理事長 理 事(非常勤) 米澤 邦男 元水産庁次長 (元IWC日本代表)理 事(非常勤)  澁川 弘 元水産庁研究部長 、、、。

今、農林水産省で調査捕鯨のコスト見直し論が浮上している。1回の捕鯨あたり30億円以上の費用が必要で、赤字が続いているためだそうだが、こんなもの永久に黒字になどなるはずがない。同省の調査捕鯨検討委員会は2011年7月26日の中間とりまとめで「中止・縮小もあり得る」との 考え方だが、調査捕鯨を続ける姿勢に変化はないそうだ。採算の厳しさを指摘し、調査手法の効率化の議論に つなげる考えとみられる。
 
ひどいハイエナ写真-nb18449特別シーシェパードを擁護する気もないが、胡散臭い金儲けに利用され、税金を食い漁る天下りの餌食になっているだけならやめた方がいい。どうせ彼らは本気で捕鯨再開など望んではいない。できれは禁止されたまま、調査で税金が使えるほうが、いつまでも被害者面できて楽だろう。30億円の事業費のほかに天下りの維持運営費があるだろう。いったいクジラでどれだけ税金が流れているやら、、。この先何年もかけて効率的な調査を検討し、その検討に、まだまだ税金を使いまくるつもりらしい。役人とはどこまでもハイエナのような連中だ。このハイエナども、予算削減と赤字転落の気配が見え始めた途端に姿を消しだしたそうだ。下の参照記事に詳しい。もういいだけ食べて、腹いっぱいと言う事だろう。
右はハイエナ

調査で捕った鯨肉はと言えば、最新の水産物流通統計に よると、昨年2010年12月末のクジラ肉在庫が5093トン、12月としてははじめて5000トンを超えました。2009年12月末で4246トン、2008年 12月末で3096トンですから、毎年平均して1000トンほど在庫が増えていることになります。5000トンという在庫は、調査捕鯨が捕獲対象としてい るミンククジラの約1250頭分に値します。また、過去2年間の南極海でのクジラ肉捕獲量が約4735トンですから、2シーズン以上分もの在庫が冷凍倉庫 に眠っていることになります。つまり、倉庫に肉が余るほどクジラをとっても、景気の低迷で高すぎて消費者にも回らない状態なのだ。典型的な役人商売でしかない。参照記事 クジラ肉販売が低迷
nappi11 at 00:48│Comments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Ci110726194348事故当初から大きな疑問になっている事がある。事故は落雷による電源トラブルで立ち往生していたD3115(温州着19:57)に後続車両のD301が追突したと鉄道省は言うが、中国の運行表(右)で行けば共に福州を終着にする列車で、追突したD301(温州着19:42)の方が本来は先行車輌であり、運行表から見れば、先行車輌が後続車両に追突すると言う実に不可解な事故なのだ。最近ダイヤの変更が在ったとも言われるが、それによって混乱が生じた可能性もあるだろう。

これを説明しようと思えば、何らかの原因でD301が遅れ、
先行していたD3115が25分も進行方向で停車しているとの情報が無いままに突っ込んだと想像できる。だとすれば、運行管理上の人災で、落雷による電源のトラブルはあったにしても、運行システムが無視され、ATC(自動列車制御装置)が異常(切った可能性もある)で、手動での指令通信もしなかった人為ミスという、あまりにも初歩的な、全くありえない事故と言える。131006045_11n

本来、この異常事態を携帯電話や無線を使ってでもD301に連絡すべきだが、中央指令所も通過駅もそれをしていなかった。普通、もし同じ軌道上に遅れている別な車輌があれば後続車は自動的に停車するか減速するが、D301は当時時速180キロだったと言われ、この、平均時速150キロのこの区間で、遅れていたために、むしろ加速走行していた可能性がある。つまり、D301の運転手には全く情報が入ってなく、同一軌道上に、それも本来居ないはずのD3115が25分間も停車しているなど想像もしていなかったようなのだ。中国側が説明しないので、あくまでもこちらの推測だが、、。鉄道省が隠したいのは何か? 人為ミスで停車車輌の情報が届かなかったとしても、信号システムが正常なら自動的に後続車は停止する(日本なら1キロ手前で自動停止)。鉄道省は、安全上もっとも大事なこのシステムの不良と人為ミスを隠したいのでは、、。そして、なぜD301は25分以上も遅れていたのか。運転士の経験不足、要員不測から来る運転士の過労も見逃せず、居眠りの可能性すらある。また、悪天候時には2名体制が義務だが、追突したD301ではなぜか、死亡した28歳の運転士が単独で運転していたと言われている。参照記事
さらに大胆に推測すれば、D3115の停車や悪天候、電気系の異常などもあり、本来
D301のATC(自動列車制御装置)が作動し減速、停車となるのを、運行の遅れなどもあり人為的に切って走行していたのではないかと思えるのだ、、。

