何かをする時に、しっかり準備してからはじめるところあるよね。

自分のことは自分が思っている以上に分かってない。そう思うことが多いです。
気づいてないことに気づかせてくれるそんな言葉でした。

はじまりとおわりを意識するようになったのは、タスク管理を始めてからですが、
その中でも大事にしていることがあります。

1日のはじまりは好きな曲から


朝起きてすることの中に、曲を流して自分スイッチを押すというタスクがあります。
最初はシャッフルで聴いていましたが、今日の気分はこの曲ではない、
と変更している自分がいて、夏頃から、好きな曲にするようにしました。

これもこの曲良く聴いてますねと言われ、そうだった、気分良くスタートできているなと、
意識するようになったのです。 

意識して分かったこと


・調子が良い日と悪い日が分かる
好きな曲を選ぶことで、その時の調子がより分かります。
元気な曲を聴きたい時もあれば、静かな曲を聴きたい時もある。
何かを頑張ろうと思っている時なのか、穏やかに過ごしたい朝なのか。

・元気をもらえる
聴いてるだけで、心地よい。
好きな曲は歌詞も好きなものが多いので
言葉ひとつひとつに元気をもらうことが少なくないのです。
その時の状況で響く言葉が違うこともあります。
また同じ言葉がずっと残るのは大事にしていることだからだと思うようになりました。

11月を振り返ってみました


1番良く聴いていたのは、Bank Band 若者のすべて 6回
次が、Bank Band  昨日のNo,明日のYes 4回
この2曲を聴くと朝のイメージにつながるくらい、よく聴いています。
今月は水曜・木曜で聴いてるのが多くてびっくりしました。
意識してませんでしたが、金曜日まで頑張ろう!と思っていたのかもしれません。

最近のお気に入りはkokua Progress
気になった言葉がこの歌詞と知り、好きになって週末よく聴いてました。
斉藤和義さんも最近よく聴いています。

聴き始めたきっかけは、どれも誰かが好きな曲。
誰かの真似から自分の好きに変わっていくのは楽しいなと最近思います。

好きな曲がくれるもの


朝のはじまりの曲がこんなに自分の力になっていたとは。
薄々感じてはいましたが、振り返ってみて改めて実感。
好きな曲ではじまる朝は気持ちいいな。