日々の出勤スケジュールが1人のことも多いこのお店。






行きたい時に入れないこともありましたが、先日ちょうど予定が合ったので、久しぶりに訪問してみました。









今回のセラピストさんはおそらく38歳ぐらいだと思われる、優しい笑顔が魅力的なお姉様。










前回のようなシャワー前のドキドキな体験はありませんでしたが、ひとつひとつの所作に優しさがあります。









施術は期待通りなドキドキの連続。











相当〇〇〇〇〇が好きなようです。










今回が初対面ということもあって、めちゃくちゃ寛容というほどではなかったのですが、それでも何故か〇〇〇〇はOKなのだそうです。








その理由は
"客がかわいそうだから"とのこと。









そんなところから優しさを感じます。









僕はそれがどうしても必要ではなかったので試さなかったですが、全然構わないそうです。









露骨に建前を押し通されるよりも、そっちの方が何倍も良いんじゃないかなと思いました。








そしてこちらもその優しさをムダにしないように接しなければいけないとも感じました。