これを裏付けるように、現地の専門家も、事故原因が雷ではなく、自動事故防止システムの故障や運転指令のミスではないかと主張している。新京報は「自動事故防止システムが雷で故 障した可能性は極めて低い」と指摘。同済大の孫章・鉄道都市軌道交通研究院教授は「技術、管理上の欠陥か人為的ミスが今回の事故の主因だ」と語っている。参照記事

2011年7月26日:香港紙リンゴ日報は26日、中国のメディア関係者の話として、共産党の宣伝部門が 国内メディアに対し、浙江省温州市で起きた高速鉄道事故について、独自取材で 「真相」を追究することを禁止する通達を出したと伝えた。

nappi11 at 08:50│Comments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2011年07月28日  犯罪 メキシコ 中南米
LOC700646AR_187570メキシコ北部チワワ州Chihuahua state シウダフアレスCiudad Juarez市当局は2011年7月25日、同市の刑務所で銃撃戦が起き、女1人を含む17人が死亡し、4人が重症と発表した。当局によると、受刑者3人が25日夜9時頃に13人が収容されていた未決囚拘留区preventive detention areaに進入し、看守から奪った銃やピストル、入手経路不明な2丁の機関銃(Uzis)で他の囚人を襲撃した。翌日午前2時には制圧された。シウダフアレス(フアレス市)では、麻薬カルテルの縄張り争いが絶えず、メキシコでも犯罪多発地帯で、しばしば刑務所内でも 争いが起きている。今回の襲撃は、刑務所内のシナロア、フアレスの両カルテルの衝突と言われている。フアレス市ではここ2年間で6千人が殺害されている。看守が捕まるYOUTUBE映像

犯罪激発のフアレスなら、囚人が多いのも分かるが、ここの刑務所では、適正収容人員850人に対し、実際の収容人数は2700人となっている。写真は集められた囚人たち。惨劇は、前日の日曜日の夜に、刑務所内で看守、未成年の性犯罪者を交えた麻薬を使った騒ぎ( orgyとあるので乱痴気騒ぎとも、また、看守の手引きで外部から未成年の女性がパーティーに参加していたとも言われており、女性たちは惨劇後外に脱出したようだ。)の延長で発生したとあるので、やはりメキシコの刑務所は想像を超えている。
参照記事
nappi11 at 08:29│Comments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
451306-christian-vanneque-1811-ch-amp-039-teau-d-amp-039-yquemシャトー・ディケム(Château d'Yquem)は、フランスアキテーヌ地方ジロンド県ソーテルヌ村にあるリュル=サリュース家所有のシャトーワイン生産者)で、ソーテルヌ・ワインに含まれる。世界最高の極甘口白ワインである貴腐ワインの生産者として知られている。、、とWIKIにある。

この1811年物が今回フランスのワイン収集家Christian Vannequeに75000ポンド(960万円)で買われた。ワインは彼の所有するインドネシア、バリのレストランに収蔵される。この200年前にフランスのボルドーBordeaux地方で瓶詰めされた白ワイン シャトー・ディケム(Château d'Yquem)は、いずれアラブの王族か誰かの口に入るのでしょう。"Comet Vintages"(コメット・ビンテージ)ともいわれ、彗星が地球に大接近した年に取れた貴重なもので、当然世界でもっとも高額なワインとなった。2011年7月27日の記事から

