今日の代休2日目は、都立大学駅を降りて、八雲の高級住宅街へ。周りは大きなお屋敷がたくさんの元邸宅のあった場所に建てた一軒家「八雲茶寮」に行ってきました。

門構えからして、立派です。

 01B236BA-6B62-463F-9B98-9B3FEC715DE7

FB4159E5-ABD1-4AC2-B7AF-02CA700A6E19

階段を上っていくと、大きな暖簾がかかった母屋の入口に到着しました。

E205377C-54DD-46AF-8D7C-A577A5621BA5

7B9EE87A-B2C2-40EB-8D33-AEFCF42AC596

入口では個展が開催されていて、漆器や食器が売られていたり、和菓子やお茶などの倏狄寛稔という売店があります。

8772CBE8-BB0A-498D-A0F8-5E6F48BB09F5

食事をする場所は、雑誌などの取材も全てお断りし、撮影してもよいですが、SNSへの掲載は禁止とのことでした。アップできないのは非常に残念ですが、落ち着いた素敵な上質な空間で、素晴らしいお食事を頂くことができました。

〈昼懐石〉8000円
前菜、お造り、揚げ物、汁椀、和え物、焼き物、炊き物、ご飯、香の物、生菓子、お薄

DA36E85F-6D3B-49BA-B9D4-540464CB61EA

このおひつのご飯が、特に美味しかったです。

47E4A7E6-DAAA-4DE8-A753-9E4F74D66756
 
夜の部は紹介制と聞いていましたが、昼に一度来店したので、次は夜の来店も可能になるそうです。茶房も見せて頂きましたが、素敵なお店で、いわゆるアフタヌーンティー、午申茶(ごしんちゃ)も頂けるそうです。これは、また行かねば!

67A95B25-4775-4B00-9D1A-387B33BF592C
 
次は、是非夜の部に行ってみたいです!