2016年11月29日  犯罪 アメリカ、カナダ

trump米大統領選挙後、マイノリティminorityに対する嫌がらせなどヘイトクライム(hate crime 憎悪犯罪)が相次ぐなか、南カリフォルニアでは3カ所のtm670-2016-1480247210-293629345モスクに対し、トランプ次期大統領がイスラム教徒を「浄化」するといった内容の脅迫文が送り付けられていたことが2016年11月27日分かった。

米大統領選挙後、マイノリティに対する嫌がらせなどヘイトクライム(憎悪犯罪)が相次ぐなか、南カリフォルニアでは3カ所のモスクに対し、トランプ次期大統領がイスラム教徒を「浄化」するといった内容の脅迫文が送り付けられていたことがわかった。文中には、「ヒトラーがユダヤ人にしたようなことを彼(トランプ大統領)が行なう」と書かれているのが見える。参照記事

1480191472085米デルタ航空Delta Air Linesは11月28日、11月22日に飛行中の米国内線の機内でトランプ次期大統領の名前を連呼し、ヒラリーを "Hillary Bitches" と罵(ののし)った男性乗客を、他の乗客に迷惑を掛けたとして生涯、デルタ航空に搭乗させないと発表した。当時、男性が降ろされることは無く、乗客に「乗客の安全と快適性を考慮すれば、搭乗させるべきでなかった」としてデルタ航空は謝罪し、乗客へ料金の払い戻しを行なうと発表した。目撃者の証言では、この男性は搭乗待合場所でもトランプの名前を叫んでいた。 男性の様子を撮影した動画がインターネット上で出回り、この男性に対してだけではなく、デルタへも批判が広がった。参照記事

 参照記事



nappi11 at 00:24│Comments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント

1. Posted by ん   2016年11月29日 23:22
でもさあ。
実際に暴動起こしたりしてるの、反トランプ派だよね。

コメントする

名前
メール
URL
絵文字