nappi11 at 07:13│Comments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
article-2018468-0D27254F00000578-424_468x337アフリカの南端、南アフリカの町リボデからのニュースです。 Libode in South Africa's Eastern Cape province.参照記事より抜粋
ある一家で、老人と言うには若い60代の男性が2011年7月23日夕方死亡しているのが発見されました。家族は、喘息の持病で亡くなったと判断し、目を閉じさせ、地元の葬儀屋を呼び、遺体は埋葬のため葬儀屋の手でジッパー付きのバッグに入れられ、低温の霊安室に一時保管されました。
それから21時間後、24日日曜午後5時、この男性は遺体バッグの中で息を吹き返したのです。驚いたのは本人で、ありったけの体力で声を出し、助けを求めました。
Ci110726135836偶然、他の遺体の埋葬準備をしていた係員2名が近くにいましたが、二人は幽霊が騒いでいると動転し、一目散に外に逃げ出しました。やっと気をとりなし、恐る恐る安置所のドアを開け、遺体が息を吹き返したのだと状況を理解し、連絡を受けた孫が駆けつけ、男性は救急車で病院
Saint Barnabas Hospitalへ搬送され低温の霊安室から無事生還しました。町の担当者は、身内が亡くなったら、まず専門医師の診察を受け、一般の人が勝手に判断し、葬儀屋に連絡してはならないとアドバイスしています。意識が戻った男性の最初の言葉は「俺はなんでここにいるんだ?'How did I get here?'」だった。スタッフは恐らく、死ぬほど怖かったでしょう、、、。その場に居合わせた遺体安置所のオーナーは、その夜は寝付かれなかったそうです。なんか、仕事の割りに皆気が小さいような。

ある意味この男性は幸運の持ち主で、誰も気が付かず冷やされ続けたら、、。そして、動転した誰かが木の十字架を突き刺していたら、、。先月ロシアで起きた例では、死んだと思われた女性が棺おけの中で生き返ったが、その直後、死んだと思われたショックで心臓麻痺を起こし急死したそうだ。(別な記事では発見は午前5時となっていますが翻訳の間違いでしょう。参照記事 参照記事 英文別記事

nappi11 at 00:26│Comments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
TKY201107250199中国浙江省温州市で2011年7月23日夜、追突・脱線事故を起こした北京南発・福建省福州行き高速鉄道の運転席は翌朝すぐ、横の野菜畑に掘られた穴に捨てられた。過去ブログ:中国自慢の高速鉄道 追突脱線 川に転落 乗れない高速鉄道と世界に乗れない日本

重機約10台が24早朝、現場に到着し、当初は事故車両をどけて、下敷きになっている可能性がある遺体や証拠品を捜索するとの見方もあったが、車両に手をつけずそばに 大きな穴を掘り始めた。作業員は重機のアームを何度も振り落とし、計器が入った運転席を細かく粉砕。重機数台がアームで車体を転がしながら穴に投棄。 運転席の内部を細かく検証する様子は見られなかった。荒っぽい解体工事作業のYOUTUBE映像

6b4642b1一部車輌の埋設開始に対し、中国のインターネットでは 「事故原因を隠すための“埋葬”ではないか」との声が広まった。上海鉄道局の 関係者は「事故原因の究明には役立たない。もはや、くず鉄だ」などと話した。

インターネット上では「車内には生存者がおり、遺体、遺留品も あるかもしれないのに、どうして急いで埋めたのか。最後まで探したのか」と反発する声が 渦巻いている。参照記事

また、事故後の24日午後5時20分に高架橋上のつぶれた2車輌を分解撤去中に
2歳の幼児(右:両親article-2018002-0D26A19D00000578-130_966x547は車内で死亡)を発見、救助したことに対して「奇跡」と一言で済ませた王勇平報道官に対して批判が集中。女児は生命には別状がないものの重傷を負い、左足を切断する可能性もある。鉄道省が公表した死者35人新華社通信は43人、負傷者210人以上)、負傷者192人という数字や、死者1人あたり15万元(約180万円)の補償金が「少なすぎる」という意見も多数寄せられているという。参照記事写真
 
事故は23日夜8時34分だった。現場捜索は5時間後の24日午前2時に打ち切られ、午前4時には中国中央テレビ(CCTV)が「現場にすでに生存者がいる 兆候がない」との字幕を流し、午前6時頃から車体の一部を埋めm50872る作業が開始、午前7時半から一部の車輌の粉砕が始まった。そして、事故が発生して20時間後の24日午後4時36分、同高速鉄道の運転が再開され、午後5時20分2歳児救出。あくまでも落雷による天災事故で、車輌の検証は必要ないという事か。しかし、追突車輌はブレーキを掛け続けたという証言もある。当然あった自動制御装置、ブレーキの異常は無かったのか?左上の写真で丸印があるのは、投稿者が埋める残骸の中に「遺体ではないか?」と囲んだ部分だ。当然だが、相当の遺留品が車内に残っていたはずだが、機械で粉砕され一部は埋められた。右下は7台のショベルカーがすぐ横の野菜畑に穴を掘り始めた様子。

