今日は、E様と一緒に映画「美女と野獣」の字幕版を観てきました。一番大きなスクリーンで満席でした。

最初に吹き替え版を見て、今日は字幕版ですが、結論から言うと、やはり字幕版が良いですね。ミュージカル好きは、もちろん両方の鑑賞をオススメします。

sIMG_0760









全体的な感想はこの間書きましたが、何度見てもこの実写版の出来栄えは素晴らしい!字幕版の感想ですが、エマ・ワトソン、歌が上手です。それよりも、ガストン役の方はミュージカルにも出演しているだけあって、やはり声が通り、歌が非常に上手でした。そして、ルミエール役があのスター・ウォーズのユアン・マクレガーだったことに観終わってから気が付き、E様と一緒に驚きです!モーリスの方の演技も、やはり素敵でした。

だいぶ、サントラで新曲の3曲を予習したおかげで、かなりストーリーに入り込めました。Our Song Lives On〜時は永遠、やはりこの曲が一番好きです。セリーヌ・ディオンの歌声が、かなり良いですね。字幕版は、ナラクマ得点98点。マイナス2点は、やはり図書館のシーンの描き方と“愛せぬならば”が歌われないことかなぁ。

今日はパンフを購入。

sIMG_0836















次は、この作品に期待です。

sIMG_0761










これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。