aamall

February 07, 2012

旧正月の終わり―ガイ・ザム 元宵節

旧暦の毎月1日と15日は菜食、という習慣を守る人々がいる。
この習慣はもともと仏教の習慣に由来したもので、それらの日にはお寺に参拝する人も多い。

各家庭では先祖をまつった神棚に花・果物・料理を奉げ、線香を炊き、家の土地の神様と先祖に祈りをささげる習慣が色濃く残っている。(これに便乗して、毎月1日・15日前後は果物の値段が吊り上げられる…。)
特に旧暦15日はngay Rằm (ガイ・ザム)と呼ぶ。

新年が明けた毎年1月15日は元宵節(げんしょうせつ)と中国では呼ばれる、お正月のしめくくりの日。
旧暦1月15日のngay Rằmは、どの月のngay Rằmよりも重要視されている。
いつもはゆでた鶏肉(ライムと香草・塩をつけて食べる)、おこわが必ず神棚にささげられるのだが、旧暦1月の15日だけは肉類は奉げられない。

また、多くの家庭では亡くなった先祖が黄泉の世界でも無事に過ごせるよう、お金やたばこ、服、靴、馬、家など(最近ではipadや車なども)を模した紙細工もささげ、最後には道端で燃やしてしまう。
DSC_0704


DSC_0703


これでもか、というぐらいに紙でできた服を円状にならべ、その上に金(に似せたもの)、昔の紙幣、ベトナム紙幣、100ドル紙幣、(以上すべて偽札)、現在の紙幣を重ねる。

DSC_0717

僧侶を呼んで読経してもらう家もあるが、少ない。

私が行った家の中には、読経をしてもらった後に捧げていたおかゆのおさがりを頂く家もあった。
DSC_0718


驚いたのは、おかゆの食べ方。彼らはベトナムでは珍しく具のないおかゆに、砂糖をたっぷり入れて食べはじめた。その際、一本のおはしで食べるのが儀礼後の慣例なのだそうだ。


naralan at 00:49│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字