また、これほどの世界的な大事故でありながら、中国4大メディアの人民日報・
経済日報・光明日報、解放軍報のトップページで事故についての報道はなく、24日の朝刊(左)はどの新聞も軍幹部の大将昇格をトップニュースにしており、列車衝突事故は報じられていない。参照記事
TKY201107240606
妊娠7か月の妻(28)と義母(52)ら家族5人を亡くした浙江省の男性は、「政府は生命よりも運行再開を優先した」と声を荒らげた。男性の家族が24日夜になって、落ちかかっていた車両の中から発見されたためだ。また、不明乗客の家族や友人ら約20人が「市内の病院は全部回り遺体もすべて確認したが、どこにもいない」「列車とともに地下に埋められたらたまらない」と温州市内の遺体安置所の担当者にすがりついて訴えた。死亡した外国人は、20代の女性を含む米国籍2名。 参照記事

高速鉄道列車事故を受け、台湾高速鉄道(台湾新幹線:右)が2011年7月25日、運行システムの説明会を開いた。技術担当者は「中国の事故はまだ原因不明だ」と直接のimg_233730_45114728_0論評を控え、「我々は日本と 同じシステムを使っている。あのような事故はありえない」と自信をみせた。台湾新幹線は2007年初めに開業。台北―左営(高雄)間345キロを最速96分で結び、ピークは1時間に6本が走る。独、仏製品が交じっているが、車両は700系新幹線をもとにした日本製、安全確保の中核となる自動列車制御装置(ATC)も日本製だ。 この日は訓練用の模擬運転装置を使い、追突を防ぐ仕組みを解説した。最高速度の時速300キロで運転中、前方に止まったままの列車があるとの想定。警報が鳴りATCが作動、ブレーキがかかり1キロ手前で完全停止するまでの様子が公開された。参照記事

2011年7月25日:25日午後5時半ごろ、中国高速鉄道(中国版新幹線)北京-上海線の定遠(安徽省)近くで電力供給設備の故障が発生、列車が緊急停止した。8時半すぎに復旧したものの、20本超の列車に3時間以上の遅れが出た。


2011年7月26日:中国浙江省温州市の高速鉄道事故で、中国当局は26日午前、高架から転落するなどして地上 に残っている車両5両の搬出を始めた。NHK記事では一部埋められていた車両が26日、掘り出されたとも報道され、車両を詳細に調査するとみられる。事故後「証拠隠滅だ」と批判が集中。その後、批判を気にしてか、高架から転落するなどして地面に残っていた車両5両の解体作業は、25日夕方までほとんど行われな かった。一方、事故後の政府の対応に不満を持つ遺族らは25日夜、温州市政府前で座り込みをするなど の抗議活動を実施。参照記事

2011年7月27日
:賠償金に関しては、一部が50万元(610万円)という当初の180万円からは異例な高額で妥決したと情報が流れたが、現在遺族は各自別なホテルをあてがわれ、遺族間の連絡が取れない状態で詳細は不明だが、高額補償がほしければ早期にサインしろと言う個別交渉が進行していると言われている。
2011年7月29日:中国政府が賠償金の額を当初の1.8倍の91万5000人民元(日本円でおよそ1100万円)に引き上げることを決めたと、国営の新華社通信が29日伝えた。

nappi11 at 00:07│Comments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2011年07月25日  犯罪 アメリカ、カナダ
Ci110724135443ミセス、アミ・マクティアAmy McTeer39歳は、麻薬犯罪で2008年から9年の禁固刑でオクラホマ Oklahoma州の刑務所に服役中のRoy Kuykendall35歳の被告弁護人An defence attorneyだった。

