2013年09月22日

「奈良市・実践型インターンシップ」報告会 開催

こんにちは、西尾です。

先日の16日に開催した最終報告会をもって、奈良市・実践型インターンシップを終了しました。

簡単にではありますが、順にその総括をしていきたいと思っています。

今回は、その報告会を。


 IMGP1386


報告会は9月16日(月祝)、きらっ都・奈良の2階フリースペースにて開催。

約30名の方々に見守っていただくなか、サンルート・平宗の両社の活動報告を行いました。

サンルートは同志社大の池内さんと、学習院大の山本さん
 
ホテルサンルート奈良のロビーデザインを中心に、4週間の課題発見とその解決の軌跡を話していただきました。


IMGP1400
 




平宗は、中央大の佐藤さんと、大阪商業大の堀江くん

奈良の郷土食である柿の葉ずしの、小学生向けの食育授業のプログラム開発に取り組みました。
 

IMGP1454


僕自身は研修等で定期的に彼らの活動を共有させていただいていましたが、改めて、こうして最後にまとめていただいたのを見ると、本当にしっかり頑張ってきたんだと感じました。

ですが、ただがむしゃらに頑張ってきたわけではないですし、 社長の指示通りに淡々と業務をこなしたという頑張りでもないです。

彼らは現状ほとんど成果がないような受入企業の課題に対して、社長の仮説を基に組んだプログラムに参画し、自分たちでひとつずつ課題に向き合い、確実に前進をさせました。

僕がインターンシップの話題をすると、「経験もスキルもない大学生が企業で1ヶ月にいって何ができるのか」と聞かれることが多々あります。

ですが、今回のインターン生は、平宗の平井社長のお言葉をお借りするならば、「客観性」、「ねばり」、「チャレンジ」を発揮しました。

こうしたプロジェクト形式のもので、十分に自分たちの持つ力を使って、成果を出していったのです。

インターン生たちは期間中必死だったと思うので気づいていたかわかりませんが、報告会では受入企業の両社長から高い評価のコメントを頂戴することができました。

また、当日は、他の公務や災害対応等でお忙しいなか、仲川げん奈良市長にもお越しいただました。





IMGP1418


IMGP1466


IMGP1427

 



この日の16日をもって、インターン生はプロジェクトを修了しました。

受入企業での業務だけでなく、インターン生同士との切磋琢磨の日々、また奈良でできたご縁や生活体験をこれからの人生に活かしていっていただけたら嬉しいです。

そして、また何かの機会に奈良に戻ってきてくれたら。こうしたご縁を僕たちも大切にしていきたいです。

ありがとうございました!


IMGP1486
 




また、新聞記事にも掲載をいただきました。

ブログにもアップしておきます。


インターン報告会(奈良新聞)_20130917

9月17日 奈良新聞(朝刊)




インターン報告会(毎日新聞)_20130917


9月17日 毎日新聞(朝刊)



今後は、何回かに分けて、インターンシップのコーディネーターとしての観点で振り返りの記事を書いていけたらと思っています。




特定非営利活動法人ならゆうし
理事長 西尾陽平 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字