492E23A62F00000578-3305328-image-a-1_1446737365667急激な難民の急増で、ドイツもその対策が後手に回っている。
ドイツの人口102人の小さな村Sumteでは、次期に地元住民は7人に一人の割合になり、小さなコミュニティーが崩壊しそうだと住民が激怒している。写真は典型的な村の住民と地図。
村にはすでにセルビアなどから流入した難民229人(子供50人を含む)が政府の手配で送り込まれて居り、今後1年間で750人になろうとしている。仮の施設や医療や子供に対する対応、通訳の人員対策も進んでいるが、今はまだ不十分な状態だ。ドイツの食事を嫌う難民に対し、彼ら向けの給食も用意されるが、トータルでどれほどの費用がかけられているのかは明らかにされていない。住民からは「自分たち地域住民には何の対策もされていないのに、、」との不満が出ている。
2E08FE5100000578-0-image-a-1_14464566901992E1A9C1000000578-3303546-image-a-3_1446654713345地域には街頭も無く、週1本のバスが運行しているだけだ。夏には多くの若者がやってきて、近くの湖で泳いだりもする。住民は治安の面でも心配している。設置される難民収容施設は1年間だけだと説明されている。自分も世界大戦終結後難民だったという81歳の女性住民は「難民対策に反対はしないが、自分たちが同じような境遇だったとき、政府は何もしてくれなかった」と語っている。大戦終了時、シベリアに送られてドイツに戻った経験のある住民も同じような不満を語っている。
一方33歳のシリア難民の男性は「当局の対応には十分満足しているが、キャンプ地があまりにも田舎で、店もバスも少なく、何か買うにも5キロ先まで行かなければならない」と、彼らなりの不満を語る。写真は、仮宿舎になる予定の政府施設と押し寄せる難民。2E23060000000578-3306479-image-a-35_1446787783733

英国のケント州では、ハロウィン期間中に英国人の十代の女性が、移民収容施設に居るシリア人の、やはり十代の少年複数に強姦される事件があり、英国社会に不安を投げかけている。

今年、欧州へと流入した75万人の難民のうち、52%はシリア人だった。2位のアフガニスタン人と3位のイラク人を合わせると約25%となり、残り4分の1が他の国々だ。全体の3分の2あまりが成人男性で、子どもの割合は20%。今年だけで、3500人近くが海を渡る際に死亡もしくは行方不明になっている。 参照記事 参照記事 参照記事 参照記事





nappi11 at 01:07│Comments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント

1. Posted by 旭川   2015年11月07日 16:16
今後の報道の方向性次第で、難民が収容所送りとなるのかな?
2. Posted by さるさびる   2015年11月07日 17:37
「鳩ポッポ」と「ネズミ」が『昼食会談』ですって!? ┐(´д`)┌ヤレヤレ
3. Posted by いも   2015年11月07日 18:03
難民←可哀想、無条件で受け入れるべき
道徳的に見ると、なるほど正しい理想論です。
皆が皆宇宙船地球号な世界なら。

経済難民、不法移民、受け入れ側の国民の心情と生活、業者に大金渡して渡航すれば救われるなら、その金も無い本国に残った民は?

はすみとしこの難民絵で使われた写真が少女じゃなくて成人男性だったら?
トルコの海岸に流れ着いた遺体が子供じゃなかったら?
印象で人の意見は驚くほど左右されます。

と今話題のぱよぱよ事件を見ていて思いました。
4. Posted by kako   2015年11月08日 00:34
もし 過疎地である能登に難民が押し寄せたら・・・
 母国を追われた可哀想な彼らを無条件で受け入れられるか・・正直 無理です。
5. Posted by 旭川   2015年11月08日 01:09
着の身着のままで貧しい大量のとんでもない外国人が難民として押し寄せ、
治安が悪化、数の多さに軒を貸して母屋を取られるような未来が来ませんように!
また、映画「日本沈没」の様な災害難民となりませぬように!(W2で多くの国がユダヤ人難民受け入れを拒否した。)
願いたいです。
6. Posted by POPPO   2015年11月09日 23:56
ドイツで内乱が・・・・・・・。


今のところ、衝突しているのは反移民と親移民のドイツ人同士である。だが、難民はかわいそうだとか反移民運動は人種差別だとか言っていたドイツ国民も、最近のドイツ政府の強硬な政策には少なからず反感を抱いている。たとえば、難民住宅の設置が追いつかないため、ドイツ政府が強制的にドイツ国民を住宅から追い出したり、高級ホテルを難民センターに変えるためホテル経営者からホテルを乗っ取り、その従業員たちを全員解雇したり、リゾート地が難民であふれて地元ドイツ人の商売があがったりになったり、人口百人たらずの村に1500人の難民を送り込んだりと、マルケル政権の横暴は目に余るものがあるのだ。また、難民センターのあるドイツ各地で、若いドイツ人女性が毎日のように「難民」たちに暴力的な輪姦の被害を受けている。こうした出来事が他人事でなく身につまされるようになれば、ドイツ市民も国境開放などと悠長なことは言ってられなくなるはずである。以下略
ブログ「苺畑より」

積りに積もった怒りが爆発するとオッカネーぞドイツ人は・・・・。w

コメントする

名前
メール
URL
絵文字