何とこの弁護士さん、ロイ服役囚と恋に落ち、とうとう2011年7月9日、彼の脱獄を手助けしてしまった。彼は歩いて刑務所を向けだし、その後彼女は彼と結婚まで予定していた。脱獄前の彼女は二人の写真をフェイスブックに載せるまでの浮かれようで、指にはリング状にロイの名前までイレズミしていた。
article-2017767-0D1EBE9A00000578-973_468x269ロイは脱獄後、オクラホマのレストランにいるところを、彼女の兄の密告で逮捕された。彼女は脱獄の幇助を否定したが、彼女の高級住宅からは、囚人服、男性の衣服、過去のお互いのラブレター、ロイの身分証などが発見された。ロイには7年の刑が加算され、彼女は弁護士の資格を失うが、彼女はそれでも結婚したいという。裁判所は2度とこのような事をしない条件で結婚のライセンスを出す予定。
左下は、フェイスブックに載っていた写真。参照記事
nappi11 at 01:02│Comments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20100213004541Ci110724103052急な車両開発が原因か、2011年6月末の開業以来事故が続発していた中国の高速鉄道(溫州高鐵)で6輌が脱線、4輌が18m下に転落の大きな事故が発生した。
images上の左の写真から見るとCRHと表示があるので、右隣のCRHタイプ「和諧号」(和諧=調和の意)高速鉄道車両で間違いないだろう。日本の新幹線がベースになっ
ているが、中国はCRHを自国製のオリジナル高速鉄道車両としてアピールし、一方的に海外にまで輸出の意向を公表し、特許の問題などで問題視されていた。ここのブログでも、スピードばかり自慢する中国に対し、鉄道とは架線や鉄路、安全や運行システム、快p適性、環境対策など総合的な技術の集合であるべきだと書いたばかりだった。前後の乗客は1400人どで、死傷者は下記記事よりさらに増えるようだ。落雷で停車していた先頭車D3115和諧号に、20時34分(日本時間23日午後10時前)後続車D301号が追突した。この路線は北京~上海間の時速300キロ近い高速は運転はせず、D型の第1世代車輌で通常平均時速150キロほど(追突2秒前で時速118キロだった情報がある)の運行をしていたと報道されたが、追突されたのは最新型との報道もある。追突した運転手は死亡したが、ギリギリまでブレーキをかけていたとの証言が在る。(右図:クリックで拡大)。 過去ブログ:乗れない高速鉄道と世界に乗れない日本 どこが自主開発だ? 以下は記事の転載。他24日参照記事

Ci110724103114中国浙江省温州市で2011年7月23日夜、高速鉄道の列車が別の高速列車に追突して双方の車両が脱線、一部車両が高架橋から転落した事故で、24日早朝(日本時間同)、死者は32人、負傷者は191人と伝えた。現場では、地元の救助隊のほか中国軍兵士も出動し徹夜態勢で乗客の救出活動を続けた。高速鉄道の列車が追突する異例の事故により、列車衝突回避に欠かせない制御装置に重大な問題があった可能性が浮上。参照記事
2011年7月25日:新華社電では死者は43人、負傷者210人以上となり、鉄道省高官3人が辞職させられた。調べで、立ち往生した車輌に900人、追突車輌に500人の乗客が乗っていて、先頭車はそこで25分停止していて照明も消えていた。

nappi11 at 10:57│Comments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Ci110724095848CI0002中国共産党幹部のセックススキャンダルが日常化し、中国共産党の紀律検査委員会が行った調査によると7割以上の市(県)級の幹部が「女性(男性)関係に問題がある」という。しかし、中国人の目には、ほぼすべての市(県)で権力を握っている幹部にはこの種のスキャンダルが存在し、汚職幹部となると、「愛人率」は100パーセントに迫っていると映っている。。。と大紀元が中共幹部の性事情を書いている。

有名な中国の書に、「金瓶梅」があるが、金瓶梅のそれぞれが金(かね)、酒、色事を表すとされ、それは今も連綿と中国の富裕、支配層に引き継がれているようだ。記事から抜粋すると、、。

昼間壇上で声高々に党の主義主張を唱える中共の幹部らは、夜な夜な「天上人間(高級ナイトクラブ、「人間」は「世界」の意)」などといった風俗店に潜り込 み遊興にふける。このような高級ナイトクラブは中国に4000カ所以上あるとされ、会員費だけで年間200万元(約2500万円)かかるという。

20061013222033190江沢民・前主席(上、左)にも公然の愛人秘密がある。宋祖英(45歳:右)という美人ソプラノ歌手に熱を上げた江は、「国家大劇院:左、2007年完成」まで建ててプレゼントしたと言われて 3-220いる。外形が墳墓のようなこの北京の新ランドマークは、憚らずに愛人をもつ共産党幹部のシンボルともされる。当の宋祖英は江の「後援」でトントン拍子に出 世し、今や押しも押されもしない大御所的存在となっている。

