チボー星人のオマンチンコ時空間移動、コラージュ戯れ絵傑作選。その21

 

ついに、人間が脳で世界を認識することが、空界原理と結びつくとは・・・・エラいところまでチボー星人は語り始めた。


――――― われわれチボー星人はこういう認識で世界を見ている。


まず、空界にすべてがもともと在るんだと、存在するんだと。
地球も銀河も、地球の海も陸も都市も人もすべて元から空界に存在しているんだと。

例えば、公園のベンチに人間が座っていたとしょう。この公園はすでに空界には存在している。周りの歩いている人も犬も蝶も空界に存在している。

われわれ人間は、例えば木を見たとき、元々空界に在る木を、目を通して脳に物質として再現している。

脳にというより、脳が空界の木を見ていると言ったほうが正しい。

このあたりは成田さんも知っているクラウドを思い浮かべてもらえれば、理解が早いでしょう。

人間の目や脳は空界と物質界を繋げるインターフエイス・媒介装置なのです。


木の本体は空界にあり、脳は空界からの通信によって木を感じていると言えばわかるかな。


難しいのは例えば、木を触ったりして、そこに堅い物体がある。、これ自体も実は空界にすでに在り、空界がそのデータをここの場で作り上げているということです。

そのデータとは、触覚に堅い物として、あるいは重力感、これらを感じる情報です。

 

まるで空界からのプロジェクターがこの場に物体という「影」を投影させている・・・妙な言い方だが、なんとなくわかってもらえるかな。

触れる物体化したホログラフィとでも言ったらいいか。


――――― なるほど、次元を低くして考えて見ると、人間はラジオみたいなもんかな。


空界がラジオ放送局、人間がラジオ。データは放送局にすべてある。

電波によってそのデータが人間ラジオに送られてくる。

人間はその電波を聞き(電波はオンオフ(1,0)のただのデジタルな情報)、脳内にあるアプリケーションで、トークや音楽に組み立てて、それを楽しむ。


――――― ははは・・さすが漫画家、たいへんわかりやすい。しかし、肝心のところが、間違っている。成田さん、それがどこだかわかりますか?


――――― んん? はて、どこだろう、わからん!


――――― 脳内にあるアプリケーションだけでトークや音楽を意味あるものに変換して聞いているのではないと言うことです。


――――― 脳の機能がその電波によるデジタル情報を音楽に変換して、われわれは楽しんでるんじゃないの?


――――― 脳の働きだけで、音楽を楽しむことは不可能です。

一瞬一瞬のデジタル情報の積み重ねで人間の心の機微に訴えるのが音楽です。いわば、音楽は心そのものであります。


心を脳の機能だけで、すべてまかなうことはできません。心はそんな単純なものではないということであります。

 

なに、脳だけで音楽を鑑賞できない?? また、わけのわからぬことを・・・・。次回へ

91、宮城県湯ノ倉温泉 湯栄館4


91、宮城県湯ノ倉温泉 湯栄館5



91、宮城県湯ノ倉温泉 湯栄館6


91、宮城県湯ノ倉温泉 湯栄館7

コラージュ戯れ絵は、なんじゃこりゃの世界へ(笑)


ツイッター
ダウンロード
成田アキラ



これ、ペタペタと貼ってお友達を驚かせてくださいな、拡散希望です。よろしくデス。


チボー星のやつらヒフーとヨーヨオリジナル1 - コピー (2)

電子書籍「色即是空への道」のタイトルをリニューアルしました

新タイトルは非風揺葉理論」です。新解釈・般若心経(色即是空)とも言えます。

この理論が成田アキラの存在基盤と言えるものです。
よろしくお願い致します。

人生のまったく新しい未知の世界が開けてきます。
新しいステージに跳躍したい方はお勧めいたします。

中くらい

 
 


  「ラビア・ソーイング」

成田アキラが初の本格小説に挑戦!! 

しかもテーマはリアルとバーチャルの色空融合

成田アキラの新世界の紹介はこちらへ
新機軸小説 第一弾

ラビア・ソーイング


新機軸小説・第二弾

宇宙ユーカク



新機軸小説 第三弾

不死鳥・アバ美希



f3c54842

成田アキラの電子書籍(実体験漫画だから実践に使えるよ)  

成田アキラへの、漫画、執筆(エッセイ・小説)、本出版、講演等の仕事のご依頼はこちらからどうぞ。
女性の方、性の相談事を受け付けております。詳しくは留守録対応にて。TELL03-3814-6649 またはメールにてどうぞ。