枯葉剤がカワウソを殺した

アメリカは、ベトナム戦争(1961-1975)で枯葉剤の不良在庫を抱え、その処分に困った。困った挙句に、沖縄に集めた。それ自体が、違法行為なので、沖縄に枯葉剤を集めたことをアメリカは認めようとはしない。枯葉剤は、沖縄に除草剤として散布され、海洋投棄され、埋設投棄された。しかし、それだけで処分できる量ではなかったはずだ。

また、日本は、ベトナム戦争でアメリカに協力して、245T(枯葉剤は、強力な除草剤である24Dと245Tを1:1の比率で混ぜる)を製造していたのである。沖縄に集められた枯葉剤の行方は、秘密のベールに覆われていて、判然としない。しかし、日本で製造された245Tは、林野庁の高級官僚が、日本の国有林に雑草対策と称して散布させ、それでも処理しきれなかったので、国有林内の山に埋設投棄させた。信じがたい蛮行である。それから歳月は流れたが、今も、枯葉剤は、日本の山に眠っている。

※立ち入り禁止
(2016年8月3日、高知県土佐清水市の国道沿いで撮影)

第24回『週刊金曜日』ルポルタージュ大賞入選作「枯葉剤がカワウソを殺した」(成川 順)より抜粋しました。(一部修正)

この記事の続きは、noteの有料記事でお読みください。
https://note.mu/narijun/n/n78196b7aaf15