このような中共幹部の「作法」が、「金銭欲」と「性欲」に深く溺れる中国社会を作り上げた。「金」と「性」が多くの中国人の人生目標となり、両者を手に入 れた人は人々の羨望の対象となった。「笑貧不笑娼」、つまり、貧乏人は笑われるが、売春婦はだれからも笑われないという意味の言葉が流行ったのも久しく、 金を稼いだ者の勝ちという考えがすでに人々の価値観に深く根付いてしまった。、、。

この欲が大きな経済を、そして犯罪を構成している。中国人が貪欲に強精剤やスタミナ食を求める事で世界中の珍獣が餌食になる。欲ボケの官僚や役人は賄賂を求めて汚職に精を出し、世界中への投資はその餌食になり、数兆円規模の資金が海外に隠匿される。汚職は海外にまで広がり、それは覇権主義にまで発展する。単にオヤジの欲ボケとは言っていられない状況なのだ。過去ブログ:裸官、汚職、止まらず 意外な波紋も 中国



nappi11 at 10:12│Comments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
article-2017709-0D1E5A1800000578-154_634x468ノルウェーの首都オスロOslo中心部の官庁街で2011年7月22日午後1時半頃、爆弾によるとみられる爆発が起こり少なくとも7人が死亡、爆発では財務省ビルや首相官邸の入るビルなど複数の建物が損壊され、一つ以上の爆破装置が使われ、車爆弾だった可能性があると指摘した。YOUTBE映像   市民の記録映像


article-2017709-0D1EADCC00000578-539_634x329爆破事件後、ノルウェー南部のウトヤ島(左) Utoya islandで22日午後3時半頃起きた青少年キャンプ場乱射事件で、警察当局は22日、男1人を逮捕した。男はAnders Behring Breivik 32歳(左)でノルウェー人 Norwegian
、警官に投降した男imagesは先の爆弾事件とも関係していると言われる。article-2017709-0D1EEB2000000578-775_634x453地元メディアは、島周辺で20~25人の遺体が目撃され、一部は湖上に浮いていると報じた。(右)

警察当局の調べによると、男は警察官の制服を着て、与党労働党 Norwegian Labour Partyの青年部のボートで集会会場となった同島に入り、1時間半にわたり登録済みの拳銃、ショットガン、自動小銃M16を乱射した。集会にはストルテンベルグ首相が出席する予定だったことから、警察は首相を狙ったテロの可能性があるとみて調べている。左下の写真article-2017709-0D1EDA1C00000578-645_634x354では、テントなどが見える。当時島には700人ほどがいた。参照記事

Helpers of the Global Jihad'(世界イスラarticle-2017709-0D1EB3E500000578-226_306x423ム聖戦救済者)と名乗るグループが犯行声明を郵送して来たと報道がある。その中で、デマーク人の漫画家が預言者ムハンマドを冒涜し、それを出版したことへの抗議だと主張しているようだが、今回逮捕された男とイスラム主義との関係は確認されて無く、いたずらの可能性が高い。過去の漫画のブログ:これで命を狙われました !!

2011年7月23日:庁舎爆破と30キロ離れた島での無差別殺人の合計死亡者は92人に上ると見られている。警察は、庁舎爆破の直前、犯人が付近をうろついていた事を確認した。犯人の動機などは依然不明。島では毎年恒例のサマーキャンプの最中だった。(右下)。.Anders Behring Breivikがフェイスブックなどに残した記録からはキリスト教徒で保守的、狩猟とボディビルが趣味、フリーメーソンのメンバーで独身だったと言う程度しか分かっていない。捜索した彼の農場からは、大量(約6トン)の爆弾の原料になる化学肥料 fertilizer が発見されている。a Christian and a conservative. It listed his interests as hunting, body building and freemasonry.参照記事

2011年7月24日:惨劇のあった島で、右の男が身柄を拘束されたCi110724000831が、ナイフを所持していたと言うもので容疑者との関係は不明。捜査の中で、容疑者がスウェーデンのネオナチグループ'neo-Naziに参加していた可能性が浮上し、この集団は庁舎爆破を暗示する発言をしていたようだ。また、容疑者はその民族主義的思想から、イスラムを含む有色人種を嫌い、移民を容認する労働党政府にも反発していた可能性がある。(ナチスも元はキリスト教カルト教団の一種)


