今日は、もっちゃ様と映画「小さいおうち」を観てきました。第143回直木賞を受賞した中島京子さんの小説を、山田洋次監督が実写化したお話でした。

sIMG_4227

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現代から過去をさかのぼるという視点と第二次世界大戦が絡んでいるという点で、映画「永遠のゼロ」に共通するものを感じました。

「東京家族」のキャストと、かなりカブりましたね。橋爪功と吉行和子は夫婦だし、夏川結衣と妻夫木聡は姉弟だし、他にもいつもの山田一族の面々がズラリでした。その中で、女中タキ役の黒木華が、素直で、繊細な演技で、絶賛されていますが、確かに全ての映画賞をさらっていきそうな実力派ですね。蒼井優とイメージがカブります。この間のドラマ「リーガルハイ2」でおかしなヒッピーの役を演じてたけど、同じ人物とは思えなかったです。

今回は、ナラクマは原作も読んでいたけれど、奥様の時子(松たか子)が一目惚れする板倉(吉岡秀隆)だけが、イメージと違いました。見た方は、いかがでしたでしょうか?

自叙伝のノートとともに封印された「秘密」には、思わずホロリとしました。しっとりと心に残る作品だったので、ナラクマ得点は75点かな。

原作は、学生時代の先輩が書いています。

sIMG_4229

 

 

 

 

 

 

 
仕事関係でお会いした時に、本にサインして頂きました。気さくな先輩に感謝です。

ssIMG_4230