2019年12月10日  犯罪 欧州 EU
af-map-cocaine-routes58wn76ttgdd8lpaybuz21a.png2019年12月5日の記事で、ポーランドでの麻薬摘発作戦で、約2トンの南米コロンビアから密輸されたとみられるコカインが押収され、ポーランドの国際犯罪史上最大の摘発量となった。
作戦はポーランドのバルト海に面したグディニャ港port of Gdyniaから引き続いて行われ、中部ヴィエルコポルスカ県Wielkopolskieでの組織の隠れ家や工場、保管倉庫の急襲で565億円(2 billion PLN:USD 520mln) 相当のコカインが発見された。映像から、工場で精製も行われていたようで、4人のコロンビア人、ドイツに住むイラン人1名とポーランド人2名が拘束され、同組織に関係する1名がドイツですでに拘束されていた。英文記事 記録映像
4D05395400000578-5817697-image-a-1_1528388128472欧州では、犯罪組織としてイタリアンマフィア、ロシアンマフィアと同じくポーリッシュマフィアポーランド・マフィア:Polish mob、mafiaも有名で、欧州各国にシンジケートを持ち、多種多様な犯罪に手を染めている。今回の押収量の多さや、コロンビア人が拘束され、精製工場が有ったことで、4D06A04D00000578-5817697-image-a-58_1528401734918ポーランドが欧州や北欧、ロシアなどへの麻薬ルートのコカイン供給拠点だった可能性がある。 参考:欧州のマフィア
2018年6月の英国記事では、英国の16歳から34歳の内、約4%に当たる約60万人が過去1年間にコカインを使用した経験を持つとされ、欧州各国の同様な平均率1.9%と比較すると、英国の若い世代が最も多くコカインを使用している。右下の European Monitoring Centre for Drugs and Drug Addiction (EMCDDA)の図では、他の1.9%以上の国を赤で示し、グレーの国は平均の1.9%以下となっている。参照記事 過去ブログ:2019年11月南米コロンビアからスペイン沖まで潜水艦でコカイン3トン密輸  11月中国で麻薬密輸で9人に懲役判決など 米中共同捜査の結果?

nappi11 at 07:21│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
メール
URL
絵文字