リニア新幹線、早く作ってもらいたいよね。

東京―名古屋間が2027年。
東京―大阪間が2045年だって。

2027年名古屋まで13年後か。ワシが82歳か。
大阪までだと100歳か。

名古屋までだったらなんとか乗れるかもしれない(笑)。
大阪までは微妙だな。


リニア新幹線がすんなりと進捗しないのは、金がかかるからだという。

日本国民は日本は世界一の金持ち国だということを知らされていない。

国の借金1000兆円なんて言われて、まともに受け取って、ほんとに1000兆円借金があると思い込まされている。

政府が借りている1000兆円はワシらが銀行に預けている預金から、ワシらが政府に国債として「貸している」のだ。

つまり、1000兆円の国民の金を, 利息(今は微々たるもんだけどネ)をもらってワシらは[政府に貸している金が1000兆円もある]ということなのだ。

全く借金ではない。騙されないようにいたしましょう。

国の借金だということなら、外国に借りればそれはホンマもんの借金だということになるが、日本は外国には借金をしていない。

それどころか、外国に多大な貸し付けをしている。
350兆円ぐらいだったかな。その利息だけでも年に20兆円、何もしなくても日本に転がり込んでくるのだ。

こんなことは、政府もメディアも国民に知らしめしていない。

·  
 
国民が政府に騙されて、国の借金1000兆円などと洗脳されてしまっていたから、国民はそりゃ大変だというわけで、

財布の紐を引き締めた、消費を控えた。

だから、消費をしないからモノが売れない。
売れないから会社は潰れたり、生産を縮小していく。

会社が儲からないから給料が減っていく。
減るから国民はますますモノを買わなくなる。

賃金が安くなって、その安い賃金で雇って、業績を伸ばしてきたのが、いわゆるブラック企業だ。グローバル企業だ。

この悪循環でこの20年間不景気が続いてきたのだ。

好景気とは、世の中に潤沢にお金が回っているということに他ならないのだ。

ほかにも不景気になる理由はあるが、
この間違った借金問題が、不景気の一番大きな原因なのだ。

このあたりを、しっかり、知りたい方は廣宮孝信さんのブログ「
廣宮孝信の「国の借金」“新常識”を読まれるといい。
ワシが今現在、最も尊敬している人だ。

·  
リニア新幹線の金がないなどと言うが、そんなもん、長期国債で賄ってしまえば簡単なのだ。

それで、世の中に金が潤沢にまわれば、不景気なんてあっという間に吹き飛んでしまう。

景気浮揚にはデフレの時には、公共投資を強力に推し進めればいい。

それによっても、お金を国民の手に渡すこと、つまり所得を増やしてあげればいいのだ。

そもそもが「公共投資=悪」「公共投資=無駄使い」と言うこれも、政府が国民を洗脳してきた、最悪のプロパガンダだ。

そんなに国債を乱発すれば必ずハイパーインフレが――とか言う人が必ず出てくる。

そんなことは起こり得ないのだ。

戦争でも起きて、よほどの悪条件が重なったら、起こり得るかも、といったレベルなんだから。


とにかく国債に関して間違ったイメージを持っていることがそもそもが不景気の元なのである。

·   
いま安部政権がやらなくてはならないことは、消費税を元の5%に戻す。

絶対に10%にはしないことだ。

はっきり言って、いまの政府はまったく経済がわかっていない。寒気がするほど素人軍団だ。

そんなアホではないだろうから、グローバル企業のいいなり軍団、もしくは確信犯軍団ということだ。

国民にお金が回ってこない仕組みになっている。ひどいもんだ。こっちのほうが正解だ。

·  
リニア新幹線に、話を戻すと、日本の底力を世界に見せつけてあげよう。

リニア新幹線を東京―大阪間に2027年までに開通させよう。

本気になったら日本と言う国は、もの凄いパワーを出す国なのだ。

リニア新幹線技術は、外国にも輸出できる。


話はちょい飛ぶが、ワシは35歳のとき(34年前だ)、車でアメリカ一周をしてきた。

その時思ったのは、アメリカって国は、鉄道がないと言っていいくらいない。物流は車だ。

それも、バカでかい国土をトラックが走っている。

なんと、効率の悪いことをやっている国なんだろう。ガソリン、ガバガバ使って。

日本なんか狭いがゆえに、集中してモノや人が動き回っている。

しかも鉄道網、新幹線。網の目のようになっていて、極めて効率的だ。

アメリカはいつか経済が破綻するなと、その時、肌で感じたものだ。

案の定、破たん寸前だ。

 


それともう一つ、ワシが驚いたのは、

ワシが車で通勤している途中に舎人線がある。

JR駅のそばに大きな直径3メートルほどの支柱が二つできた。

これはいったい何だろうと思っていたら、数週間後に、支柱の間に橋梁が渡され、それから2カ月ほどで駅ができ、

あっという間に舎人線が出来上がっていった。

開通まで支柱ができてから1年もかかっていないんじゃなかろうか。

このスピードにワシは心の底からおったまげたね。

すごい!

日本の建設技術、鉄道製作技術は素晴らしい!

このことから、土地の買収や金銭面がクリアすれば、

リニアだって、日本の技術者とテクを持ってすれば、
難なく大阪まで2027年開通は可能だと思う。

要は国民一体となって日本のかっての心意気を取り戻せばいいのだ。

世界に日本人の素晴らしさをアピールしょうぜ!!!