Ci1109161015452011年7月25日:表向き野菜農園を経営していたのは、爆弾の原料の化学肥料調達の偽の装工作と見られ、島での死亡者の多いのはダムダム弾という殺傷率の高い特殊弾を使用していた為で、犯行は非常に残忍だ。行動は計画的だが、多くの言動からは異常な妄想に取り付かれていたように見え、精神分析が必要ではないだろうか?共産主義やイスラムの台頭を毛嫌いするあまり、中世のテンプル騎士団に自分の行動を置き換えるという、キリスト原理主義への狂信的な部分が見えてきた。右は、警官に変装し、銃を持って獲物を探す容疑者の監視カメラからの映像 参照記事


index彼の供述から、殺害のターゲットの一人を1981年 から1996年にかけて3度首相に付いた労働党の.グロ・ハーレム・ブルントラントimagesGro Harlem Brundtland前首相(左)にしていたようだ。またこの銃乱射事件では、同国 のメッテ・マリットMette-Marit皇太子妃の異父兄弟の兄Trond Berntsen氏(右下),が島で犠牲となったとノルウェー王室裁判所が25日、伝えた。

*ノルウェー:'09年9月の総選挙で、ストルテンベルグ首相率いる労働党など、与党3党の中道左派連合が過半数の議席を得て勝利。寒冷地ということで人口は約485万人と少ないが一人あたりのGDPは高く、福祉が充実している。・人口の9割がノルウェー人。死刑は廃止されており最高刑は禁固20年。

この事件のその後のブログ:ノルウェー、殺人鬼の島での足跡




nappi11 at 09:24│Comments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2011年07月23日  犯罪 メキシコ 中南米
images55f8caf8以前のメキシコ 12歳>14歳のヒットマン(殺し屋) 12月2日逮捕 というブログで、メキシコの14歳の少年エドガー・ヒメネスEdgar Jimenez Lugo,通称 エル・ポンチョEl Ponchis(右:逮捕当時14歳)が麻薬組織の殺し屋をしていたことを書いたが、2011年7月22日、取調べが終わり内容が公表された。それによれば、少年は11歳のとき誘拐され、組織内で殺しを強制され、逮捕される14歳までに4人の首を切って殺害し、他の3人images、計7人を殺害、殺人にはそのつど2500ドル(20万円)の報酬をもらっていた。少年はマリファナを強要され、殺人をしなければ自分が殺されると言う状況で、彼も犯罪の被害者だったと言える。彼は年齢から、未成年者では最高の3年の禁固刑に服す事になる。
左は今年5月に捕まった、少年のボスだったJulio de Jesus Radilla Hernandez, 通称 エル・ネグロ "El Negro"  34歳、彼には今年3月に殺し屋を使った7人の殺人容疑がある。


nappi11 at 06:07│Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2011年07月23日  犯罪 その他の 動植物
4RIA-620123-Previewロシアのシベリアに生息するアムールトラ (シベリア・タイガー)Amur tiger(Siberian tiger)は現在は、対策の成果もあり、生息数は安定しており、約450個体と推測されている。ロシア極東のハバロフスク地方では、レッドブックに掲載されているアムールトラの骨を中国に密輸しようとした地元住民が告訴される見通しとなった。62歳の容疑者に対しては、密輸未遂の疑いがもたれている。

容疑者は中国への観光客を輸送するバスの運転手として働いていたということで、アムールトラの骨を購入した後、2011年1月に中国へひそかに持ち出そうとしていたという。容疑者が誰からアムールトラの骨を購入したのかについては明らかとなっていない。容疑者は国境で、税関職員および国境警備隊員らによって身柄を拘束されていた。容疑者は、中国では漢方薬として用いられているアムールトラの骨を売却するつもりだったという。参照記事より抜粋 2011年6月29日ボイスオブロシアより

