無限アワビキュンキュン美女・音ちゃんと
塩原温泉・塩の湯で遊ぶ。その4


朝11時頃、次に行った混浴露天風呂は、塩の湯から10分もかからない塩原温泉の中心にある東や旅館だ。

ここの露天風呂は、宿から小さな小山に登ったところに十畳ほどの混浴岩風呂が2段になって設えてある。

冬は上段の湯だけの営業だ。

湯カップルには良く知られたところで評判がいい。

先客が5人いて、なんと、塩の湯に宿泊していた、あの妖しげな3人連れがおいでだった。

他には50代の男性がふたり。

会うなり、
「あららら・・・、塩の湯の~~」

と言うことになって、すぐに打ち解けた。


あそこの混浴、どこの混浴とお互い情報交換。

彼女らも、かなりな温泉通で、200湯くらいは行ってらっしゃる様子。

次から次へと温泉の話が出て談義が尽きない。

ワシは数えたことはないが500から700湯くらいは制覇していると思う。


巨木に積もった雪が風に煽られて、5分に1回くらいの割合で、どどどどどど・・・・ざざざざざぁ――――――とまるで地吹雪のごとく周りは雪の突風が起きる。

そのたんびに、大のオトナ5人がひやあああああ・・・・とお互い嬉しい同意を得るかのように、派手にはしゃぎ手で頭を覆う。

いとおかし。



ワシ
「あのう、そちらに写真向けませんので、いまから、彼女を撮影したいのですが、よろしいでしょうか?」


「ええ、どうぞ、どうぞ!実は、私たちも彼女の撮影をするつもりでいますので、お先にどうぞ」


なんだ、こちらの3人連れ、ワシらと同じようなお仲間さんだったのだ。

そうとわかっていたなら、昨夜、声をかければよかった。

なんだったら、ワシの部屋で、みんなで酒盛りをしたかったなぁ。残念・・・


音ちゃんの写真を撮っていると、

「いやぁ~、若くてきれい~、バスト素晴らしいですね」

などとお褒めのお言葉が。

すかさず、音ちゃんが
「私たちも塩の湯で、スリムできれいな女性がいらっしゃるね――と二人で言っていたんですよ~~」



ワシと音ちゃんのツーショットとを50代の男性に撮ってもらった。


次にスリム美人さんの方の撮影会。

なんと、びっくり!モノスゴク大胆なボ―ズ。

アカガイのぱっくりとしたのが丸見え。

まあ、ここも仲間内のお遊び。

素人さんが来られたら、もちろん、撮影会はすぐに中止いたします()

いやいやいや、楽しませていただきました。


「温泉や 山の赤貝 目に残る」

 

 a1RIMG0027

 
5人の湯客の前で、堂々と(笑)写真を撮る音ちゃんとワシ。


RIMG0050

 

 ここが東や旅館



a1RIMG0026

雪のように白い肌。しかもバストGカップのご覧の通りの美巨乳。


a1RIMG0025




a1RIMG0038

尻フェチのワシ、たまりましぇん・・・



a1RIMG0035

ムホムホ・・・


a1RIMG0031

ワシの漫画でおなじみのチラチラ作戦ポーズ(笑)


a1RIMG0032

そのアップ!


a1RIMG0029

スケベアホオヤジ(笑)


11111aaaaaa1RIMG0046


撮ってもらいました。


aaaaaa1RIMG0045


スケベヘンタイ・バカップル(笑)

t02200103_0320015012935110540