相当前だが、小樽で以前ロシア人の若者から白熊の毛皮を買わないかと現物を見せられた事が在る。「それを持ってすぐ船に還らないと警察を呼ぶぞ」というと真っ青になって逃げていった。
中国人の愚かな妄想のために、世界中のクマやトラ、爬虫類、ゾウ、サイなど希少動物が絶滅の危機に在っている。犬猫はいまだに食材になっている。無知と迷信がはびこり、さらにそれを悪用して漢方薬や強精材として希少動植物を販売する悪徳商人が未だに横行する中国。過去にはパンダさえも餌食になった。中国人のもっとも愚かで、弁護の仕様もないバカな部分で、富裕層が増加している現状では、価格は高騰し、いっそう買いあさられているのが現状だろう。ロケットまで上げる国で、
どんなに立派な身なりになろうが、頭の中は甲骨文字の時代からなんら進化していない、無知で頑固で非常識な世界の嫌われ者である。再度 中国人を野蛮人とののしる  依然として輸入を取り締まらない中共。アホな国だ。  ここ数ヶ月の摘発、すべて中国向け!!!  ゾウ、2020年には絶滅に直面するおそれ  野蛮な中国人 助かった猫たち。
   :参考資料:中国が嫌われる七つの理由
nappi11 at 06:04│Comments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
東京工業大の細野秀雄教授(57)が発明し、高精細な次世代の液晶ディスプレー実用化のカギを握るとされる新しい半導体について、基本特許を持つ科学技術振興機構は2011年7月20日、世界トップのディスプレーメーカーである韓国サムスン電子に特許使用を認める契約を同社と結んだ。同機構などが同日、発表した。ディスプレー産業の市場規模は10兆円にのぼり、同機構は「細野教授の半導体もこれに匹敵する特許収入になる可能性がある」と期待している。 今回の特許収入は研究費を提供した同機構と、東工大、細野教授らで分け合う。参照記事より抜粋Ci110721075013

国立大学の有望な研究が他国に渡るというのは門外漢には気分のいいものではないが、この事については過去の記事に書かれていて、それによれば、当時日本国内企業はどこも興味を示さなかったらしい。同じ記事は、最近の大学の研究課程に日本人が少ないことにも触れている。右の写真では、左から、イラン、チュニジア、インドネシア、韓国の東北大の研究生がスパコンを使用中。2011年2月の記事から抜粋すると、、。

「日本の工学系の学生の多くは修士課程まではいく。しかし優秀な学生はその先の 博士課程まで進まなくなった。結果として優秀な博士が出てこないことになる」。新しい超電導材料など様々な新素材を次々開発する東京工業大学の細野秀雄教授は 嘆く。細野研究室にも現在、博士課程6人の中に韓国からの留学生が2人いる。留学生は 今後も増える一方だと細野教授はみている。

細野教授らが発見した透明アモルファス酸化物半導体(TAOS)と呼ぶ大型 ディスプレーに利用できる新素材は韓国企業が最初に製品に使おうとしている。 「2004年に英科学誌ネイチャーに発表したとき、すぐに問い合わせしてきたのは サムスン電子とLG電子だった」(細野教授)。このような状況に細野教授は 日本の将来に不安を抱く。

日本のスーパーコンピューターの計算速度が世界1位か2位と騒いでも、現実に使いこなすのが国内の留学生と言う状況で、日本人が博士号を取っても国内では就職先が少なく、多くが海外に流出している。その穴を優秀場留学生が埋めている状況らしい。

細野教授は鉄系超電導という新しいタイプの超電導の発見者としても世界的に著名で、ノーベル賞候補に もなっている。今回の技術は2004年ごろに国の研究費を使って開発、研究を支援してきた科学機構が特許 を保有していた。
科学機構は東工大が保有する特許なども合わせ細野教授に関連する50以上の特許を一括してライセンス する。具体的な契約内容は非公表だが、科学技術振興機構(JST)などは売上高の数%を受け取る見通し。非独占での契約で、現在は国内メーカーとも話し合いを進めている参照記事

nappi11 at 08:40│Comments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20TH-LEOPARD_ATTACK_715950f2011年7月19日インドindiaの西ベンガル州ダージリン地区にあるシリグリの郊外の村a village near Siliguri in West Bengal's Darjeeling district に野生のヒョウ leopardが出現し、村民が教われる被害だ続出し11人が怪我をした。警官と森林警備隊が出動し、廃屋に隠れているヒョウを発見。その時警備員を襲ったときの写真が右で、ヒョウは鎮静剤を打たれて取り押さえられたが、警官襲われた際に助けるためナイchickensneckindia1フや棒でヒョウを強打したしたため、収容された先で19日午後ヒョウは死亡した。

地名からも分
かるが、紅茶のダージリンの産地で有名な寒冷な気候の高地で、野生動物や自然が多く残っている地域です。過去インドが英国の植民地のときは、英国人がレジャーとしてヒョウ狩りなどをした地域で、左の地図では赤い色の部分です。重傷を負った警官には気の毒ですが、野生動物保護のレンジャーも出動していたとの事で、残念な気もします。記事も助けたかったと言う論調の様です。参照記事

nappi11 at 02:31│Comments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック